全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
独りヴィスコンティ祭り
2006 / 11 / 30 ( Thu )
最近見た映画の感想をちょこちょこ。

『テラコッタ・ウォリア/秦俑 』、色々とすごかったです!
SFにアクションに恋愛にと、いろんなテイストがごっちゃ混ざってて。
俳優チャン・イーモウも格好良いですね。ちょっとだけ恋しちゃいました^^
『水戸黄門 助さん格さん大暴れ』、とにかく10代?の北大路欣也が可愛いv
ラストは、ある意味衝撃であり笑劇でもあり。
おかげで、黄門役の月形龍之介の出番が少なかったです。それだけは残念☆
『プルートで朝食を』、音楽に紛争におかま。
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』っぽいなぁ・・・と思いながら見ていましたが、主人公が更にキツイ天然!て感じでした。
でも、思いがけず泣いちゃいました。嬉しいと泣けちゃうんです。
『雑兵物語』、勝新太郎や船越英二のなんちゃって田舎弁が楽しかったです。
時代背景とか歴史上の人物とか、そういったものがとことん曖昧な感じで新鮮。
名もなき雑兵たちを生き生きと描いていました。

以下、只今衛星で放送中のヴィスコンティ特集より、『若者のすべて』、『ベニスに死す』の感想です。
ヴィスコンティ、初めて見た~☆☆☆
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 39 : 25 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ALIVE、最後?のライブ
2006 / 11 / 29 ( Wed )
ALIVE5.jpg

12月9日(土)に開催される「Cruiser IT Asia Party」に、ALIVEが参加するそうです。
なんでも最後のバンド活動とか。
場所は、台湾の台北にある「Mos Taipei」という会場だそうです。
ご興味のある方は、↓で詳細等をご確認くださいね。全て中文です。
参加をお考えの方がおられましたら、トラブル等がなく心より楽しまれる事を祈っています^^

イベントの詳細
「酷思樂」HP
チケットの購入方法(海外からの購入が可かどうかは分かりません)
「ERA TIKET」関連ページ
情報元の中国ファンサイト
「百度daniel_wu[口巳]」関連ページ

_____________________________________________________________

19 : 06 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『天堂口』の予告編
2006 / 11 / 28 ( Tue )
よそさまのブログで、『天堂口』の予告編がネット上でアップされている事を知りました。
で、検索してみたところ、とっくの11月12日の日付でアップされているのを発見!
先日の記者発表で流れた予告編みたいです。
す、すっかり見落としていました(汗)
既にご存知の方も多いと思いますが、↓に関連ページを貼っておきます。

「新浪影音娯楽」動画ページ

混み合っていると?画面が静止したり、ちょこちょこ切れたりします。
スムーズに見たいなぁって方は、「YouTube」等にもアップされていますよ。

あと、『明明』の公開時期に関する記事もアップされていました。

「搜狐娯楽」記事ページ

『明明』は、来年3月に香港、台湾、大陸で同時公開される事が決まったそうです。
主題歌の「看看」は、黄耀明作曲、林夕作詞で、ジョウ・シュンが北京語と広東語で歌うとか。
「看看」のMVも、もちろんMV出身の區雪兒監督自らが手掛けるそうです。楽しみですね♪

以上、冷静を装った記事でした。今からちょっと乱れます(笑)

_____________________________________________________________

22 : 25 : 41 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レスリー・キー写真展
2006 / 11 / 27 ( Mon )
20061127162934.jpg

シンガポール出身の有名フォトグラファー、レスリー・キーの写真展が催され、300人のアジア有名人の写真が展示されました。
南アジアの津波による被害への寄付を目的とし、3年を掛けて撮った写真集「super stars」も出版され、大胆な写真の数々に賛美と興奮で沸いたそうです。

レスリー・キー写真展「super stars」HP

写真展をどこで開催してたのか???ですが(日本は19日で終了ですよね??)香港で開催したそうで、多くの中華圏メディアで写真の一部が公開されています。
ダニエル・ウーを始め、アーロン・クォック、セシリア・チャン、ビビアン・スー、ニコラス・ツェ、ショーン・ユー、スー・チー、Twinsなど等の写真を見る事が出来ますので、ご興味のある方は↓でどうぞv

