全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
ここに泉あり
2007 / 09 / 17 ( Mon )
1955年 日本 松竹(中央映画)
監督/今井正
キャスト/岸恵子 岡田英次 小林桂樹 加東大介 東野英二郎 井沢一郎 山田耕筰 他

終戦直後、人々の心は荒みきっていた。そんな中、群馬県高崎市では、市民フィルハーモニーが生まれた。労働者や子供達の心を美しい音楽で慰めようとしたが、マネージャー・井田(小林桂樹)の努力にも拘らず、楽団員(加東大介ら)の生活も成り立たない有様だった。楽団唯一の女性、ピアニストの佐川かの子(岸恵子)は、田舎で腕が落ちるのを悩んでいた。新しく東京から参加したヴァイオリンの速水明(岡田英次)は彼女を励ますが、彼自身も同じ苦しみを味っていた。生活の苦しさに脱退する者も少なくなかったが、山奥の小学校、鉱山や癩療養所などに赴いて、自分達の音楽を喜んでくれる人々に出会うと日々の憂いも消えるのだった・・・―「goo 映画」等の抜粋―

この連休は、毎日映画館へ行っておりました。TVが壊れたままなので家で見れない、その反動でしょうか?5本も見ちゃいました^^;。が、これがほぼ当たり!毎度の如く旧作ばかりですが、どれも大変面白かったです。なので、出来たらそれらの感想を残したいなぁ・・・と。
まず一本目は、今井正監督の『ここに泉あり』です。感動しまくったのは良いけど、お陰で喉の奥が痛かった・・・(苦笑)
全編の半分近くが何かしらの音楽という、日本最初(と、上映会の展示資料にはありました)の堂々たる音楽映画だそうです。
勿論そこも大いに気になりましたが、やっぱり一番心惹かれたのは岡田英次のヴァイオリニスト!これを目的に見に行ったというのが、正直なところかも^^;。いやぁ・・・、ビジュアルはホント最高に良かったです。あの陶酔顔に黒々と量のある髪の毛にヴァイオリン、似合わない訳がないですよねぇ。劇中で岸恵子演じるかの子が、「あなた、(東京では)モテたそうね?」と聞くシーンでは、当たり前やー!この顔でヴァイオリンやっててモテないはずがない!!と、思わずスクリーンに力説しそうに。ギリギリの理性で止めときましたが^^;
しかも、え?本当に弾けるの!?ってくらい、私には手付きが自然に見えました。(チョ~音痴なので、なんの根拠もありませんが^^;)実際はどうなんでしょうね。

かの子と岡田英次演じる速水は恋人同士になり、その後結婚します。音楽映画なので、その辺りは弱冠はしょり気味です。
二人のラブラブ?シーンは、ちょっと苦笑いでした。だって、「あなたが東京へ行くと、アタシ・・・つまんない!」と拗ねるかの子に、即答で「東京へは行かないよ」とかの子を抱き締め、勢いに乗ってキスまでしちゃう速水。・・・いや、ちょっとは悩めよ!自分の音楽人生が懸かってんだし。そりゃあ、キスも大事だけど・・・。
結婚後の、かの子の代わりに裁縫をしようとして、「坊や、良い子だから返しなさい。ね」と、子供をあやすように可愛く叱られるシーン。これが池部良だと甘いだけなんだけど、岡田英次だと何故かちょっと怖い。岡田英次の可愛くラブラブっていうのは、どうも素直に受け入れられません。倒錯っぽく見えちゃう。それって私だけでしょうか?^^;

それにしても、今井正監督の作品ってなんてドライなんだ・・・と見る度に驚きます。ここまで登場人物や物語の堕ちる底辺を、冷え冷えと突き放して描く監督も珍しいのではないでしょうか。今回も、理想を胸に秘める楽団員が困窮しやさぐれていくサマを、普通なら観客の同情を誘おうと、人物の心理描写を導入したりして湿っぽくしそうなのに、この監督はなんのフォローもなく描きます。ドキュメンタリーだってもう少し・・・と思っちゃうくらい、目線が対象から引いてる。そのあまりのクールさに、単純な私なんぞはお腹が冷えちゃいそうです。小林桂樹や加東大介らの喜劇調の面相と演技のお陰で、かなり和らいでいたとは思いますが・・・。

