全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
かもめ食堂
2006 / 08 / 30 ( Wed )
20060830163815.jpg

2006年 日本
原作/群ようこ
監督・脚本/荻上直子
キャスト/小林聡美 片桐はいり もたいまさこ マルック・ベルトラ 他

公式HP 

フィンランドの首都・ヘルシンキで、サチエ(小林聡美)がひとりできりもりしている「かもめ食堂」。常連客は、日本かぶれの現地青年ひとり。そこを、日本でま~色々、イロイロあったんだろうな~と思われるミドリ(片桐はいり)と、ちょっとあって、仕方なく滞在を余儀なくされていたマサコ(もたいまさこ)が手伝う事に・・・

“ゆるい”とか“まったり”とか、そういうのとはまた違う、独特の癒しを感じる映画でした。
映画館で見る醍醐味、それは、他の観客の反応も楽しめるという事。
この映画、結構笑っちゃうシーンが多いのですが、観客みんなで笑ったりすると、背もたれからその振動が伝わってきたりして。
これが、何とも良いのですよね。わ~みんなも笑ってる~^^と、思わず顔がニンマリしてしまいます。

フィンランドの街並み、市場、海、森、家具、食器等、全てが日本とは勿論違っていて。
その背景と、その中に居る日本人の彼女たちがどんどんマッチしていく様子が、じわじわ~と暖かく伝わってきます。
それが、無性に嬉しくて。何故か泣けてきました。

鑑賞後、どうしても食べたくなって、シナモンロールを買って帰りました。この映画の中で、すご~く美味しそうに登場するのです。実際食べたシナモンロールも、いつもよりず~っと美味しく感じました。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

21 : 15 : 13 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
彦ニュース、三連発
2006 / 08 / 29 ( Tue )
今日も、彦関連ニュースが満載です。
相変わらずの???な翻訳ですが、まとめてみましたので、ご参考までに。

1.香港芸能界、悪質なマスコミを糾弾す

20060829211453.jpg
(画像より、記事ページへ)

今月26日、香港のアイドルグループ・Twins(ツインズ)の鍾欣桐(ジリアン・チョン)が、マレーシアでのコンサートの更衣室で、盗撮をされるという事件がありました。
事件を起こしたのは、雑誌「壹本便利」。
これに対し、昨日28日、100人を超える香港芸能人が、盗撮等の悪質なマスコミ行為を糾弾する大会を起こしました。
出席した芸能人は、成龍(ジャッキー・チェン)、劉徳華(アンディ・ラウ)、張學友(ジャッキー・チュン)、呉彦祖(ダニエル・ウー)、陳百祥(ナット・チェン)、呉君如 (サンドラ・ン)、任達華(サイモン・ヤム )、陳奕迅(イーソン・チャン)等。
彼らからも次々と発言があり、劉徳華は、マスコミと市民全てが反省する事を望むと発言したそうです。

彦も発言しました。その様子は、コチラの記事ページで。

2.ベネチア国際映画祭に向けて

20060829201419.jpg
(画像より、記事ページへ)

28日、第63回ベネチア国際映画祭に向けての「香港映画代表の祝賀会?」が、尖沙咀にある香港文化中心にて開催されました。
『放逐』の杜峰(ジョニー・トー)監督を始め、『夜宴』の馮小剛(フォン・シャオガン)監督、呉彦祖、そして『寶貝計劃』の成龍(ジャッキー・チェン)等が出席し、今回のベネチア国際映画祭での、香港映画の健闘(優秀な成績)を祈願したそうです。

3.『門徒』での、呉彦祖のキスシーン

爾冬陞(イー・トンシン)監督の最新作『門徒』の撮影の為、大変多忙な呉彦祖。
その撮影で、タイのあるホテルにて、ピンクのビキニ姿の美女(国内(香港?)の女優さん)とキスシーンを演じました。
なんでも、欲情をそそるような熱烈なキスシーンだそうです。(←大げさに訳し過ぎたかも・汗)

記事ページは、コチラから。ある意味、心のご準備をしてからご覧ください(笑)

以上、グズグズな翻訳で大変失礼しました~。
今回の翻訳で勉強した事・・・、三点式=ビキニスタイル。

不謹慎かもしれませんが、1.の香港芸能人の総動員はちょっと感動してしまいました。
でも、なかなか見れませんよね~このショットは。
サイモン・ヤムのあまりに格好良い私服姿に、ホント卒倒するかと思いました(笑)

ところで、↑の集合写真、どこに彦がいるかお分かりになりますか??
↓から察するに・・・、もしかして、↑はジャッキーの陰になって写ってなくない!??(悲)

20060829213013.jpg
(画像より、記事ページへ)

_____________________________________________________________

20 : 41 : 31 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今日は何の日?
2006 / 08 / 29 ( Tue )
今日8月29日は、映画俳優・市川雷蔵の誕生日です。
(彦と関係なくてスイマセン・・・)

20060828110509.jpg ←「キネ旬」の時代劇ベスト10にもランクイン!の『薄桜記』。

以前の私は映画は好きやけど、わざわざ映画館で見る程ではありませんでした。
そんな私に、映画館で映画を見る楽しみを教えてくれたのが、雷蔵さんの映画です。
当たり前ですが、テレビ画面で見る何倍もスクリーンでは人物や背景が鮮明で。
主役から端役まで、どの人物のどんな表情や仕草にも情緒があり、隅々まで丹念に作られた背景には、日本映画黄金期の職人の技が光ります。
モノクロの映画の美しさを知ったのも、雷蔵さんの映画を見るようになり、他のいわゆる名作といわれる日本映画を見るようになってからでした。

その延長で、映画館に通うようになり、香港映画にも手を出し始め、どっぶりハマり、彦の演技に惚れ(笑)、現在の私があります。

なので、私にとって今日は特別な日です。
毎年、同じく雷蔵さんが大好きな母(私の影響・笑)とバースデーケーキを買って、この日をお祝いします。
雷蔵さん、お誕生日おめでとう♪♪♪

20060828110743.jpg ←狂四郎の姿で笑う雷蔵さんv

来月の彦の誕生日も、ケーキを買って勝手にお祝いしようかなぁ・・・。(←ただ単にケーキが食べたいだけ??)