「中国新聞網」記事ページ(彦、アーロン、セシリア、ビビアン、スー・チー、ショーン、アンドリュー等)
「人民網」記事ページ(↑の面子とTwins等)
「Tom.com」記事ページ(Twins、ニコ等)
「网易」画像ページ(↑の面子とチェン・ボーリン、エヂ等)

この他にも、コン・リーとか夏雨とかサム・リーの写真もあったみたいで。そっちも見たい!!
サム・リーは↑の画像のタトゥーの人かなぁ??と思っていますが・・・自信なし。←当たってました!
あと、チェン・ボーリンも!!きっと濃いんだろうなぁ・・・。←あまり濃くなかった。
私が見つけられなかっただけで、他のメディアでは公開されているかもです。←その通りでした。
でも・・・あれですねぇ、折角のヌードでややヘアなのに、こうも綺麗に撮られていると、やはりエロさに欠けますね。
慈善目的なのでそれで良いのでしょうが、悪い大人はやや不満です^^;
でもでも!セシリアとショーンとTwinsの写真は好きです。彦のもねv
アーロンは・・・すご過ぎ(笑)
2年連続の台湾金馬奨の主演男優賞の快挙も含めて、拍手を送りたいです。
ブラボー!!

20061127184135.jpg

主演女優賞のジョウ・シュンとv

_____________________________________________________________

18 : 46 : 11 | トラックバック(1) | コメント(16) | page top↑
新しい?『門徒』の予告編
2006 / 11 / 26 ( Sun )
『門徒』の予告編がアップされていました。
「無限映画」の関連ページ等でアップされているのとは、ちょっとだけ違います。
それにしても、くつくつと恐怖心をあおる予告編ですね。
本編は、あの『ワンナイトインモンコック』以上の衝撃でしょうか・・・。
『ワンナイト~』の衝撃は、私にとってはお腹が痛くなるくらいの衝撃☆・・・本当に痛くなって困りました(苦笑)
楽しみでもありちょっとためらいもある、そんな映画です。

「SINA TV」関連ページ

_____________________________________________________________

22 : 28 : 08 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『明明』の予告編
2006 / 11 / 25 ( Sat )
『明明』の予告編がアップされていました。

Mingming9.jpg
(画像より、「EMP」関連ページへ。“View”より、『明明』の予告編が見れます)

以下、予告編を見た感想をちょこっと。

_____________________________________________________________

17 : 10 : 54 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
『長恨歌』の上映+α
2006 / 11 / 24 ( Fri )
昨日は折角の祝日だというのに、すっかりダウン☆していました↓↓↓
原因はウィルス。このウィルスのおかげで、我が家は全滅。
このウィルスに犯されたら、とりあえずおなかの内容物を出しましょう!
下痢止め等は駄目です。ウィルスがおなかに留まってしまいますから。
病院で薬をもらってください。
そして、脱水になっちゃうのでナトリウム系の飲み物(ポカリやアクエリアス等)を取ってください。
とにかくすごい感染力なので、共有するものに注意。タオルとかお風呂とかトイレとか。
季節柄、かなり流行っているみたいです。手洗い、うがい等を徹底して、どうぞご注意くださいね。

さて、爽やかに気分を一新、彦の話です。
12月16日~22日、「中国☆上海映画祭」が開催されます。
会場は、新宿タカシマヤのテアトルタイムズスクエア。
18、19日には、ダニエル・ウー出演の『長恨歌』も上映されます。
一般公開のされていないこの映画、ご興味がある方でご都合が付く方はこの機会にぜひ!

「中国☆上海映画祭」HP

20061122175328.jpg

彦の上海紳士っぷりはかなり素敵だそうで。いいなぁ~私も出来る事なら見に行きたい!!

今更ですが、韓国での『夜宴』プレミアの際の韓国の記事を。

20061124152435.jpg
(画像より、「MOVIST.COM」記事ページへ)

「我々がダニエル・ウーを知らなければないない、その理由とは?」といったようなタイトルで、香港映画人気の低迷、その中での彦の活躍や『夜宴』での役柄、監督としての彦など等を簡潔に記事にしています。
そして、その他にも素敵な画像がいっぱいv

20061124160605.jpg  20061124160630.jpg
(画像をクリックすると、別窓で大きく表示されます)