が、その分人物や物語が明るく浮いてくると本当に嬉しくなっちゃう!なかなか軌道に乗らない移動演奏会、その先でひとりの女生徒からもらった花束をみんなで一輪ずつ分けて。「このひとりの為に、私はどこだって行っちゃう!」と興奮し歌うかの子に合わせ、声を楽器に見立ててのアンサンブル。見晴らしの良い田舎道と、モノクロ画面だけど目に染みる入るような青空と。たった一輪の花に満たされる楽団員達の姿は、本当に爽やかで微笑ましいです。
楽団は解散する事になり、その最後の移動演奏会にと山奥の小学校へ赴きます。この演奏会には、更に山奥に住む分校の子供達の姿もあります。彼らはおそらくもう二度と本物の音楽に触れる事はありません。彼らにとって、これはきっとかけがえのない素晴らしい経験なのです。
楽器や音楽に対する子供達の素直な反応、興奮、歓喜、子供ながらに酔わされる至福の時。コントラバスに「大きいなぁ!」と男の子が興奮したり、「先生、ピアノ!ピアノ!」と女の子が嬉しそうに指を刺したり。歯の並びが欠けた口を開け、ただ呆然と聞き入ったり。それらが過剰過ぎる事なくただ何気に描かれていて、本当に嬉しかった。嬉しくって、どうしようもなく嬉しくって泣けてきました。

全編の半分近くが音楽といっても、「のだめ~」のように突飛な演奏をする訳でもなく、イケメンが恍惚顔でタクトを振るう訳でもありません。(そこはちょっと残念?)ただ真っ向から音楽を映画にしています。だからか?ちょっと長いなぁ・・・と感じる時もあったけど、その長さの分、当時の観客は新鮮な音楽を存分に味わえたんでしょうね。戦後すぐの貧しい時代に音楽を誰隔てなく与え、希望や喜びを感じてもらう。この映画の中の音楽は、時代の渇きを潤す“泉”なのです。上手くは言えませんが、そういう映画が作られ受け入れられ、現在それを見て良い映画だなぁ・・・と心底思える。それが嬉しくって仕方がありません。
これらの込み上げてくる嬉しさは、あの突き放したドライな演出があってこそなんでしょうね。今井正監督、なかなかに曲者です^^。上映後は自然と拍手が起こりました。

20070916224446.jpg

あ!イケメンではないですが(失礼な!素敵なお顔をされていましたよ)、タクトを振るうのは山田耕筰さん。↑の画像の坊主の方です。私は全然知らなかったんですが、日本音楽界最高の指導者であり、優れた名曲を生んだ日本音楽史上の巨匠だそうです。「赤とんぼ」や「この道」の作曲をされた方だとか。そりゃ巨匠ですねぇ。この方が演技もされているんですが、これがまた上手い!俳優陣に挟まれて少しも浮かない、役者顔負けの名演でした。

あと、この作品は144分もあるのですが、実際は更に長かったようです。TV放送される際にカットされちゃった部分が、そのまま紛失しちゃったみたい。かの子のライバル(ピアノ?恋?)の草笛光子が活躍するシーンらしく、見たかったなぁ・・・。しかし、全部で一体何分になるんだろ??エライ長編映画ですね^^;
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

22 : 08 : 07 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<花影 | ホーム | 大阪アジアン映画祭の上映スケジュール>>
コメント
--お久しぶりです--

weiyang さん、今晩は!

私も昨日「ここに泉あり」を見ました。
苦しい状況の中で、団員達が神経を張り詰めている感じが見ていて辛かったです(特に岡田英次さん・・・)。そんな中で小林圭樹さん扮するマネージャーの大らかな感じとか、子供たちの笑顔は精神的なクッションになったと思います。あと、後半の屋外での演奏場面は爽快感があって好きでした。皆笑顔でしたし。

岡田さんは耳の良い方だったのでしょうか。フランス語の台詞を意味も分からず憶えたり、いきなりバイオリニストの役をやったり・・・。あと、あんなイケメンのバイオリニストがいたら、今なら「クラシック音楽界のイケメン特集」みたいな番組に取り上げられて楽団も有名になるだろうなあとか余計な事も考えてしまいました(笑)。

by: むー * - * URL * 2008/10/05 * 22:04 [ 編集] | top↑
--むーさん♪--

こんばんは~お久しぶりです!^^

『ここに泉あり』、落ち込む時は本当にえぐれる位。不快に感じるほどでしたが、その分爽やかなで幸せなシーンは嬉しくって泣けました。こんなに多くの人を笑顔出来る音楽、映画は本当に本当に素敵です。

バイオリニスト☆岡田英次、メッチャ素敵でしたね~v 陶酔顔にかかる髪の罪づくりな事!この岡田さんだけでもこの映画は名作です!・・・って、それだけじゃないですけどね、この映画の魅力は(苦笑)
「クラシック音楽界のイケメン特集」(笑)。あたしゃ、追っかけしますよ。「のだめカンタービレ」の千秋先輩(も格好良いけど)より、私は岡田先輩(先輩?)にずっきゅんばっきゅん☆魅了されまくりですvv ^^

今週末は『女体』を見に行く予定です。増村保造監督、川津祐介さん共演!!あ!早稲田松竹の『二十四時間の情事』も見ましたよ~。初見の時は岡田さんの色気にやられちゃって他を見る余裕がありませんでしたが、見事な反戦映画でしたね。考えさせられました。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/10/05 * 22:56 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/402-b7806c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。