雷蔵さんについては、映画好きの方には普通に有名なので説明不要でしょうが、よく知らないなぁ・・・て方は、↓が詳しいので良かったら♪
他にも、素晴らしい情報量や歴史のあるファンサイトさんもあります。

web RAIZO雷蔵(角川映画による、銀幕デビュー50年記念の映画祭『艶麗』のHP)

_____________________________________________________________

00 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ジェイの新譜徒然
2006 / 08 / 28 ( Mon )
周杰倫(ジェイ・チョウ)の新譜がもうすぐリリースですね。

20060828194628.jpg
(画像より、Yesasia.comの関連ページへ)

もう既に予約したよ~♪って方も多いと思います。
チョ~優柔不断の私は、予約特典のパターンが多過ぎて、どれにするか今だ決め兼ねています。
ポスター・・・貼らない。ジクゾーパズル・・・やらない。マウスパッド・・・今ので良い。(←本当にジェイ好きなん??)
なら、通常版を買え!!って感じですが、なんかそれはね~寂しいなぁ・・・みたいな。
あ!それ以前に、台湾版か日本版かも決めていませんでした。
はい、どこまでも優柔不断です↓↓↓

新曲「千里之外」、デュエット?されている費玉清(フェイ・ユーチン)さんの声がメッチャ良くって感動!
え?勿論ジェイも素晴らしいですよ。うん、あの楽曲はジェイならではですよね。
MVもノスタルジックで素敵でしたが、ジェイ・・・なんか演技力上がってますよねぇ・・・(笑)
やはり、コレ(↓)のおかげかしら??

20060828195549.jpg
(画像より、関連記事ページへ)

どう見ても、ジェイが主役みたいなポスターですね。チョウ・ユンファやないのかなぁ・・・主役って。
ちなみに、関連記事は、大作・期待作?公開ラッシュで切符の売れ行きが楽しみv みたいな内容・・・なのかな??(←自信なし)
勿論、彦の『夜宴』、『門徒』も対象作品として名前が出ています。

ジェイといえば、彦関係だと『ジェイ・チョウを探して』ですね。
ジェイのCDを巡るストーリーで、しかもショーン・ユー主演という事で。勿論気になってはいました。
でも、DVDをわざわざ買ってまで・・・と思っていたところ、彦も共演している事と知り、結局即買い(苦笑)
彦の出番はそれこそ10分あるかないか?ですが、こういう彦も見たかった!って感じで結構満足v
大作や問題作みたいな映画も勿論好きですが、たまにはこんなゆる~い感じの映画も良いですよね。
そろそろ感想を書きたいなぁ・・・と思うのですが、只今DVDを友人に貸し出し中なので、返ってきたら再度見てみて、新鮮な感想を書こうと思います。

ジェイの新曲、色んなところで視聴出来ますが、とりあえず台湾の公式HPと新譜のHP?(↓)をリンクしておきます。
公式HPは「最新視聴」より視聴出来るはずですが、混み合っているのか?なかなか接続してくれません(泣)
あと、今回の新譜に「大頭貼」入れてくれないかなぁ・・・。この曲、すごく好きなのですv

Jay杰倫組織
依然范特西 Still Fantasy

_____________________________________________________________

20 : 24 : 58 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
空、空、空、空、
2006 / 08 / 28 ( Mon )
私は空が好きです。・・・スイマセン、唐突で(汗)

今日はウチの犬の散歩がてら、デジカメで写真を何枚か撮りました。
本当は犬を撮ろうと思っていたのですが、なかなか撮らしてもらえず(困)、急遽空を写真を。
天体では、太陽や星よりも雲が好きです。(雲は天体やないやろ!ってツッコミはなしで・苦笑)

20060828184247.jpg

20060828184310.jpg

20060828184329.jpg

20060828184356.jpg

う~ん、もう秋ですね。

_____________________________________________________________

18 : 56 : 33 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
勝手にランキング
2006 / 08 / 27 ( Sun )
今回フィルモグラフィーを作る為、色々なサイトで彦の映画の詳細を調べてたら、一気に未見の彦映画への興味が増しちゃって。
作業中、うわ~これ見たいな~とか、なんや変な役やな~とか、ひとりで寂しく盛り上がっていました(苦笑)

そんな訳で、未見の彦映画の中から、私の「これが見たい!ランキング・ベスト5」を紹介します。(←無理矢理)
ランキング基準は、独断と偏見と、そしていつものごとく自己満足です!!

5位 『偸窺無罪』 
「DVDジャケットと3級片から期待して見ると、ちょっと期待外れかも・・・」とあるサイトで紹介していました。
・・・ごめん、メッチャ期待してた。

4位 『HONEY,Ⅰ LOVE YOU』
この甘~いタイトルでアクション映画だそうです。香港・ミラノ・マニラでロケ??
調べても調べても、詳細が全く分からない謎の一本。 
どうやら監督は三池崇史らしい。あ~またホモかしら??(←偏見)

3位 『想飛』
ネットアイドルを巡る彦とエヂの話?
エヂも大好きです。あと、アンジェリカ・リーが小悪魔っぽくって可愛い。気になります。

2位 『變臉迷情』
肉体的にも精神的にも彦が色々大変そう。・・・はい、そんなの大好物です!!