「MOVIST.COM」画像ページ

韓国カメラマン・・・やはり腕が良いわ!
このページを翻訳サイトで読んだところ、「MOVIST」の写真は他とは次元が違う!との意見も。
へぇ~そうなんやぁ・・・。
とあるホテルでの撮影だそうですが、→の彦の背景の木組み・・・「大草原の小さな家」みたいですごいですねぇ。最先端インテリアって感じも。

あと、中国の佳能(Canon)のCFキャラクターを務めてる彦、そのHPにて壁紙が配布されています。

「佳能(Canon)」中国HP関連ページ

20061124154405.jpg

↑以外にもう一種類あります。
私のパソコンの壁紙もちょっと前の彦を使用していますが、最近の彦は本当に男らしくて!
若い時とは違った魅力がまた良いですね。
ちなみに、私のデジカメはキャノンです!なので、我的DC是佳能的!!(笑)

『夜宴』の韓国記事と佳能(Canon)の壁紙は、共に「呉彦祖中国的影迷」さんからの情報です。
呉彦祖中国的影迷的大家,謝謝~♪

_____________________________________________________________

20 : 18 : 41 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
隣人13号
2006 / 11 / 24 ( Fri )
20061121141523.jpg

2004年 日本
監督/井上靖雄
原作/井上三太
キャスト/中村獅童 小栗旬 新井浩文 吉村由美 他

村崎十三(小栗旬)は、小学校でクラスメートの赤井トール(新井浩文)にいじめられた記憶を、10年たった今も引きずっている。ある日、十三は古びたアパートの13号室に引っ越す。同じ日にその真上の23号室に引っ越してきたのは、暴走族を引退し、今では妻子持ちの赤井だった。さらに十三は、赤井の勤める建築会社にもぐりこむ。十三は、自らを「13号」と呼ぶ凶悪な別人格(中村獅童)に導かれるまま、復讐のため赤井に近づいたのだ。だがやがて、十三は「13号」を抑えきれなくなり・・・―「goo 映画」より抜粋―

_____________________________________________________________

20 : 18 : 30 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リィウ・イェのインタビュー
2006 / 11 / 21 ( Tue )
ここ最近、劉 [火華](リィウ・イェ)が気になっています。
なので、『天堂口』を軸に最近の彼を特集してみました。

↓の動画ですが、まずリィウ・イェのインタビューがあって、ジョン・ウー、チャン・チェンと彦、と続きます。
リィウ・イェのはにかんだ笑顔と、一生懸命に語っている感じがたまらなく良いです。
彦は合いの手を入れるぐらいであまりしゃべりませんが、チャン・チェンと仲が良さそうな感じが良いです。
やっぱり動く彦はオーラがあって素敵ですね。
あと、結構高画質なので、全画面表示にしても耐えれる画像ですv

「騰訊娯楽」動画ページ

20061120142317.jpg

踊り子の演じるスー・チー、チャイナドレスとハイヒールでダンスを披露しなくてはダメで、かなり苦しんだみたいです。主題歌も歌うとか。
マフィアのボスの演じるリィウ・イェ、ジョン・ウー監督の大ファンだそうです。
ジョン・ウーの手がける暴力の美学に期待したいですね。
でも、ジョン・ウー本人は恋愛映画なんかも撮りたいと思っているそうです。
『二都物語』みたいなのとの事ですが、『二都物語』が???な私。
検索してみたところ・・・結構バイオレンス色も濃くない!?と思っちゃいましたが、実際はどうなんでしょう??

「Yahoo!雅虎娯楽」記事ページ

リィウ・イェのインタビュー記事も翻訳サイトを使って読んでみました。

「新浪娯楽」記事ページ 

以下、記事の内容をちょこっと載せておきます。
今までの出演映画や結婚云々(!)についても語っていますが、それまで訳すとすごい量なのと、私自身がリィウ・イェの映画は未見がほとんどで???なので、『天堂口』に関係する部分のみにしました。
ところで、劉 [火華] ってリィウ・イェ?リウ・イェ?リィウ・イエ?リウ・イエ?
どのカナが一般なんでしょうか??
今回は、とりあえず『恋の風景』のパンフレットにあるリィウ・イェで統一しました。

_____________________________________________________________

17 : 30 : 37 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
『門徒』のポスター公開
2006 / 11 / 20 ( Mon )
来年新春公開予定の『門徒』のポスターが、ネット上にて公開になっていました。

20061120224412.jpg  20061120224426.jpg

「新浪娯楽」記事ページ

俳優ではなく、ケシの花がデザインされたこのポスター。
この映画の主役は人物ではなくこの花って事でしょうか・・・。
ポスターのクレジットは一応彦がセンターですね!やっぱり彦が主役かな。だと良いなぁ。

20061120224223.jpg
(画像より、画像元の「ZCOM」記事ページへ)

夏の記者会見の時の彦を。
全身ブラックで今流行の黒縁眼鏡。そして、超豪華な椅子がたまらん似合っていました!

