全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
あけましておめでとうございます
2009 / 01 / 19 ( Mon )
チョーお久しぶりです!weiyangでございます。
えぇ~・・・佳境です。バタバタしております。この慌しさからは来月末には開放されるはずですが、その後また色々やらなきゃ、というか。やりたい、というか。
そんな訳でブログの更新は滞りまくると思いますが、出来れば今年もよろしくお願いしたいなぁ・・・と^^;

池部良祭までも滞っておりますが、あれ?そもそも何が待機してたんだっけ??(汗)
・・・思い出しました。『夕凪』と『ブンガワンソロ』。『ブンガワンソロ』は後日また見れそうなので、『夕凪』をひと言だけ。保父さんの池部さんは反則です。

あ!昨日1月18日はジェイ・チョウのお誕生日でしたね。すっかり忘れておりました。忘れておりましたが、無意識に「葉恵美」を聞いている自分がいたり。いやぁ・・・運命だよね、これは。ともかく!ジェイ、お誕生日おめでと~~!!

映画は変わらず見てますよ~。・・・えぇ、唯一の趣味ですから(笑)
今年入ってからの一番のヒットは、千葉泰樹監督の『下町(ダウンタウン)』。主演は山田五十鈴さんと三船敏郎さん。いやぁ~・・・これ、メッチャいいよ!黒澤監督の豪傑☆世界のミフネも良いけど、やっぱりこういう、市井の人、地味だけどしっかり地に足が着いている。そんな三船さんが私は好きです。なので、正月恒例のこの台詞を言っちゃいます。あたしゃ、この三船さんと結婚したいよ。(ちなみに、前回は三橋達也さんでした^^)あ!勿論山田五十鈴さんも素敵でした~。二人の恋の駆け引き、なんて洒落たもんじゃないけど、土の味がするようなやり取りにくらくら~@女の性と男の性。それぞれがリアルで、繊細でした。あと、音楽も素晴らしかった。あの繊細な旋律には泣きそうになりましたよ。
それともう一本はクマシロっすよ、クマシロ!我が最愛の映画監督の一人、神代辰巳監督の『黒薔薇昇天』。「ワイらは今芸術を作ってまんのや!」とポルノに燃える岸田森は素敵過ぎだし(声がまた良いよね♪)、芹明香の肢体は詠うし、谷ナオミはしっとり(こってり?)豊満美人だし。大阪ロケも絶品だし。廻る映写機の光の中の・・・は、映像の力を凄く感じました。これぞ映画って思っちゃう。
あと、島耕二監督の『グッドバイ』も良かったです。ちょび髭の森雅之さんは、いやぁ・・・いいっすね♪女にだらしなく冷たくどうしようもない男なんだけど、女が方が好きー!!って熱くなっちゃうのが分かる!だって、やっぱり滲む哀愁が放っとけないんだもん。クライマックスのアップの美しい事といったら!はぁ・・・(恍惚)あとあと!高峰秀子さんがチョー、チョー、チョーー!!可愛かったです。大人の女性に大変身したりして、本当にドキドキしましたよ。

これからの池部良出演作品の上映は・・・、また後日にしますね。これから3月に掛けて、東京はまた池部さんのレアな作品が上映されますよ~。楽しみ♪でございます^^
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

21 : 22 : 45 | トラックバック(1) | コメント(13) | page top↑
称えたい!
2008 / 10 / 31 ( Fri )
またまたメッチャ久しぶりの更新ですが^^;

先日の、東京国際映画祭で予定されていた池部さんのトークショーは、池部さんがお風邪だとかで中止でございました。ピンチヒッターの澤井信一郎監督と東映の京都撮影所の一番エライ人(??でしたよね^^;)のお話が、すっごく!凄く面白かったです。・・・うん、映画人のお話は大好きだ。過ぎた時間の長さは勿論感じるけど、染みるくらい鮮明でキラキラ☆私も歳を取ったらこんな風に、仲間と共に自分の青い時代を語り合いたいです。

