全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
香港国際警察 NEW POLICE STORY 上映会
2006 / 07 / 31 ( Mon )
神戸の岡本にある香港カフェ・甜蜜蜜tim-ma-maの姉妹店yuddyにて、
『香港国際警察 NEW POLICE STORY』の上映会があります。
日時は、8月19日(土)20:00~。

20060801102642.jpg

30席とコンパクトながらも、『欲望の翼』を意識した内装が素敵なyuddy。
美味しいスイーツ・ご飯を食べながら、彦祖やジャッキー・チェン等の活躍を見るのも良いかも~v

詳細は、甜蜜蜜tim-ma-ma HPにてご確認ください。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

19 : 49 : 17 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジェネックス・コップ
2006 / 07 / 30 ( Sun )
20060801084118.jpg

1999年 香港 
原題/特警新人類
監督/陳林勝(ベニー・チャン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 謝霆鋒(ニコラス・ツェ) 馮倫(スティーブン・フォン) 李燦森(サム・リー) 他



彦祖の映画は見てない本数の方が圧倒的に多いワタクシ。そろそろ見て行こうかな~と、最近はレンタル屋通いをしています。え?行動遅過ぎ??
でも、どれもこれも早く見たい!って思いが強過ぎて、毎回選ぶのにエライ時間が掛かっちゃって。店員さんにはかなり不審がられいるハズ(苦笑)
で、今回は当時の香港若手明星総出演!の『ジェネックス・コップ』。ギリギリまで『レディ・ウェポン』にするつもりだったのですが、やっぱり“男”にしちゃいました~v



1999年、世紀末を迎えた香港には、なぜか不穏な空気が漂っていた。ジェネレーションXと呼ばれる若者たちを扇動する勢力があると考えた香港警察のワイ刑事(エリック・ツァン)は、警察学校の落第生ジャック(ニコラス・ツェ)とマッチ(スティーブン・フォン)、エイリアン(サム・リー)の3人を抜擢、ひそかに潜入捜査を命じる・・・―YesAsia.com より抜粋。―

ネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

23 : 08 : 19 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
千杯不醉
2006 / 07 / 28 ( Fri )
20060801101103.jpg

2005年 日本未公開 Drink Drank Drunk(英題?)
監督/爾冬陞(イー・トンシン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 楊千[女華](ミリアム・ヨン) 方中信(アレックス・フォン) 尹子維(テレンス・イン) 他



昨日、YesAsia.comから注文していたDVDが届きました。
注文のDVDは、『四大天王』『千杯不醉』『大佬愛美麗』『妖夜迴廊』の4本。
はい、限定版『四大天王』がどうしても欲しかっったので、つい。『大佬~』は先日映画館にて見ましたが、香港映画!て感じで本当に楽しかったので。その他の作品は日本未公開やし、日本でのDVD化は期待薄かな?と、ついつい(笑)。

で、今日はどれを見ようかな~と悩んだ挙句、一番言葉の壁が無さそうな(笑)ラブコメディ『千杯不醉』を。
昨年香港へ行った際、これを是非見たかったのですが、数日の差で上映が終了していたという少し悲しい思い出が。でも、その代わりに見たショーン・ユー、ヴァネス・ウー主演の『猛龍』が大変面白くて、大満足~v ← え?彦はその程度??



感想文 ↓ ネタバレありますよ~。ご注意くださいね。

_____________________________________________________________

22 : 04 : 47 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アンディ・ラウ 来日
2006 / 07 / 26 ( Wed )
って、今日離日しちゃったらしいけど(寂)

先週末から多くのメディアを賑わせてくれたアンディ・ラウ、勿論私も追ってましたよ~v ・・・出来る限りの範囲で(汗)
格好良くって若くって、何よりファン思いの彼の姿はやはり眩しい!!輝いていますね~。まさに明星☆

でね、ネットで色々会見の様子をチェックしていたのですが、アンディが髪を染めていることを聞かれて、「これは、今撮っている映画の役の関係で、かなり年配で病気をわずらっている役なんです」と返している記事( ↓ にリンク貼ってます)を発見。
この“今撮っている映画”って、彦祖との初共演になる『門徒』ですよね。『ワンナイトインモンコック』のイー・トンシン監督作品でもあるし、これメッチャ楽しみ~v なのです。

