全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
キラーウルフ
2006 / 09 / 13 ( Wed )
20060913170524.jpg

1993年 香港
原題/白髪魔女傳
監督/干仁泰(ロニー・ユー)
キャスト/張國榮 (レスリー・チャン)  林青霞(ブリジット・リン) 呉鎮宇(フランシス・ン) 他

明朝末期。武道を学んだ一航(レスリー・チャン)は、森の中で謎めいた美女(ブリジット・リン)と出会い、恋に落ちた。だが、彼女は邪教集団に育てられた刺客・狼女だった。一航は敵対する狼女との許されぬ愛に苦しみながらも、邪教集団との戦いに身を投じた。そして、傷ついた狼女を助けて永遠の愛を誓うが・・・―Yesasia.comより抜粋―
さて、またもやレスリー映画です。以下、いつもの如くネタバレあります。

ロニー・ユー監督の映画。
私は基本スタッフさんのお名前をちゃんと知らないので(汗)、今回改めて検索したところ、『チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁』や『フレディVSジェイソン』を撮った監督さんなのですね。
ホラーが苦手な私は、勿論どちらも見ていませんが(汗)
見たのといえば、ジェット・リー主演の『SPIRIT』。久々の弁髪姿のリンチェイが素敵でしたねv

いわゆる『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』的な、ワイヤーアクションと映像美、そして妖怪と人間の禁断の愛を絡ませた映画です。
と~っても、と~っても面白かったです!!
明朝末期、と歴史的な時代背景があるようなのですが、全く無知な私はただただ妖怪アクション映画として見ていました^^;
ラブストーリー的な部分は、名優2人がしっかり魅せてくれますので、切ない気持ちをちゃんと味わえますね。
が、ラブシーンがちょっと唐突に感じたのと、やたら長くない!??と。
勿論レスリー演じる一航はたっぷりと色気があるし、ブリジット・リン演じる冷血で硬質なイメージの女妖怪(何て表現だ・苦笑)が愛に目覚め、“女”をどんどん出していく良いシーンなのですが。
後半は、もう良いってば!って思いながら見てました。(←コラ!)
・・・ごめんねぇ、本当にロマンのない人間で。反省↓↓↓。

この映画で、私は初めてレスリーを“格好良い”と思いました。
今までは、“綺麗”とか“可愛い”とかの印象しかなかったのですが、
この一航は男っ気たっぷりで、正に“格好良い”って感じですよね。
あと、レスリーはやはり横顔。
何て独特の雰囲気を持っていて、妖艶な空気を漂わせる横顔なんでしょう!!
おそらく、演出する側もその特色を最大に利用して、この映画を撮ったはず。
そう思わずにはいられないほど、素敵な横顔が満載の映画でした^^

で、やはり語らずにはいられないのが、ジャンユーことフランシス・ン。
いつ出てくるんやろ~どんな役やろ~と、ウキウキしながら彼の登場を心待ちするワタクシ。
どこ??どれ??あれかしら??これは違うわね~と、最初の彼の登場シーンでは思いっきりスルー。はい、全く気が付きませんでした(大汗)
で、2度目の登場で改めて、ぎゃー!!これがジャンユーか!!!とビックリ。
すごい役ですよね~これ。メイクすご過ぎて、本当に最初ちっとも分かんなかったですよ~。
ジャンユーといえば、『インファナル・アフェア2』で出会いました。
『インファ~』三部作を一気に見て、そのあまりのすごさ、格好良さに叩きのめされました。
そして、一番気になった俳優さんが、目が語るトニーでもなく、スマートなアンディーでもなく、顔が好みなショーンでもなく、エヂは・・・かなり気になったけど(笑)、若親分なジャンユーでした。
その後、結構格好良いジャンユーばかり見ていた私には、本当に驚きで。衝撃で。ショッキングで。
ジャンユーの事、ますます好きになりました♪
で、この映画のジャンユーですが、邪教集団の親玉で、姉を背中合わせにくっついちゃっているというキワモノ妖怪。
うわ~江戸川乱歩の世界や~vv と、大好きな展開にちょっと興奮^^
でも、彼も出来れば純粋に愛に生きたかったわけで、最後は何か可哀想な感じでしたね。

この映画、続きの「2」があるみたいですが、どんな感じなのでしょう??
白髪のブリジット・リンも大変綺麗でしたし、機会があれば是非見たいです~♪
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

18 : 58 : 44 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<香港試写会 | ホーム | ダブルタップ>>
コメント
----

weiyangさんも、江戸川乱歩の世界大好きですかぁ。
私もです~!
だから、ジャンユーのあの姿に、異常に大興奮でした~。
かなり倒錯した感じがいいですよねぇ。おいしい役だろうなぁ。あの役。
レスリーとブリジットのふたりのカリスマは、やっぱり、画面上ではまりまくっているなぁと思いました。私も、このゾクゾクした世界は、けっこう好きです♪
by: ゆうこ * - * URL * 2006/09/13 * 23:29 [ 編集] | top↑
----

ゆうこさん、こんにちは♪

おぉ!乱歩好き仲間ですね~。この共通点、かなり嬉しいですv
今回のジャンユー、ついつい『孤島の鬼』を思い出しちゃいました。
最近の『乱歩地獄』からカルト映画の名作『恐怖奇形人間』まで、乱歩映画は色々と見ております。

そうそう、おいしかったでしょうねぇ、ジャンユーのこの役。
ラストの「やっと落ち着いて寝られる」みたいなセリフ、すごい満足した顔で言ってましたもの^^
ジョニー・トー監督の新作『放逐』では、どんな演技を見せてくれるのでしょうか??
今から楽しみですね♪って、日本での公開はいつになる事やら・・・(汗)
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/09/14 * 13:00 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/117-54b90a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。