↓は、折角なので関連記事を貼っておきます。全く同じ記事なんですけどね。

exciteニュース「澤井信一郎監督『昭和残侠伝』シリーズ支えた池部良を称える」

バラエティ・ジャパン「『昭和残侠伝』シリーズ支えたのは池部良」

はぁ・・・やっぱり、池部さんの風間重吉は最高に格好良いよ☆今回の『昭和残侠伝』では、「美代!」ってどなってくれますしね♪

_____________________________________________________________

21 : 08 : 37 | | page top↑
お誕生日
2008 / 09 / 30 ( Tue )
彦、お誕生日おめでとう。
現在も過去も、未来も。きっとずっと大好きです。

王子様v

またこの画像だ(汗)。だって、この彦に堕ちたんだもの~♪

_____________________________________________________________

23 : 43 : 11 | | page top↑
秋立ちぬ?
2008 / 09 / 13 ( Sat )
お久しぶりです!
気が付けば、一ヶ月も放置しておりました↓↓↓
なんとなく忙しかったこの一ヶ月、映画の感想も中途で投げ出し。でも、い~っぱい素敵な映画に出会いましたよ♪
おそらく我が初の羽仁進監督作品、『彼女と彼』。岡田英次さんが、やっぱり変。だけど、やっぱりやっぱり素敵(笑)。大好きな中島貞夫監督の『ポルノの女王 にっぽんSEX旅行』。結構、珠玉の恋愛映画!?高林陽一監督の『西陣心中』。こういうの、凄く好みです。“女”の濃さがたまりません。豊田四郎監督作品の魅力を再確認した、『甘い汗』と『波影』。京マチ子さんと若尾文子さんの女優魂にクラクラ~@。池部さん目当ての『坊っちゃん』。あまりに可愛らしくって2回も見ちゃいました。お馴染み?のキャラクター達も最高だけど、東京、松山。それぞれの情緒が素晴らしいです。これまた池部さん目当ての『重役の椅子』。・・・好きだ、この作品。正しい選択だと思うけど、優しく、切ないラストに胸が痛みます。
他にも感動した映画はありましたが、また時間が出来ればちゃんと感想を書きたいと思います。特に池部良祭はちゃんとしなきゃね^^

さて。明日より暫く帰省します。・・・はい、また更新が滞ります↓↓↓帰りましたら、何かしら更新したいなぁ・・・と思いますので、よろしければお立ち寄りください。
台風が凄く凄く心配です。来月は東京国際映画祭が開催されますし、どうぞ皆さん、体調を崩したり、不慮の事故に遭いませんよう、お互い出来る範囲で注意しましょうね。

_____________________________________________________________

00 : 31 : 28 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
祭の予感
2008 / 08 / 08 ( Fri )
こんばんは!ようやく、一応、なんとか、一段落。
そして、灼熱の季節が到来しました。毎日毎日、ホント暑いですねぇ。夏といえば、祭。つーか!冗談じゃなく、今年の夏は池部良祭!!だって、8月から9月にかけて、19作品(!)もの池部さんの出演映画が、東京を中心に上映されるんですよ。・・・うん、メッチャ嬉しいけど、我が老体にはややキツイ。あいやー!身がもたないあるよ!!と、贅沢な悲鳴が出ちゃいます^^;。そんな訳で今年の夏は、いつもと変わらず映画館で引きこもりの予感♪屋外の祭も良いけど、こんな祭も良いですよね。(え?駄目??)
ともあれ、北京に負けないくらい、燃える?萌える?夏であります^^

ちょっと前に、調布パルコの映画館で『妖星ゴラス』を見たけれど、やっぱり凄く面白かったなぁ。発想は斬新だし、円谷特撮は最高だし。何より!池部さんが出ずっぱりなのが◎。めそめそする40代池部さんにずっきゅんばっきゅんv 特撮映画だけど、チョー悶えまくっておりました^^;

以下、怒涛の祭・・・じゃない、池部良出演映画の上映予定です。もし漏れがあったら、教えてくださいね。
・・・なんて書いたら、本当に漏れがあったよ☆新文芸坐でも池部さんの作品が上映されます。『石中先生~』は池部さんもですが、何より三船敏郎さんと若山セツコさんのあの可愛らしいカップルっぷりが見たいなぁ^^