ブロコリ【華流レポート】映画『愛と死の間で』アンディ・ラウ来日会見

もしかして!もしかして!!『門徒』日本公開の暁(いつ?・笑)には、アンディと彦揃って来日してくれるかな~??きゃ~vvv


(妄想中・・・)


来日してくれら・・・


20060726234328.jpg

こんな格好?←vvv


でも・・・


20060726234343.jpg

Aliveのシークレットライブ(ぷ)とかしたら嫌だな~ ↓↓↓


なんてね、ウソウソ。どんな彦でも嬉しいです!!

_____________________________________________________________

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画 - カテゴリー:その他徒然

23 : 39 : 56 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
非情城市 上映
2006 / 07 / 26 ( Wed )
只今、劇場シャンテ シネにて「BOW30映画祭」が開催中です。

その中で、トニー・レオンの出世作である『非情城市』が上映されます。

私はこの映画未見なのですが、「小津安二郎がやくざ映画を撮ったらこんな感じ」とのコメントを読んで以来、も~見たくて見たくて!!
私は残念ながら行けませんが、私と同じくメッチャ見たい~!という方や、スクリーンで見たい!何度でも見たい!という方は、是非足を運んでみてくださいね。

20060726230735.jpg

8月10日(木)1:00~/4:10~/7:20~
詳細は、HPにてどうぞ。

_____________________________________________________________

テーマ:映画祭・各賞 - ジャンル:映画 - カテゴリー:その他徒然

23 : 04 : 09 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
彦祖との出会い
2006 / 07 / 26 ( Wed )
聞いて~聞いて~vv と勝手に彦祖との出会いを語りたいと思います。

あれは忘れもしない去年の夏、『ワンナイトインモンコック』のレイトショー上映でした。

最初『ワンナイト~』の宣伝ポスターを見た時は、「ダニエル・ウー??ジャッキーの秘蔵っ子!?なんや痩せてて(この時は、まさかあない筋肉マンとは存ぜず・笑)頼りないな~顔なんか吸血鬼見たいやし」なんて思ってたんですがね。
ま~いざ映画が始まったら、ストーリーは最高に良いわ、登場人物の描き方は丁寧で素晴らしいわで。映画終わってもすぐには椅子から立てませんでした。あの衝撃のラストの重圧からお腹も痛くなってきたり。そのぐらいこの映画にはヤラレてしまったのです。

で、やはり気になってくるのが主演のダニエル・ウーなる人。
『ワンナイト~』では、野暮ッたい服着て髪型も変で。でも、眼鏡からコンタクトに換えたその端正な顔に、ドキッ!となっちゃったんですね。はい、私メッチャ単純です(笑)

その後上映となった『マジックキッチン』『ツインズエフェクトⅡ』、キャストのダニエル・ウーの名前に釣られて見に行きました。
『マジック~』の端役っぷり(でも好きですよ~「僕も結婚している」な彦・笑)に懲りずに見た『ツインズ~』、これがトドメでした。あの収集つかなそうな面子の中で(笑)、誠実な愛を演じるダニエル・ウー。・・・この人、思っていた以上にすごい人かも・・・と。

そんなこんなで、出会って1年。彼の映画を見て、その度惚れ直しておりますv

それにしても、出会った時は“ダニさま”やったのに(大笑)、今ではすっかり“ひこそ”で落ち着いちゃったな~。


20060726101146.jpg

↑愛しのフーちゃんvv


20060726101440.jpg

↑名前・・・は忘れた(笑)けど、『ツインズ~』の人。このシーンで私は貴方に落ちましたvv

_____________________________________________________________

00 : 04 : 49 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
潜入黒社会 ツッコミ編
2006 / 07 / 24 ( Mon )
先日レンタルした『潜入黒社会』、そろそろ返さないと~!
でも、でも!返す前にもう一度彦のお顔を!!と2度目の鑑賞となりました(笑)
最初の鑑賞からず~っと気になっていた“あんなコト”“こんなコト”に、改めてツッコミ入れてみたり。