・・・そして!栄えある(ある?)1位は!!!??

1位 『公主復仇記』
ただ単に英題をカタカナ読みにした邦題って、あまり好きじゃないのですが、これは珍しく例外です。
『ビヨンド・アワ・ケン』って響きがなんか好き。
でも、1位に選んだ理由はそれだけじゃなくって(当たり前だ)、彦がね~くせ者!?な感じがタマリマセンv

20060827195950.jpg ←ね、楽しそうですよね~この映画vvv


『北京樂與路』や『豐胸秘Cup』なんかも、かなり見たい映画です。
・・・なんて。彦の映画ならなんでもかんでも見たいのですが、実際は。はい、節操なんぞありません(苦笑)
とまぁ、今後また変動するのは目に見えていますが、とりあえず只今の気持ちをメモ書きしてみました。

_____________________________________________________________

20 : 42 : 03 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
呉彦祖(ダニエル・ウー)フィルモグラフィー
2006 / 08 / 26 ( Sat )
呉彦祖(ダニエル・ウー)のフィルモグラフィーが完成しました。
一覧は、カテゴリーもしくはコチラからご覧ください。

なお、注意事項というか言い訳が何点かありますので、下記もどうぞご確認ください。

□その1
作品名・人名の漢字表記は、基本的に繁体字を意識しています。
文字化け等で使用出来ない漢字は、[ ]もしくは形の近い漢字にて代用しています。

□その2
人名の日本での呼び方は、一般的だと思われるものを使用しています。

□その3
作品は公開順に配列していますが、中には公開日が正確に分からない作品があります。
その場合、公開月の1日とかそれこそおおよそで配列していますので、実際の公開順とは異なる場合があります。

□その4
いわゆるチョイ役の作品も、このフィルモグラフィーには加えています。
(『玻璃樽』、『魔幻厨房』、『80日環遊世界』、『春田花花同學會』、『寶貝計劃』等。
私は『魔幻厨房』以外は未見の作品ばかりなので、正確な事は言えないのですが)

□その5
出演が不明の作品が2・3あります。詳細が分かり次第アップします。

□その6
漢字や人名の読み方等の間違い、HP等へのリンク切れがあるかもしれません。
その際は訂正・削除致しますので、コメント欄よりご指摘頂ければ幸いです。

□その7
主に参考にさせて頂いたサイトは、以下の通りです。
Daniel Wu(海外ファンサイト)
Yesasia.com(チャイニーズ・エンタテイメント)
[王不]球電影資料館(中国映画資料サイト)
U影資料(中国映画資料サイト)
他にも、ひこ迷の諸先輩方のフィルモグラフィー、海外の映画関連サイト等、本当に沢山のサイトを参考にさせて頂きました。
ありがとうございました。

_____________________________________________________________

18 : 48 : 29 | | page top↑
続・『夜宴』のポスター
2006 / 08 / 25 ( Fri )
20060825002249.jpg

中国の『夜宴』の新作ポスターが、沢山アップされていました。
↑が、主になる??ポスターその1だそうです。
この若さま風の彦は、usakoさんのブログで既に紹介済み♪ホント格好良いわ~v

そして、↓はチャン・ツィイーと彦のポスター。はい、も~良過ぎです!
彦は実際デコと閉じた左目だけですが、柔らかく、なおかつセクシーな空気を漂わせていますね。

20060825002843.jpg

『夜宴』のポスターは、コチラの「夜宴海報」をクリック。
美女と彦のポスター記事は、コチラで。

_____________________________________________________________

00 : 48 : 50 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ディバージェンス ―運命の交差点―
2006 / 08 / 23 ( Wed )
20060822235139.jpg 20060822235746.jpg

2005年 香港
原題/三岔口
監督/陳林勝(ベニー・チャン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 郭富城(アーロン・クォック) 鄭伊健(イーキン・チェン)  李心潔(アンジェリカ・リー) 他

やっとこDVD買いました~。ギリギリまで、やっぱり香港版を買おうかなぁ・・・と迷っていたのですが。だって、デザインとかあちらの方が格好良いし。でも、彦人気をタキ・コーポレーションにアピールしないと!と日本版を購入。はい、今後も彦映画をどうかご贔屓に(笑)。それに、何と言っても日本語字幕もあるし!!と思いきや、やたら脱字等が多い字幕でした↓↓↓・・・私の買ったDVDだけかな??

こうやって比べると(↑)、やはり『三岔口』ってタイトルの方が断然良いですね。ズシン!ときます。意味も深いし、原題そのまま使っちゃても・・・と思います。別に読めなくても良いから。(←え?それはさすがにマズイ??)