_____________________________________________________________

23 : 08 : 58 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
桜坂、神保町、そして夏。
2008 / 07 / 24 ( Thu )
皆様、お久しぶりです。
ようやく、一段落といえば一段落。ちょっと落ち着きました。まだやらなきゃいけない事があるのですが、軽く・・ならいいよね!?久々に更新しちゃいます。

7月6、7日。私は沖縄におりました。・・・えぇ。桜坂劇場の池部良特集を見に行っちゃったんです。こういう行動力というか、行きたい!と思ったら本当に行っちゃう無茶さ加減が、私、なんですねぇ^^;
映画『現代人』は、言わずもがな。メッチャ面白かったですし、池部さん演じる小田切はスクリーンの中だと更にきらきらと悪魔的で、も~~!!瞬きをするのも惜しかった。格好良くって格好良過ぎて、泣きそうでした。あと、他のお客さんがチケットを買う時に、「池部良の映画を」と言われるのに感動。本当に泣いたよ、あたしゃ。
桜坂劇場も、凄く凄く大好きな空間でした。カフェも本屋も、近くの沖縄そばのお店も好き好き♪この素敵な映画館に会う為に、私はまた沖縄を訪れます。
そして、人も大好き!沖縄在住のブログ仲間さんとご飯を食べながら、いっぱいいっぱい映画話に花を咲かせました。楽しかったなぁvvv ありがとうございました。あと、さんぴん茶=ジャスミン茶だと知ったり(恥)、得る事も多い旅でした。また近い内に絶対行くよ!沖縄!!

池部良特集

桜坂劇場特製?のポスター(↑)。素敵v
明日25日が、池部良特集の最終日ですね。ちょっと寂しいなぁ。 『乾いた花』も、凄く凄ーく見たかったです。
とにかく関わられた全ての方に、お疲れ様と感謝を!おかげ様で素晴らしい時間を過ごせました。一瞬だったけど、きらきらと素敵な2週間でしたよね。


キターーーー!!!といえば、神保町シアターの次の特集、もうチェックされました?
なんと!「豊田四郎と東宝文芸映画」でございますよ!!
我がスター☆池部良の出演作品は、『雪国』、『夕凪』、『暗夜行路』、『如何なる星の下に』、『坊っちゃん』、『重役の椅子』の6本。池部さんが、いかに東宝の文芸映画になくてはならない存在だったか。今更だけど、改めて感じ入りました。未見の『夕凪』、『坊っちゃん』、『重役の椅子』も勿論メッチャ楽しみだけど、やっぱり!『雪国』ですよ、『雪国』!!はぁ・・・池部さんの島村をスクリーンで見た日にゃあ、絶対鼻血が出る。賭けてもいい。早稲田松竹の『二十四時間の情事』といい、この夏は出血多量の貧血三昧の予感です。

雪国

あとは、豊田四郎版『若い人』(市川春代さんの恵子が楽しみ♪)、『波影』(若尾文子さんが更に更に綺麗だそう♪)、『また逢う日まで』(岡田英次さんとガラス越しの♪)も見逃せません!

_____________________________________________________________

20 : 52 : 02 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
大阪の、市川崑監督追悼特集
2008 / 07 / 12 ( Sat )
ご無沙汰しております。まだ一段落しませんが、ようやく大阪は九条シネ・ヌーヴォでの市川崑監督追悼特集が決定したので、一応記事にしたいと思います。

期間は、8月2日(土)~9月26日(金)の約二ヶ月。なんと!全75作品の内、60作品を上映します!!凄い~!さすがシネ・ヌーヴォ、半端ございません。

我がスター☆池部良の上映作品は、『暁の追跡』、『恋人』、『ブンガワンソロ』。うわ~貴重ですねぇ・・・って、池部さんの崑監督作品の上映自体が貴重なんですけどね、既に^^;。
これに伴い、我が帰省の時期も9月下旬となりました。『若い人』、『足にさわった女』の上映がないのは本当に本当に残念ですが、きっと上映出来ない何かしらの理由があるのでしょう。『若い人』の生徒に翻弄される美形教師も勿論素敵だけど、『足にさわった女』の漫画漫画した池部さんのカッコ可愛さは、それこそ悪魔的。はぁ・・・v またいつか、フィルムセンター辺りで上映されるのを心待ちにしましょうね^^
あと見逃せないのは、『盗まれた恋』と『億万長者』。森雅之さん♪岡田英次さん♪昭和の美男ハンター☆と化してなんとか見に行けるよう、今からプランを練りたいと思います。