あ、勿論ネタバレですので、未見の方はご注意くださいね。

_____________________________________________________________

17 : 50 : 10 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
四大天王 (DTS 特別版)(香港版)
2006 / 07 / 23 ( Sun )
20060801103635.jpg

詳しくは、こちらから。

7月21日に既に発売されてたようで、メッチャ慌てて注文しました~。

何でも、フォトブック+メイキングなどの特典映像が付くこの特別版は2000個限定生産だとか。・・・き、気付いて良かった~(冷汗)
だって、彦祖初監督作品ですもの!!しかも!!日本で 絶~ッ対! 公開しなさそうやし!!!←力一杯強調(涙)

とある方がご自身ブログで、「これまでの作品を見ていて、彦祖自身は何をしたいのだろう?と感じていたが、『四大天王』を監督することでようやく彼が語り始めた」といったようなコメントをされていて、全くその通りやな~と感じ入りました。
そう、彦祖って何か・・・どんな作品のどんな小さな役柄でも、的確な個性を彦祖ならではの存在感で演じていて、私はそんな彦祖が大好きなのですが、そこが本当に貴方の望む居場所なの??と少し寂しく感じる時があります。
主演やないと嫌や~とかやなくて、もっと我を出しても良いのでは??みたいな感じでしょうか。う~ん、上手く言えなくてお恥ずかしいのですが・・・。

なので、『四大天王』で彼が語るもの全てが楽しみで、そして嬉しくて仕方がない私ですvvv

『四大天王』の感想も鑑賞出来次第アップしたいと思います。が、大いなる課題は英語・中国字幕への無謀なる挑戦ですね(滝汗)

_____________________________________________________________

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画 - カテゴリー:呉彦祖(ダニエル・ウー)徒然

21 : 12 : 44 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
呉彦祖(ダニエル・ウー)プロフィール
2006 / 07 / 23 ( Sun )
20061110200056.jpg


 呉 彦祖

英語名/ダニエル・ウー(daniel wu)
中国名/ン・インズォエ?(ng yin dzoe)←広東語読み
日本名/ひこそ(勿論♪)
職業/映画俳優。05年にはバンド・Aliveを結成、音楽活動も。兼プロの家具デザイナー
誕生日/1974年9月30日
干支/虎
星座/天秤座
血液型/A型
身長/186cm
家族構成/ご両親と二人のお姉さん
出身地/アメリカ・サンフランシスコ
言葉/英語・北京語・広東語。戸籍が上海なので、きっと上海語も
学暦/オレゴン大学で建築を学ぶ
趣味/武術・ドライブ・旅行・水泳・写真等
日本/好きらしいv

_____________________________________________________________

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画 - カテゴリー:呉彦祖(ダニエル・ウー)プロフィール

00 : 43 : 06 | | page top↑
潜入黒社会
2006 / 07 / 22 ( Sat )
20060801103136.jpg

2001年 香港
原題/知法犯法 COP IN A MISSION
監督/マルコ・マク製作総指揮/ン・チー・ホン
撮影/ルイ・キンファイ
武術指導/マー・ユンシク
脚本/バッ・シーロイヤッム
監督/マルコ・マク
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) エリック・ツァン クワン・サウメイ デヴィッド・リー ラム・シュー 他



しがない巡査のマイク(ダニエル・ウー)とチュン(デヴィッド・リー)は巡回中にカフェで強盗に遭遇し銃撃戦の末、犯人を射殺。しかし、この行為が行き過ぎと判断され、マイクは停職処分を受ける。そんな時、偶然黒社会のボスであるティン(エリック・ツァン)そしてティンの妻、ポーリーン(スーキー・クワン)と出会い、衝撃を受ける。
ある日、長官から囮捜査潜入捜査官に任命されたマイクは、ティンの悪事を暴く為、組織に潜入することになるが、しだいに黒社会に染まってゆき・・・
―FULLMEDIAより抜粋―

感想文(ネタバレ有り)↓

_____________________________________________________________

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画 - カテゴリー:感想【呉彦祖(ダニエル・ウー)映画】

22 : 58 : 23 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。