10年前に失踪してしまった恋人フォンを忘れることができず、苦しみ続ける刑事シュン(アーロン・クォック)。限りなくクロに近い被疑者たちを次々と無罪にしていく冷静沈着なエリート弁護士トウ(イーキン・チェン)。闇の世界に生きながらも自由な心を失わない謎の殺し屋コーク(ダニエル・ウー)。シュンはある日、実業家イウ(ロー・ガーリョン)のマネーロンダリング事件に係わった重要証人をカナダから護送してくるが、コークに証人を射殺され、事件は立件不可能となってしまう。それが、心に傷を抱えた3人の男たちの孤独で激しい闘いの始まりだった。ある日、シュンは、トウの妻エイミー(アンジェリカ・リー)がフォンと瓜二つであることを知り、激しく動揺する。上司の命令を無視して、突っ走った捜査を続けるシュンは、ついに拳銃を上司に突き返し、停職を申し出る。一方、トウもコークも別の事件で不審な動きを繰り返す…―タキ・コーポレーション関連ページより抜粋―

スイマセン、思いっきりネタバレです ↓

_____________________________________________________________

16 : 31 : 57 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『夜宴』のポスター
2006 / 08 / 23 ( Wed )
今日は、大陸では彦関連ニュースが満載でした。

『夜宴』の海賊版対策とか、『夜宴』の周迅との濡れ場(古い表現で・苦笑)とか、『四大天王』の音楽の人とか、他にももろもろ。
個人的に特に気になったのは、↓の『夜宴』のポスターです。良いですよね~これv
(↑の文章より、それぞれの関連ページへ行けます)

20060823161814.jpg

_____________________________________________________________

16 : 26 : 38 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
香港国際警察
2006 / 08 / 22 ( Tue )
20060818013758.jpg

NEW POLICE STORY
2004年 香港・中国
原題/新警察故事
監督/陳林勝(ベニー・チャン)
キャスト/成龍(ジャッキー・チェン) 呉彦祖(ダニエル・ウー) 謝霆鋒(ニコラス・ツェ) 尹子維(テレンス・イン) 他

いつもならキャスト(↑)には、端役であれ最初に彦の名を挙げるのですが・・・。ごめんね彦、今回は二番手で許して。やっぱりジャッキーは別格なの。

も~初めから終わりまでハラハラドキドキの連続で、観客をいかに飽きさせないか、そこに重点を置いた映画ですね。大好きです。
一緒に見に行った子(映画好きだけど、香港映画好きではない)が見終わって、「メッチャ面白かった」と興奮して語ってくれたのが嬉しかったです。「主題歌もジャッキーが歌ってるんやで」と教えたら、素直に驚いてました(笑)
で、彦の感想を聞いたら「思ったよりも若かった」だって。私が事前に見せた写真が、彼女にはちょっと老けて映ったみたいです。ニコラスは「格好良い~v」と聞いてもないのに(笑)言ってたけど。・・・いいよ、別に~(寂)

ある日、5人組による銀行強盗事件が発生。警察を激しく挑発する犯人グループを逮捕すべく、香港警察の敏腕刑事チャン(ジャッキー・チェン)は、精鋭を集めて彼らのアジトへ向かう。しかし、彼らを待っていたのは、想像を絶する犯人グループの反撃だった・・・―Yesasia.comより一部抜粋―

ネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

00 : 22 : 41 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
美少年の恋
2006 / 08 / 21 ( Mon )
20060818223149.jpg

1998年 香港
原題/美少年之戀
監督/楊凡(ヨン・ファン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 馮倫(スティーブン・フォン) 舒淇(スー・チー) 尹子維(テレンス・イン) 他

この週末は久々に映画三昧でした。
神戸・岡本の「yuddy」『香港国際警察』を、京都で『ノンちゃん雲に乗る』『ゆれる』を見てきました。『香港~』は念願のスクリーン鑑賞に感激!!『ノンちゃん~』『ゆれる』も大当たりで大満足!!
でも今日は、友人にDVDを貸し出す前に・・・と久々に見て、やっぱり好きや~vvv と再確認してしまった『美少年の恋』の感想を書きたいと思います。

売れっ子ジゴロのジェット(スティーブン・フォン)は、仕事帰りに見かけた若者(彦)に恋をする。彼は部屋をシェアする同僚のアチン(ジェイソン・ツァン)にそれを話す。数日後、ジェットは街でサムと名乗る警官に声をかけられる。彼は何とジェットが恋した若者だった。2人は急速に親しくなるが、ジェットは彼の気持ちを確かめられずにいた。ついにジェットは、初めてサムを自宅に招き告白しようとするが、その時帰宅したアチンから意外な事実を聞かされ・・・―TSUTAYA onlineより抜粋―

徒然~とネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

02 : 48 : 49 | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
『ウィンター・ソング』特別上映
2006 / 08 / 19 ( Sat )
第5回京都映画祭にて、金城武・周迅(ジョウ・シュン)主演、陳可辛(ピーター・チャン)監督の最新作『ウィンター・ソング』が特別上映されます。
日時は10月24日(火)、会場は祇園会館にて。
詳細は追って発表になると思いますので、第5回京都映画祭HPにてご確認ください。

全国一斉上映に先行して・・・との事。わ~v この映画大変良いと評判なので是非行きたいな~vv

_____________________________________________________________

00 : 38 : 02 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
爾冬陞(イー・トンシン) 監督インタビュー
2006 / 08 / 18 ( Fri )
中国のニュース記事で、爾冬陞(イー・トンシン)監督がインタビューに答えていました。
内容は、これまで監督が撮った映画の出演俳優について・・・だと思います。

気になる『門徒』については、アンディは气好气量大(=気立ては良く度量は大きい)、彦は性格健康、?朗(=健康的で朗らかな性格)、ルイス・クーは胆子大(=肝が大きい)で彦に比べると性格就很内向、?点孤僻(=内気で捻くれ者)だそう。
あと彦に関しては、「実は最も難しい役を演じている。他の2人の劇が本当にずば抜け過ぎる為だ。ただ呉彦祖は全身全霊を刺し連ねたので、彼が出来ない事はなかった」との事。
翻訳サイトを駆使しても???な私の解釈なので、なんか微妙ですが(汗)