シネ・ヌーヴォ「映画監督 市川崑」

誠ちゃん

明日の昼間・・・

あ!勿論、捨吉にもたっぷり会って参ります。

捨吉、おやすみ

_____________________________________________________________

23 : 10 : 13 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
想うと叶う パート2
2008 / 06 / 29 ( Sun )
池部良祭は勿論、香港映画やら日活映画やら、増村監督作品やら、色々書きたい感想が溜まっているのですが、とりあえず今日はこれを言わせてください。

想うと叶う。前回は、“池部良さんと岡田英次さんの共演作が見たい!”でしたが、今回は!!
“『二十四時間の情事』をスクリーンで見たい!”。これが、叶ってしまいそうです(嬉泣)

早稲田松竹(東京は、高田馬場にある二本立ての映画館)の、8月のラインナップに、なんと!『二十四時間の情事』が!!しかも、おそらく伴映は、同じアラン・レネ監督の『夜と霧』。これも凄く見たかったんよ~、メッチャ重そうやけど。
はぁ・・・、あの岡田さんをスクリーンで見た日にゃ・・・どうしましょ??興奮し過ぎて、普通に鼻血が出ちゃいそうです。いや、ホント、冗談でなく。
とにかく、しつこく想い続ければ、神様が暇な時に気まぐれで叶えてくれるかもよ!?・・・なんて^^;

あと、ラピュタ阿佐ヶ谷の次回の特集、『京都ものがたり』。ラピュタらしく、ストレートな文芸映画は半分程度って感じ。それに、密かにこれ、中島貞夫監督特集、高林陽一監督特集じゃない??大好きな『狂った野獣』は絶対見に行かなきゃ~♪と、これはこれで嬉しい私です^^
『雁の寺』、『祇園の姉妹』、『夜の河』も好きだし、『女の園』は私が田村高廣さんに胸きゅん♪した最初の作品だし。『序の舞』は、名取裕子さんの美しい裸が拝めるのは、『吉原炎上』だけじゃないんだなぁ・・・と軽く目が潰れそうでしたし。『喜劇 特出しヒモ天国』は、やっぱり山城新伍ってサイコー!だし。未見の作品も多くて、あれもこれも見たいなぁ。楽しみです♪

以下は、これからの池部良出演作品の上映予定です。

_____________________________________________________________

23 : 08 : 38 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
映画ときどきやりたい事
2008 / 06 / 15 ( Sun )
今日はただの日記です。(半映画の感想)

岡田英次さん目当てで見た『青銅の基督』ですが、う~ん・・・。岡田さんの役ってかなりヘタレというか、顔と甘い声以外は正直イケてない。(しかし、そこは岡田さんだし、やっぱり可愛く愛おしい・笑)ついつい、美形で清潔で芯のある石浜朗さん贔屓で見ちゃいました。しかし、この物語の主人公は誰でもない。滝沢修だ!彼が演じるバテレンの心身共の荒れ模様が、凄い!凄過ぎる!山田五十鈴の太夫?も貫禄と慈愛に溢れ、なんでこんないい女が岡田さん演じるヘタレを好きなんだろう??やっぱり顔??
監督は、渋谷実監督です。渋谷監督の時代劇ってどんなだろ??と興味深く見ましたが、やっぱりドライで悲惨な渋谷節は健全。とことん打ちのめされ、やっぱり好きだわぁ・・・と再認識しました。

念願の清水宏監督作品も見ました!『しいのみ学園』。うん、メッチャ良かったよ!久々に泣きました。子供達が健気!映像が美しい!子供もだけど、大人が救われるのが素敵!何より!宇野重吉の存在が素晴らしい。彼の子供への大きく強い愛情が画面からほわほわと、包み込まれるかのように伝わってきます。やっぱり名優ですねぇ。

