全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
レンタルビデオ屋さんのオーナーになる
2006 / 09 / 19 ( Tue )
usakoさんのブログ「うさぎの紅い眼」にて、楽しく、そしてとても辛い(笑)企画がありました。

あなたは明日いきなりレンタルビデオ店をオープンしなければならなくなった 。
と、とにかく今すぐタイトルを揃えなきゃ!
せめて五十音につき一本ずつは揃えなきゃカッコつかん!
でも、どうせなら自分が好きな映画で揃えたい 。そこは譲れないところ。
リストは手元にないけど、とにかく発注先へ電話して・・・
さて、電話口であなたは何を注文する?

☆ ルール
・ 自分の好きな映画から選ぶ
・ 1監督につき1作品とする
・ 自力で思い出す
・ 外国映画、日本映画は問わず


私もやりた~い♪と、軽~い気持ちで参加してみたのですが・・・頭が痛くなるくらい考えて込んじゃいました。
はい、かなり苦しい企画でした^^;

以下、結果となります。
香港映画はまだまだビギナーなので、古い日本映画がほとんどです。
好きな映画であると同時に、レンタルして欲しい、見て欲しいという気持ちを最優先にしています。
また、単独監督作品と共同監督作品は別と考えての、(私に)都合の良いラインナップになっていますので、その辺りはご容赦を^^;

 『曖昧な週末』(香港/アラン・マック)
 『インファナル・アフェア2』(香港/アンドリュー・ラウ、アラン・マック)
 『生まれてはみたけれど』(日本/小津安二郎)
 『エレファントマン』(アメリカ/デヴィット・リンチ)
 『男たちの挽歌』(香港/ジョン・ウー)
 『雁の寺』(日本/川島雄三)
 『喜劇 特出しヒモ天国』(日本/森崎東)
 『グーニーズ』(アメリカ/リチャード・ドナー)
 『外科室』(日本/坂東玉三郎)
 『コーラスライン』(アメリカ/リチャード・アッテンボロー)
 『座頭市物語』(日本/三隅研次)
 『少年』(日本/大島渚)
 『酔拳』(香港/ユエン・ウーピン)
 『清作の妻』(日本/増村保造)
 『ソア橋の謎(グラナダテレビ「シャーロック・ホームズの冒険」より』(イギリス/マイケル・スンプスン)
 『ダニー・ザ・ドッグ』(フランス、アメリカ/ルイ・レテリエ)
 『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(香港/チェン・シュウタン)
 『ツィゴイネルワイゼン』(日本/鈴木清順)
 『天国と地獄』(日本/黒澤明)
 『トッポ・ジージョのボタン戦争』(日本/市川崑)
 『浪華悲歌(エレジー)』(日本/溝口健二)
 『忍者狩り』(日本/山内鉄也)
 『濡れ髪牡丹』(日本/田中徳三)
 『眠狂四郎 女妖剣』(日本/池広一夫)
 『のび太と宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)』(日本/芝山努)
 『蜂の巣の子供たち』(日本/清水宏)
 『美少年の恋』(香港/ヨン・ファン)
 『不信のとき』(日本/今井正)
 『弁天小僧』(日本/伊藤大輔)
 『香港国際警察』(香港/ベニー・チャン)
 『摩天楼はバラ色に』(アメリカ/ハーバート・ロス)
 『道』(イタリア/フェデリコ・フェリーニ)
 『無法松の一生』(日本/稲垣浩)
 『めし』(日本/成瀬巳喜男)
 『木浦(モッポ)は港だ』(韓国/キム・ジフン)
 『ラブソング』(香港/ピーター・チャン)
 『竜馬暗殺』(日本/黒木和雄)
 『ルパン三世 ルパンvs人造人間』(日本/吉川惣司)
 『レイダース 失われた聖櫃(アーク)』(アメリカ/スティーブン・スピルバーグ)
 『ロッキー』(アメリカ/ジョン・G・アヴィルドセン)
 『893愚連隊』(日本/中島貞夫)
 『幽幻道士』(台湾/チャオ・チュンシン)
 『宵闇せまれば』(日本/実相寺昭雄)
 『ワンナイトインモンコック』(香港/イー・トンシン)

以上、私のレンタルビデオ屋のラインナップでした。
「そ」は色々思いつくのですが、ちゃんと見た映画で好きな映画がなくって・・・ちょっと卑怯な手を使いました^^
『摩天楼はバラ色に』、正式には『摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に』でした。
・・・今回初めて知りました(汗)
でも、かたくなに「ま」の欄に置きますのでこのままで。「の」もね^^
あと、『グーニーズ』『酔拳』『摩天楼~』『レンダース~』『ロッキー』『幽幻道士』は吹き替え版を置きます。
子供は勿論、大人にも気楽に楽しんで欲しいので^^
メジャーでもなくカルトでもない中途半端な感じのラインナップですが、ジャッキーとスティーブン・スピルバーグとキョンシーとアニメを見て育ち、時代劇が好きで雷蔵さんが好きで若尾(文子)ちゃんが好きで、そしてダニエル・ウーもおそらく好きなのね?と、私の趣向が垣間見えるラインナップになったと思います。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 52 : 33 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『門徒』、公開はバレンタインデー | ホーム | 『夜宴』メンバー、韓国へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/125-85b80bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。