ネタ元の記事は、コチラです。
他にも、『門徒』の彦の役柄について少し触れています。

_____________________________________________________________

19 : 24 : 19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『夜宴』あれこれ
2006 / 08 / 18 ( Fri )
20060818154300.jpg

20060818154327.jpg

14日の『夜宴』の記者会見の写真です。

お気付きでしょうか?実は、右側から撮影した写真なんです。
アジアメディアの写真は正面・左側が主でしたよね。
これらは、アメリカ・イギリスの関連記事に掲載されていた写真です。
欧米・アジア別に、メディアの配置がされていたのでしょうか?
同じ会見の写真でも、違った角度で見ると面白いですね。

まぁ、彦は右から見ても左から見ても男前ですがvvv←相変わらずの迷バカ(苦笑)

↑の写真から、掲載ページへ行けます。その他の写真。→

台湾の『夜宴』のニュース記事ですが、なんじゃそりゃ???で笑えます。
(と言っても、私の場合100%は理解出来てませんが・悲)

_____________________________________________________________

15 : 25 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
迷う
2006 / 08 / 17 ( Thu )
最近買ったファイアーキングのカップ&ソーサーをご紹介♪

20060817195633.jpg

私アンティークにはとことん疎いのですが、このグリーンが気に入って買っちゃいました。
ウォン・カーファイの『欲望の翼』で、カリーナ・ラウとジャッキー・チュンがお茶するシーンに確かこんなカップ&ソーサーが使われてて、良いな~こんな色の欲しいな~と思っていたんです。
ミルクティーもこだわって、水蜜桃紅茶なるモノを淹れてみました。甘くて良い匂いv
でも、やはり高いですよね~アンティーク。買うか止めるかホント迷いました。
だって、買う!と決断するまでに数ヶ月・・・はい、もう買いません。
(でも、実はもうひとつターコイズカラーの型違いを購入してたり・笑)

   。
   。
   。

迷うといえば、彦やテレンスのバンドユニット・アライブですが・・・、ALIVE?Alive?それとも、alive??
どの綴りが正式なのでしょう???いつも迷います。
私個人としては、aliveが字面がちまっとしていて可愛らしくって好きなのですが・・・と、好みを言っても仕方ないですね(苦笑)


Tシャツには、aliveとありますね。
でも、DVD裏の解説にはALIVEと表記されています。(なので、ウチではこれで統一しています)
そして、フォトブック内の各メンバーの手書きメッセージはそれこそまちまち。
肝心な彦においては、ユニット名なのにそれを書いてすらおりません(怒)

あ~もう!!彦ってば、どれが正式な綴りなの!??

20060817210116.jpg
台詞「さぁ・・・別にどれでもいいんじゃない?」

・・・あ、そ。じゃあ、いっそ“亜羅威武”で。← ヤケ。

_____________________________________________________________

20 : 37 : 56 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャッキー・チェン新作『寶貝計劃』に彦祖が、
2006 / 08 / 16 ( Wed )
で、出てるんですか!??
この映画の予告編を見る限り、彦が確かに出てるんですけど!!?
・・・今日初めて知りました・・・(遅!)

でも、テレンスやLisaちゃんも出演しているみたいやし、きっとカメオ出演しているんでしょうね。
(改めて確認したら、ALIVEは全員出演みたいですね)
にも関わらず、本編でカットされてたらどうしよう・・・↓ ↓ ↓

私と同じくご存じなかった方は、『寶貝計劃』HP等でご確認ください。
最近のHPは機能がスゴ過ぎて、逆にどこに何があるのか分かりにくいのですが(汗)、彦は向かって左下の海賊ハット?をクリックして、落ちてくるテレビの予告編2に居ますよ。

それにしても、この映画メッチャ面白そう!!赤ちゃんもジャッキーも可愛いv

_____________________________________________________________

11 : 48 : 01 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
新紮師妹
2006 / 08 / 15 ( Tue )
loveundercover4.jpg

Love Undercover
2002年 香港 日本未公開
監督/馬偉豪(ジョー・マー)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 楊千[女華](ミリアム・ヨン) 黄洪然(ウォン・ワイマン) 
許紹雄(ホイ・シウホン) 他



彦のラブコメ~♪見出したらホント癖になりますねv
ここ数年ラブコメ=韓国映画な世風ですが、こんな良質なラブコメがあるんですから、香港ノワール以外の香港映画ももっともっと日本公開して欲しいなぁ。



大志を抱いて警察学校に入ったものの、成績不良で遺失物係に配属されたライキュン(ミリアム)。ひょんなことからおとり捜査を命じられたライキュンは、捜査対象である組長の息子(彦)と恋に落ちてしまう。行きがかり上、警察の上司(ホイ・シウホン)や同僚はみんな彼女の親族を演じることになり…そして警察とヤクザが親戚に!?― YesAsia.com より抜粋―

いつもの如く、彦中心のネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

17 : 37 : 56 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
徒然と
2006 / 08 / 15 ( Tue )
さっきまで、友人から借りたF4のコンサートDVDを見ていました。
はい、我らがALIVEの天敵?です(笑)
ま~両者ともホント格好良いですし、“魅せる”という点ではかなりのクオリティの高さなので、甲乙つけ難いですが。

友人に誘われて、先月の東京でのヴァネス・ウーのコンサートへも行きました。
F4ではヴァネスが一番好きなので、も~ノリノリで参加しました。
数日後の大阪の衣装展では、その場にヴァネスが姿を現したりと嬉しいサプライズも体験。

20060815171539.jpg
↑ は、ヴァネスの後姿。分かりづらいですね(汗)

・・・確かに嬉しい。嬉しいけど・・・、

運を使い果たしたりしてない!??