_____________________________________________________________

22 : 57 : 31 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
晩秋アニメ大会
2006 / 11 / 19 ( Sun )
先日のWOWOW香港映画感謝DAY(勝手に命名)、『ブレイキング・ニュース』と『ディバージェンス―運命の交差点―』を見ました。

『ブレイキング~』、最初映画館で見た時はいまひとつだったんですが、改めて見てメッチャ面白かったです!
キャラがどれだ誰だか分かりにくかった印象があったのですが、今回はバッチリ!でした。
一緒に見ていた家族のひとりが、「この人って赤井(英和)に似てると思ったけど、大仁田(厚)の方に似てる」とラム・シューを指差したりなんかして。

・・・そんなもんやないぞ、ラム・シューの濃さは。

初見の時から思っていましたが、リッチー・レンって格好良いなぁv
『シルバーホーク』の時の彼は、今田耕司にしか見えんかったけど・・・。

『ディバージェンス』は、コークを演じる彦がいかに格好良いかを再確認v
彦の香港の隠れ家みたいなところの美術も素敵ですよね。風通し、すっごく良さそう・・・。
そして、何度も言うけど彦とアーロンの追いかけっこの楽しい事!!
このシーン見たさに、これからも何度も何度も見ちゃうんだろうなぁ・・・と思いました。

以下、新作の日本映画のちょこっと感想です。
アニメ大会!!って事で、アニメ2本のラインナップとなります。

_____________________________________________________________

22 : 54 : 59 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WOWOWにて、『ディバージェンス』放送
2006 / 11 / 17 ( Fri )
20061117121757.jpg

20061117121904.jpg

20061117121923.jpg

20061117123147.jpg

何故に、いきなり『ディバージェンス』の彦祭りなのか。
それは、本日午後11時5分より、WOWOWにて『ディバージェンス―運命の交差点―』が放送だからです。
ビジュアル的には、やっぱりコークを演じる彦が一番好きです。
大人の男の野性味溢れた色気がぷんぷん(むんむん?)で、初めて見た時は本当に鼻血が出るかと。
(すいません、社会人とは思われない低レベルなコメントで・汗)
というわけで、WOWOWが見れる環境の方はぜひ!同じ時間を共有しましょう!!
9時半からは『ブレイキング・ニュース』、深夜の0時50分からは『ベルベット・レイン』と、本日はWOWOW香港映画3本立て!なんですね。
『ブレイキング~』も久々に見てみようかなぁ♪

「WOWOW ONLINE」関連ページ

20061117122056.jpg


_____________________________________________________________

12 : 21 : 44 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『天堂口』のスチール写真
2006 / 11 / 16 ( Thu )
『天堂口』のスチール写真が発表になっていました。

「搜狐娯楽」記事ページ

20061116215557.jpg

20061117161547.jpg

・・・最高に格好良い・・・。

ごめんね・・・チャン・チェン、コワイとか言って。メッチャときめいた!
ごめんね・・・リィウ・イェ、よいひととか二浪くらいの浪人生みたいとか言って。(すいません、こんな暴言まで吐いてました・汗)
メッチャ悪の華!
彦はいつも褒めてるけど、今日も褒めるわ。7:3がのけぞるくらい似合ってる!!(褒め言葉?)