鈴木則文監督特集にも、ちょこちょこ通っています。『多羅尾伴内』のDVDも買っちゃいました。勿論池部さん目当てだけど、そこは。
『どえらい奴』、面白かったしいい話でした。お葬式の奥深さ、藤純子の可愛さ、長門裕之の飄々した軽妙さ、藤田まことの下品だけど憎めなさ。いっぱいいっぱい堪能出来ました。
『パンツの穴』。タイトルだけは知っていたけど、ようやく見る事が叶いました!こういうの、個人的に大好きですねぇ。80年代の少年漫画のお約束的な、軽く罪のないH満載って感じで。新体操のレオタード、ブルマ、セーラー服、ポニーテール、パンチラ。全てが青春なんだなぁ。クライマックスが糞尿にUFOというのも、許しがたいけど、許すよ(笑)。あと、主人公の山本陽一がホント美形で驚きました。こんな美形が「ムキンポー君」って・・・、凄いな、80年代。

そんな訳で、相変わらず映画ばかり見ています。仕事も自分なりに頑張ってます。
世間では悲しく辛い事件や災難があり、私は変わらずのほほんと過ごしている。のほほんが一番だけど、明日はのほほんじゃいられないかもしれない。後悔しないように、は無理だろうけど、あがくだけあがいて駄目だったら、腹がくくれるように。やりたい事を精一杯やろうと思います。少なくとも、やるつもりは持とうと。
今、私にはやりたい事があります。そちらが一段落するまで更新はしません・・・、多分(苦笑)。池部良祭も一本保留があるし、近々また見れそうですし(嬉)。他にも面白い映画を見たら、ついぐだぐだ語ってしまうかも・・・ですが。早々と更新しちゃってたら、どうぞ叱ってやってください(笑)

捨吉

たまにはペット自慢。↑は、我が家の飼い犬です。名前は捨吉(ステキチ)・・・。

_____________________________________________________________

23 : 30 : 23 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
最南端のミニシアターで「池部良特集」を
2008 / 06 / 09 ( Mon )
うふふ♪このニュース?を紹介出来るのが、も~嬉しくって嬉しくって!今、すっげーニヤニヤしながらキーボード打ってますよ、私ってば。外は雷雨、内にはにやけ顔の女が独り・・・。

さて。もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、7月に沖縄の桜坂劇場にて、「池部良特集」が開催されます。まぁ勿論、それだけでも私的にはニュースなんですが!更に更にニュースなのは、この特集を企画し、実現へ導いたのは、なんと!我がブログでもお馴染みの、natsuさんなんです!!~~☆※★※☆
本当に実現するって聞いた時には、私ってば感動しまくって半泣きでしたよ(恥)。とにかく!好きって気持ちを、こんな最高の形で表現出来るなんて、本当に本当に素敵だと思います。なんか、natsuさんにこ~んなにも想われてる池部さんに嫉妬すら覚えるよ(笑)。・・・いえいえ、池部さんがそこまでつくさせるぐらい魅力的だから。まずそれありきだと、ちゃんと分かっていますけどね^^
詳しくは、是非natsuさんのブログをご覧ください。→ 「natsuのアジアン日記」
これからが凄く大変みたいで、natsuさんのお体がちょっと心配ですが、唯一私が出来る事=応援の念を飛ばします!(なんの効力もありませんが^^;)どうぞ無理のない範囲で、い~っぱい楽しんでくださいね☆

池部良が好き。特にそうじゃなくても、昭和の日本映画に興味がある。沖縄に住んでいる。もしくは、丁度沖縄へ行く用がある。そんな偶然に偶然が重なった貴方に貴女、それは運命です!いざ桜坂劇場へ!!

桜坂劇場「池部良特集」
 7月 6日(日)~11日(金)
 『現代人』
 7月19日(土)~25日(金)
 『乾いた花』


pale flower

ここぞとばかりに、どーーん!と^^
この2本は、も~!!池部さんのデカダンスな毒を存分に堪能出来る、逸品中の逸品ですね♪♪

以下は、これからの池部良出演映画の上映予定です。

_____________________________________________________________

20 : 07 : 37 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。