ちゃんと彦に会う為の運は残ってる???

大丈夫???


はい、やっぱり彦が一番v な私です(笑)

   。
   。
   。


今日は終戦記念日ですね。

私の大好きな映画に、『蜂の巣の子供たち』というのがあります。

戦後の戦争孤児達を描いた映画で、監督とカメラマン以外は全員素人だそうです。
ほぼロケで撮っているんですが、なんか凄い撮り方しているところがあったりして。この俯瞰、どうやって撮ったんやろ~みたいな。
声高に反戦を掲げた映画ではありませんが、私は他のどんな映画よりもこの映画を見ると戦争について考えてしまいます。

_____________________________________________________________

16 : 18 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夜宴 香港で記者発表
2006 / 08 / 14 ( Mon )
詳しい事は、周迅(ジョウ・シュン)や彦祖らが出席したとしか分かりませんが、本日14日に香港で記者発表があったそうです。
Yahoo!Japan NEWS

_____________________________________________________________

22 : 18 : 22 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私好みの彦祖
2006 / 08 / 13 ( Sun )
どんな格好・髪型・表情の彦祖が一番私好みなのか??なんて、たまに徒然に考えたりします。
はい、暇ですね~私も(苦笑)

勿論!彦なら何でも~v ですが、元々『ワンナイトインモンコック』で彦と出会った私は、あまり彦に“スマート”とか“スタイリッシュ”とか“肉体美”を求めてはいないようです。
(あ~でも、“肉体美”は求めませんが、“エロス”はかなり求めます・笑)
どちらかというと、“もっさい”彦が好みのよう。
(地元では、到底お洒落とはいい難い人を“もさい”と形容します。多分語源はコレ

例えば・・・、
20060813225720.jpg
白昼にヨレヨレのTシャツで全力疾走しちゃう彦とか。

あるいは・・・、
20060813220423.jpg
街中でパンパンのリュックを平気で背負っちゃう彦とか。

もしくは・・・、
20060813220534.jpg
上から下までユ○クロでトータルコーディネイトしちゃう彦とか。
(注:↑ は勿論ユ○クロじゃない・・・はず・・・です・汗)

かなりツボなのは、
20060813220300.jpg
恋人の親に会うから?第一ボタンまでキッチリ留めちゃう彦とか。
そして、そこにピンクのチェックのシャツをセレクトしちゃう彦とか。
なのに、どこまでも自然に着こなしちゃう彦とか。

   。
   。
   。

そんな私に、「どれでも好きなのを1枚どうぞ~」と、某華流ショップでスタンプ特典の生写真を選ぶ機会が。
スーツ姿のりりしい彦やグラビアから飛び出してきたようなスタイリッシュな彦、Tシャツ姿のラフな格好で満面の笑顔の彦やALIVEのメンバーと楽しそうに唄っている彦、も~ありとあらゆる彦が選び放題!!
悩みに悩んで悩み抜いた末、私が選んだ彦祖とは・・・

_____________________________________________________________

23 : 16 : 38 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
彦祖と張震と劉と
2006 / 08 / 13 ( Sun )
彦祖の新作『天堂口』について、ホットなニュースが♪

呉彦祖(ダニエル・ウー)、張震(チャン・チェン)のイイ男コンビに、何と!!劉(リィウ・イェ)が加わるそうです。
きゃ~v イイ男トリオだわ~vvv(トリオ・・・我ながら昭和の表現で・苦笑)
詳しくは、usakoさんのブログ「うさぎの紅い眼」でどうぞ~v

ところで、一般的に?彦と張震は似ていると言われますが、私は実は彦と劉がちょっとカブっています。
何となく漂っている雰囲気とか。顔の作りは・・・口がちょっと小さめなとことか?

20060813201649.jpg
↑ ちょっとぼやけた劉(笑)。カブリません?

『PROMISE<無極>』では、メイクの所為か?最初劉に気付けず「この人誰やろ~??ダニエル・ウーに似てる気がするけど、ダニエルではないしな~」(当時はまだダニエルと呼んでいた・笑)と考え込んじゃって、ストーリが追えず困りました。← コラ。

そんな訳で、この3人がそれぞれのキャラクターをどう演じるかが今から楽しみです♪

20060813181452.jpg
見づらいですが、↑ は第20回香港電影金像奨の彦と張震です。(「MOVIE GONG Vol.16」より)
彦はプレゼンターなんだそうですが、張震とのこの微妙な距離、出過ぎず控え目な感じがv
後ろに腕を回してる立ち姿も、何か可愛くって良いな~vv

_____________________________________________________________

17 : 57 : 46 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
彦祖の化粧品広告
2006 / 08 / 11 ( Fri )
昨年11月に香港の九龍地区で、彦祖の街頭広告を見掛けました。
それは女性用化粧品(リップグロス?)の広告で、女性と一緒に映っていたと記憶しています。
はい、私とした事が写真も何も撮っていないのです・・・ ↓ ↓ ↓

その広告を見付けた時は、何かも~メッチャ嬉しかったです!!
惜しげも無くビルの側面にバーン!な、日本では考えられない主張振り(笑)
・・・あぁ、彦のお膝元=香港に本当に来たんだなぁ~v って。

また、男優を女性用の化粧品の宣伝広告に起用する革命的センス(大げさ?)に感動すると同時に、ダニエル・ウーの俳優としての立ち位置みたいなのを確認した思いでした。
だって、清潔感とか色気とか女性受けとか色々条件が揃っているって証ですよねvv

で、今頃気になってネットで検索しているのですが、何という化粧品の広告だったのかさっぱり分かりません(泣)
も、もしかして彦じゃなかったのかも~・・・↓ ↓ ↓ と、今更ながらの見間違え説も浮上しつつあります(苦笑)

もしご存知の方が居られたら、是非お教え頂けると大変嬉しいですvvv

20060811191733.jpg
↑ は、その旅行の際立ち寄ったマカオの街並。
彦の広告ではありませんが、結構イカす看板でしょ??