ジョン・ウー監督ってば、何が目的なんやろう??こんなに格好良くって実力のある俳優ばかり集めて。
無駄に興奮し過ぎて、今夜は眠れそうにありません(苦笑)

_____________________________________________________________

22 : 14 : 42 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ウィンター・ソング
2006 / 11 / 16 ( Thu )
20061115232433.jpg

Perhaps Love
2005年 香港
原題/如果・愛
監督/陳可辛(ピーター・チャン)
キャスト/金城武 周迅(ジョウ・シュン) 張學友(ジャッキー・チュン) チ・ジニ 他

国内HP 
香港HP 

雪の降る夜、上海の街を走るバスの中で天使(チ・ジニ)はつぶやいた。「人はみな人生の主役。他人の人生なのに主役と錯覚する人がいるが、大抵は脇役かワンカット出演しかできない。カットされることもある。わたしはカットされたシーンを戻すためにここに来た」。街では、映画の撮影が始まろうとしていた。香港から来た俳優、見東(金城武)は、主演女優、孫納(ジョウ・シュン)とかつて愛し合っていたが、女優としての野心から二人は別れた。見東は孫納への思いが断ち切れず、この映画に出演したのだった・・・「goo 映画」より抜粋―

この映画は結構前からチェックしていました。
その理由は、チ・ジニが出ているから!
はい、我が家でも『チャングムの誓い』はブームを起こし、我が母はすっかりジニに夢中!
でも、移り気な彼女の中でジニは既に過去の人。今は尾上菊之助が良いそうです。
彼女の誕生日プレゼントは今年も南座の歌舞伎のチケットを・・・と思いきや、あれ!?菊之助ってば出てないよ!!
それでも行きたいそうなので、今年も年末は歌舞伎鑑賞を一緒に楽しもうと思います。
歌舞伎のチケット、もう少し安くならないのかなぁ・・・ホント高い(泣)

_____________________________________________________________

21 : 27 : 13 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『天堂口』、記者会見の様子
2006 / 11 / 14 ( Tue )
11月12日午後1時より上海で開かれた、『天堂口』の記者会見の様子です。
予告編の上映の後、記者会見となったそうです。
記事には「まだ全貌を見ていないが、しかし予告編は私達を同様に揺り動かした」とあります。
期待が膨らみますねv

20061113172705.jpg
(画像より、「新浪娯楽」記事ページへ。インタビュー記事、動画ページへのリンクあり)

「中華情報局」国内記事ページ
「Yahoo!ニュース」国内記事ページ

製作総指揮のジョン・ウーを筆頭に、監督、出演者がずら~っと並んでいます。
スー・チー、彦、チャン・チェンが足を組んでいるのに対し、悪役のリィウ・イェが組んでいないのがなんか良いです。
それにしても、みんな足が長いですね~。陳奕利監督も結構男前でビックリです。

20061113185433.jpg  20061113201946.jpg

記者会見の司会者にも「非常英俊(とてもハンサム)」と言われてた陳奕利監督と、笑顔が可愛いスー・チー。

20061113202835.jpg  20061113202938.jpg

どれだけの映画人、映画ファンが憧れているんだろう・・・ジョン・ウーと、美人!の李小[王路]。

20061113185533.jpg

彦のジャケット、東京国際映画祭の時と同じですねv チャン・チェン・・・ちょっとコワイ(苦笑)

20061113174650.jpg  20061113174706.jpg

この人が良さそうな二人が悪役!?(トニー・ヤンがどんな役かチェック不足なんですが・汗)
逆に期待しちゃいます。楽しみですね!

↓は、「新浪娯楽」記事ページのジョン・ウー、監督、出演者のコメントを、我流ですが訳してみました。

_____________________________________________________________

18 : 41 : 32 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ショーン、ハッピーバースデー♪
2006 / 11 / 13 ( Mon )
今日11月13日は、ショーン・ユーのお誕生日ですね。
ショーン、お誕生日おめでとう!!
25歳。エヂより一個下なのね。

ショーンとの出会いもエヂと同じく、『インファナル・アフェア2』でした。
初対面?の印象は、ぎゃ!!なんてオットコ前!!と思いました。
こんな男前が存在するなんて、香港恐るべし。あなどれないな、と(笑)

1-7.jpg

その次に見たのが、多分『イニシャルD』。
上下黒ジャージなのに、こんなにオットコ前!!
私の妹はこのショーンを見て、「この顔とメッチャ付き合いたい」と言ってました。オイオイ。
でも、エヂと比べると目立たない役でしたね。意外とイイ人って感じで。

20061107111108.jpg

↓のコンビ二、作りがウチの近所のコンビニに激似です。
山ん中のコンビニって、どこもこんなスタイルなのかな??