20060811191757.jpg
↑ は、マカオの西望洋聖堂(ペンニャ教会)の中です・・・多分・・・(既に記憶が曖昧で・汗)
『妖夜迴廊』に出てくる図書館がこんな感じですよね。

_____________________________________________________________

19 : 47 : 20 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
妖夜迴廊
2006 / 08 / 09 ( Wed )
20060809174135.jpg

2003年 香港
日本では、東京国際ファンタスティック映画祭2003にて上映
製作/關錦鵬(スタンリー・クワン) 呉彦祖(ダニエル・ウー) 
監督・脚本/李志超(ジュリアン・リー)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 恵英紅(クララ・ワイ) 高雄(エディー・コー) 他



彦迷初心者の私にとって、未公開映画のDVDの購入は一苦労。まず YesAsia.com のレビュー・採点を翻訳し、その内容からどれが見たいかな~と散々悩み、結果見たい度が高いDVDを数本ずつ注文します。(大人買いで一気に全作!とはなかなか~・苦笑)
で、そのレビュー・採点がかなりイマイチだったのがこの『妖夜迴廊』。どうしようかな~買っちゃても大丈夫かな~と、正直メチャメチャ迷いました。ホラーも実は苦手だし・・・。
でもやっぱり、“呉彦祖(ダニエル・ウー)がプロデューサーに名を連ねている”というのに惹かれて注文しちゃいました。彦迷として、彦が作りたかった映画を見たい!って気持ちが抑えられず・・・つい。・・・それにバーゲン商品で他のDVDより安いし・・・(ボソ)・・・。



イギリスで写真を学ぶサム(ダニエル・ウー)は、少年時代にいたずらされたトラウマを引きずっていた。ある日、双子の弟が死んだとの知らせを受け、香港に戻ったサムは、弟の部屋で不審な発禁書を見つける。弟の死に疑問を持ったサムが本の所蔵元となっている図書館を訪ねると、そこには不思議な管理人の魔鬼が。魔鬼の助けで、弟の恋人・秀冰を探し出したサムだったが、それが恐ろしいワナであることを知る由もなかった・・・―YesAsia.com より抜粋―

ネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

17 : 26 : 45 | トラックバック(2) | コメント(10) | page top↑
全国のアジア系映画祭
2006 / 08 / 09 ( Wed )
8月以降、どのようなアジア系映画祭があるのだろ~??と検索してみました。
あくまで、ネット検索出来て私が気になった映画祭のピックアップです。なので、勿論“漏れ”はあると思います。
それに、地元の映画祭とかはヒイキでアップしてますしねv
あと、「シネマコリア」は全国を回ります。「那覇まいぐゎー映画祭」は『食神』の上映があったので、つい(笑)

2006年8月5日(土)~9月18日(月・祝)
シネマコリア

2006年8月12日(土)~18日(金)
第1回那覇まいぐゎー映画祭

2006年8月19日(土)~9月10日(日)
中国映画の全貌2006  会場/三百人劇場

2006年8月26日(土)~11月3日(金・祝)
第28回ぎふアジア映画祭

20006年9月1日(金)~3日(日)
アジア海洋映画祭イン幕張

2006年9月15日(金)~24日(日)
アジアフォーカス福岡映画祭2006

2006年9月17日(日)~24日(日)予定
長岡アジア映画祭

2006年10月13日(金)~15日(日)
第10回みちのく国際ミステリー映画祭2006 in 盛岡

2006年10月15日(日)、20日(金)~22日(日)
第2回甲賀映画祭

2006年10月21日(土)~29日(日)
第19回東京国際映画祭

2006年10月28日(土)、29日(日)
neo アジア映画祭 in あさひかわ 2006

2006年11月17日(金)~26日(日)
第7回東京フィルメックス

2007年2月17日(土)~25日(日)
第17回にいがた国際映画祭

_____________________________________________________________

11 : 41 : 57 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レスリー・チャン生誕50周年記念映画祭
2006 / 08 / 09 ( Wed )
大阪シネ・ヌーヴォにて、「レスリー・チャン生誕50周年記念映画祭」が開催されます。
期間はレスリーのお誕生日(12日)を挟む9月9日(土)~9月15日(金)の一週間。

詳細は、こちらにてご確認ください。
会場の大阪シネ・ヌーヴォのHPも併せてどうぞ。

どの作品も是非スクリーンで見たいものばかりですが、『ダブルタップ』は何が何でも!!と思っています。あと、『さらば、わが愛』も一度スクリーンで見たいですね~。

_____________________________________________________________

11 : 28 : 36 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
門徒 記者会見
2006 / 08 / 09 ( Wed )
遅ればせながら、中国情報局ニュースを見ました。