1-8.jpg

で、ショーンってこんなにセクシーだったの!?と驚いたのが、『ベルベット・レイン』のショーン。
存在自体がしっとりとした感じで、エヂの役とのコントラストが良かったですね。

1-10.jpg

1-9.jpg

『ジェイ・チョウを探して』のショーンは、格好良さを抑えてぬぼ~っとした感じ。
これはこれでよかとです。
それにしても、どんなに力を抜いてもオットコ前vvv

1-14.jpg

オマケ☆

1-4.jpg

もいっちょオマケ☆

1-5.jpg

幅広い役柄にどんどん!挑戦しているショーン、日本公開待機中の出演映画が本当に楽しみです。
あ、そろそろ本格的なラブシーンなんかも見たいなぁ・・・(笑)

20061107112649.jpg

余文樂、生日快樂~☆

_____________________________________________________________

00 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
『天堂口』の記者会見
2006 / 11 / 12 ( Sun )
本日12日午後1時より、『天堂口』の記者会見が開かれました。

20061112210314.jpg
(画像より、「新浪娯楽」記事ページへ)

監督の陳亦利、製作総指揮の呉宇森、主演の舒淇、呉彦祖、張震、楊祐寧、劉 [火華] 、李小[王路]が、初めて一同に集まりました。
まず『天堂口』の予告編の上映があり、その素晴らしさは感動を呼んだそうです。
その後、記者会見(インタビュー)となるのですが、もうちょっと詳しくは明日以降にアップしますね。
この土日の遊び疲れで、今日は訳とか出来そうにありません(汗)
コメント、いつもありがとうございます~v 明日ゆっくりレスさせて頂きます。
それにしても、昨日、今日と本当に寒いですね。
皆さん、暖かくしておやすみください。お風邪などくれぐれもひかれませんよう・・・。

20061112211820.jpg

とりあえず、記者発表の格好良い彦を一枚♪

_____________________________________________________________

21 : 23 : 25 | トラックバック(0) | コメント(28) | page top↑
ちょこっと彦ニュース
2006 / 11 / 10 ( Fri )
11月12日午後1時上海にて、メディアを対象に『天堂口』の発表会を開くそうです。
陳亦利監督、製作総指揮の呉宇森、主演の舒淇、呉彦祖、張震、トニー・ヤン、リウ・イェ、李小[王路]が初めて一緒に登場します。「新浪娯楽」は、その時の発表会の盛況を生放送して、ネット上の多くの人に関心を持ってもらうようにアピールするそうです。

↑、漢字名とカナ名が混ざってて、読みにくくてごめんなさい。

「新浪娯楽」記事ページ

以下、国内の記事です。

『明明』のダニエル・ウーとジョウ・シュン。
「ブロコリ」記事ページ

「第19回東京国際映画祭」の記事と4人の画像。
「アジアンパラダイス」記事ページ

_____________________________________________________________

22 : 29 : 55 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フィルモグラフィーの整理
2006 / 11 / 10 ( Fri )
20061110145533.jpg

↑は、只今の我がパソコンの壁紙です。
ちなみに、彦のプロフィールの画像もこれに差し替えてます。冬仕様って事で^^
この彦、メッチャ格好良くないですか??
何気にパソを立ち上げると、この画像が!!
ドキッとします。心臓に悪いです。
なので、最近は心の準備をしてからでないと、パソが立ち上げられません^^

ここ何日か、「呉彦祖(ダニエル・ウー)フィルモグラフィー」の整理をしていました。
リンクが切れているものを削除したり、新しく関連ページを貼ったり。
この作業が結構時間がかかる上、とにかく地味。
でも、なんとか本日ひとまず終了しました。
『四大天王』と『公主復仇記』の公式サイトがいつの間にかなくなってたり。
大変!!予告編が見れるページを貼っとかなきゃ!と検索しつつ、そのついでに他の作品の予告編も拾ってきたり、間違っていた公開日を直したり。
以前は見つけられなかった予告編も、今回かなり補充出来たのでは?と思います。
そもそも、このフィルモグラフィーの一番の目的は、予告編が見れるページをリンクする事にあります。
私は予告編が大好きなんです。
本編へ興味を沸かせる為の予告編。
どのシーンやセリフを使うのか、ナレーションをどう入れるのか、音楽は・・・と、編集によって大きく変化するものだと思います。
良いか悪いかは別にして、本編以上に素晴らしい予告編もたまにありますよね。
逆に、趣旨や方向性がよく分からない予告編とか・・・。
それらがも~面白くって面白くって。
それに、映画の内容や雰囲気を、必要以上なネタバレにならず適度に知る事が出来るのって、やはり予告編が一番だと思うのです。
『ドラゴン・プロジェクト』なんか、自分でもリンク貼り過ぎやろ・・・と思いますが^^;
でも、同じ予告編でも画面の大きさが違ったりするので(変なこだわり・苦笑)、とりあえず分かる限りのページを全部貼ってます。
要は99%は自己満足!
でも、これから彦の過去の作品をレンタルしたり、買ったりする方に少しでもお役立て頂けたら、本当に本当に幸いです。

で、久々に彦の予告編を見まくったので、その中でこれ素敵v とかこれ面白い!とか思ったのをご紹介。
見れていない予告編もあるので、今のところの・・・ではありますが。
一応ベスト5という形にしています。

_____________________________________________________________

17 : 30 : 09 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
最近見た邦画
2006 / 11 / 10 ( Fri )
最近見た邦画の感想をまとめてちょこちょこっと。
はからずも新作はなし。自分ってば、最近新作を見てないのね・・・↓↓↓
25年以上前の映画ばかりのラインナップとなっています。

_____________________________________________________________

17 : 30 : 05 | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
愛されてた記憶
2006 / 11 / 07 ( Tue )
20061106175634.jpg

Goddes of Mercy
2004年 香港
「大阪アジアン映画祭2006」にて上映
原題/玉觀音
監督/アン・ホイ(許鞍華)
キャスト/ヴィッキー・チャオ(趙薇) ニコラス・ツェ(謝霆鋒) リウ・コンロン(劉雲龍) チェン・ジェンビン(陳建斌) 他

中国・雲南の小さな街に住む女性刑事・安心(ヴィッキー・チャオ)は、恋人・鐵軍(チェン・ジェンビン)との結婚に迷いを感じていた。そんな時、風変わりで情熱的な毛杰(ニコラス・ツェ)に出会った安心は、自分でも説明のつかない衝動に動かされ、彼と一夜を共にする・・・―「YesAsia.com」より一部抜粋―

この映画祭、上映前にテレビのアナウンサーによる前説?があるんですが、「三国志の時代からのなんたらを彷彿とさせるような」とか「そこは美男美女ですので、魅かれずにはおられないのです」とか、私の笑いのツボを刺激するコメントがいっぱい☆
噴出しそうなのを必死で堪え、上映中に思い出し笑いしたらどうしよう・・・と、ひとり不安に駆られていました^^;

_____________________________________________________________

12 : 28 : 26 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
スターフェリー乗り場
2006 / 11 / 05 ( Sun )
まず、『明明』の公式HPが開設されていました。
予告編はまだ準備中ですが、公開間近って事ですよね~きっと!!
楽しみですね♪
フィルモグラフィーにリンク貼ってありますので、まだご覧になっていない方はどうぞ~vvv

さて、本題。
香港のスターフェリー乗り場が、今月11日を最後に、場所を移転するそうですね。

20061105221425.jpg

最後になる11日の日は、(乗り場は?)一日市民にサービスをし、スターフェリーは更に「慈善告別航」なるものを行うとか。
当日の夜は、4隻のフェリーを繋いで乗客を乗せ、時計台は12日の0時になると、連続して12回鳴り、埠頭の全ての照明はすぐさま消されます。
その後、フェリーは中環(セントラル)の埠頭からゆっくりと尖沙咀(チムサーチョイ)の埠頭へ向かいます。
そのようにして、48年のスターフェリー乗り場の歴史に幕が落とされるようです。

「おはようラジオ 香港リポート」関連ページ
「YOHOO!雅虎香港新聞」関連ページ
「天星小輸有限公司」

スターフェリーといえば、香港の観光スポットのひとつですね。
私ももちろん!乗りました~^^
が、当時は香港映画好きのほんの駆け出しで、この乗り場がどんな映画のロケに使われたのか、全く知識がありませんでした。
(今もペーペーですが↓↓↓)
なので、次の機会にはそのポイントを踏まえて、改めてこの乗り場を訪れよう!と思っていただけに、今回の移転のニュースは残念です。
出来れば、最後にもう一度、この乗り場からスターフェリーに乗りたかったなぁ・・・。
新しい乗り場は翌日の12日から。
展望台とかもあるみたいですし、100万ドルの時計台も作られるようです。
でも、大好きな香港映画の背景に当たり前のようにあった乗り場が、もう使われなくなるのは寂しいですね。
この乗り場がこの先どうなるのかはチェック不足で不明ですが、時計台はどこかへ移されるみたいですし、やっぱり取り壊しかも・・・(寂)