アンディの白髪、さすが!格好良いですね~v
彦祖は黒縁眼鏡ですが、最近ではこのスタイルも貫禄出てきましたね。黒尽くめvv
古天楽(ルイス・クー)、先日見た『恋するブラジャー大作戦(仮)』では女性をバチバチ☆していましたが(ネタバレにならないよう擬音語で表現・笑)・・・うん、これはバチバチ☆なっちゃうね(笑)
(08/09)

_____________________________________________________________

01 : 02 : 01 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
門徒 公開時期発表
2006 / 08 / 07 ( Mon )
爾冬陞(イー・トンシン)監督の『門徒』、香港での公開は旧正月だとか。
わ~貴重なニュース嬉しいです~vvv

・・・ところで・・・、旧正月って正確には何時の事???と、イキナリつまづく無知丸出しのワタクシ(滝汗)
急遽調べました。

旧正月とは・・・、
旧暦(日本では天保暦)の1月1日(立春前後、グレゴリオ暦(新暦)での2月頃)は旧正月と呼ばれる。中国・韓国・台湾などでは、新暦の正月よりも旧正月の方が重視される。お年玉もこの日に渡される。中国語は「春節」「過年」「農暦新年」という・・・―正月:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋―

そうか~まだまだ先なのですね~。
でも、その前に9月の『夜宴』の公開が控えていますし、彦祖をじっくり追うにはこのくらいのペースが良いのかも。

で、この『門徒』は2000年に公開された『トラフィック』のリメイクなんだとか。
ハリウッド映画にも疎いワタクシ、タイトルは聞いた事ある気がするけどどんな映画だろ~??と検索。
簡単な詳細はこんな感じ。→ トラフィック(映画):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ちなみに、traffic とは不正取引の事だそう。この場合、ズバリ麻薬取引の事なんでしょうね。

あと・・・、この映画のタイトルの門徒って何???とこれまた検索。アリガトウ~翻訳サイト!!
 
 門徒(中国語)
  ↓
 門弟(日本語)
 ①親方の家に住みこんで商工業の技術を見習う少年。丁稚(でっち)。小僧。
 ②門人・弟子。

マフィアの下っ端・麻薬の売人って単純な解釈で良いのでしょうか??
でも、個人的には丁稚が可愛い響きで好きですv どこぞで見習いをする丁稚な彦とか~vvv
あと、香港の検索サイトで門徒を検索すると、キリスト教関連のサイトへ飛びます。きっとキリストの弟子の事も意味するのでしょうね。

以上、検索サイト使い倒してみました。

_____________________________________________________________

19 : 42 : 08 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ディバージェンス―運命の交差点― DVD発売
2006 / 08 / 04 ( Fri )
私は今の今まですっかり忘れてましたが(汗)、今日は『ディバージェンス―運命の交差点―』DVD発売日ですね。

どうしようかな~買おうかな~と迷っています。
映画館で見た時の感想としては、中盤まではハラハラドキドキで大変面白い。でも、ラストはアレもコレもと詰め込みすぎた感がどうしても・・・。
でもね~彦祖がホント格好良いのv 惚れ直しましたしね、実際。なんてね。私の場合、映画見る度彦祖に惚れ直していますが(笑)

なので、多分買っちゃいますv

20060804102338.jpg
タキコーポレーション関連ページ

_____________________________________________________________

10 : 20 : 41 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あなたは何フェチですか?
2006 / 08 / 03 ( Thu )
と聞かれたら、何と答えますか?
私は迷わず“手フェチ”と答えます。

男性は顔より何より手が命!!!
顔がいくら良くても手がNGだとイケマセン。減点対象です。
そのくらい私にとって手は重要なポジションを占めているのです。

では、彦祖の手はどうでしょう?プラスαと共に検証してみましょう。

   。
   。
   。
   。

20060803092205.jpg
バイクのブレーキ(クラッチ)に掛ける手。
長い指に無駄無く皮が張った甲、ポイント高いです。

20060803092230.jpg
彦はよく顔に手をやりますね。
端正な顔に白く整った指を持つ男性的な大きな手、このアンバランスさが良いです。

20060803092252.jpg
人間の体で一番セクシーなのは、衣服から肌が覗いている場所だそうです。
袖口から伸びる手首から指先のライン、黒のスーツに縁取られて正にセクシー。

20060803092446.jpg
鍵盤の上で優雅に動く細くて長い指。
ピアノを弾く男性にはどんな女性も弱いハズ。ある意味反則。

20060803092324.jpg
人を指で指してはイケマセン。
でも、こんな威圧感の無い柔らかい雰囲気の手ならOKかも。

20060803092507.jpg
逆に、威圧感のある厳しい手。
爪の先にまで神経の行き届いた美しい手です。

20060803092341.jpg
腕時計をすることで手はまた表情を変えます。

20060803092310.jpg
マイクを持つ手。・・・よく見るとタモリみたいな持ち方・・・。

20060803092406.jpg
煙草を持つ手。
人差し指と中指で煙草を挟むだけで、こうもセクシーな手になります。
甲に浮き出る血管(骨?)も相乗効果大。

20060803092426.jpg
煙草に火をつける手。
ジッポを擦る手と風除けに添えた手、二つの表情を持つ手の贅沢なコラボレーション。

20060803092219.jpg
究極の手。
それは、女性の髪に添えられた手。
優しい包容力と男性らしい力強さが満ちています。もはや芸術の域。

   。
   。
   。
   。

検証結果。彦は手も完璧!!!
あと・・・コメントくどくてスイマセン(汗)


ちなみに。お分かりかとは思いますが、↑ の内2枚は彦祖の手ではありません。
誰の手か、答えは・・・

_____________________________________________________________

09 : 48 : 20 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。