でも、映画は時代を超えて残ります。
今までの乗り場は、沢山の素晴らしい香港映画の中で愛され続ける事でしょう。
そして、香港映画好きとしましては、これからの新しい乗り場の活躍に期待する事にします^^
本当にお疲れさまでした。(自分・・・乗り場に言ってる?・苦笑)

20061105223822.jpg

スターフェリー乗り場と聞いて、とっさに思い付くのはやっぱり『美少年の恋』♪
光線が良い場所で、自分を少しは良く見せたかった・・・(苦笑)

_____________________________________________________________

22 : 46 : 09 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
バグ・ミー・テンダー 恋と友情の物語
2006 / 11 / 04 ( Sat )
20061104194134.jpg

Bug Me Not!
2005年 香港
「大阪アジアン映画祭2006」連携イベントにて上映
原題/虫不知
監督/羅志良(ロー・チーリョン)
キャスト/梁洛施(イザベラ・リョン) 陳柏霖(チェン・ボーリン) 鍾欣桐(ジリアン・チョン) 蔡卓妍(シャーリーン・チョイ) 他

香港HP 

子供の頃から虫と話が出来る不思議な女の子(イザベラ・リョン)が、接触恐怖症(主に手)の男の子(チェン・ボーリン)に恋をした!テントウムシのコジ(CG・笑)の応援を受けアタックするも、男の子の接触恐怖症の前には空振りの連続。そんな中、謎の少女(ジリアン・チョン)をインストラクターとする、特殊能力もった少年少女の集団に誘われるが・・・

「大阪アジアン映画祭2006」連携イベントという事で、大阪の映画館で上映されました。
劇場窓口で「次の回のチケットください」と言うと、「『バグ・ミー・テンダー』でよろしいですか?」と確認をされたのですが、?????そんなタイトルだったけ!??
“『ダブルタップ』の監督で、チェン・ボーリンとイザベラ・リョンが出ている映画”とだけで、タイトルまで確認していなかった私。
「・・・多分それです」と曖昧この上ない返事をする事しか出来ないのでした・・・↓↓↓

_____________________________________________________________

22 : 19 : 59 | トラックバック(2) | コメント(20) | page top↑
『門徒』、完成間近!
2006 / 11 / 04 ( Sat )
イー・トンシン監督『門徒』の製作も、最終段階だとか。
ストーリーとか彦の役とか画像とか、一部発表になっていました。

「搜狐娯楽」記事ページ
「YAHOO!雅虎 影視」記事ページ

なんでも、↓の何美鈿(ホー・メイティン)さんという女優さんの役が、彦の役に苦い恋をするとかしないとか・・・。
関連記事には、もうちょっと詳しく書いてありますので、ご興味がある方は翻訳して読んでみてください^^

20061103235422.jpg
(画像からも、「YAHOO!雅虎 娯楽」画像ページへ)

あと、『天堂口』の撮影風景の画像がある記事ページもアップされていました。
が、その画像、どう見ても盗撮ちっくで↓↓↓
でもでも、その画像で見る限り、チャイナドレスのスー・チーと上海マフィア?のチャン・チェンらの姿はとっても素敵v
彦の姿はありませんでしたが、メッチャ期待しちゃいますね♪

_____________________________________________________________

00 : 16 : 11 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夜宴
2006 / 11 / 04 ( Sat )
20061029135754.jpg

2006年11月4日発売予定
夜宴 (特別版)(香港版)DVD
夜宴 (香港版)DVD
夜宴 (香港版)VCD

_____________________________________________________________

00 : 00 : 00 | | page top↑
ドラゴン・プロジェクト
2006 / 11 / 03 ( Fri )
ドラゴン・プロジェクト 特別版 ドラゴン・プロジェクト 特別版
スティーブン・フォン (2006/11/03)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る

「Cinem@rt-DVD」関連ページ(予告編)

_____________________________________________________________

00 : 00 : 00 | | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。