全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
呉彦祖(ダニエル・ウー)、両端(西洋と東洋)の分裂を拒絶する③
2006 / 10 / 09 ( Mon )
20061009183725.jpg
(画像より、「新浪」記事ページへ)

大分間が空いてしまいましたが(汗)、「時尚芭莎 BAZAAR」のインタビューの続きです。
このインタビューはこれで終わりです。
内容は、世界へ進出する彦の様子とか彦の映画への考えとか。
『四大天王』についてもちょっと触れています。

香港のいくつかの映画会社は(香港)映画が国際市場に入ることを望んでいる。そこで多くの国際的要素に参加して、出来上がった映画は完全に国際化していない。香港の本土の観衆の好みと違っている。全くの精神分裂だ。

分裂の映画を拒絶する

国際的大スターの章子怡(チャン・ツィイー)との初めての合作 ; 初めての男性の主役の身分でのカンヌ映画祭の参加 ; 『夜宴』と「BAZAAR」の共同する砂浜のパーティーの席上での、初めて多くの国際的スターと知り合いになる・・・・・・言うことが出来るのは、『夜宴』が初めて呉彦祖(ダニエル・ウー)を国際的視野の中へ飛び込ませたのだ。

しかし、“国際映画界へまい進する”というこの問題について、呉彦祖はさほど自分の期待を表わさない。甚だしきに至っては、顔に表れるのはいつも通りの少しも気にかけない表情だ。彼は自分は決して優れてはいないとはっきり言い、いかなる事も積極的に考案している。彼は更に以前と同じで、好きなシナリオを選んで、好きな役を演じて、全てを自然に任せている。

――はっきりしてして、身の程を知る事をわきまえている。その上彼は腹の中で、一種のあれら芸術的成分が少しもない商業的大作に対して、克服する事は出来ない反抗だと思っている。
※この一文がよく訳せなかったのですが、私は「商業用の映画も大事だ」といった意味に解釈をしました。

“国際スターは多くの要素を備えてようやく誕生する事が出来る。僕は今、全ての自分が好きな役を上手く演じ、既にとても達成感を得たと感じている。スターと役者には違いがある。役者はただ遠慮なく演じ、スターはPR広報活動の画策を必要とし、スターは役者に比べて苦労する事が多い。僕は観衆に、僕の名前を提示した後で、あるひとつの映画のワンシーンやあるひとつの役をを思い付いてくれる事を望むんだ。これは最大の業績だね。”

現在、彼は更に自分で映画を撮影したいと思っていて、彼が自分で監督して主演した独立した映画『四大天王』が、それに類似する。これは風刺娯楽のジャンル(圏内)になり、メディアを風刺する事を笑わせどころにした映画で、香港で巨大な論争を引き起こした。これは彼に初めてのひとりの映画業界人の行為、そしてスターとしてではない達成感を体験させた。

“『四大天王』は、実はただちょっとみんなに考えてもらおうと思っただけ。香港の現在の映画と音楽が坂を下る原因をね。僕は別にメディアに対しているのではなくて、全ての香港の娯楽産業の現状に対して発言しただけ。彼ら(娯楽産業の人?)は(それに対応する?)本を読んだ事がないので分からないとみなす。(それでは)僕も仕方がない。”

今日、カメラ(撮影)から離れた後の呉彦祖の顔は、更にひとりの質問者と思考者のようだ。“香港のいくつかの映画会社は(香港)映画が国際市場に入ることを望んでいる。そこで多くの国際的要素に参加して、出来上がった映画は完全に国際化していない。香港の本土の観衆の好みと違っている。全くの精神分裂だ。僕の監督映画においても、工夫を凝らしてもいわゆる国際的元素に参加することは出来(あり)得ない。”この時、呉彦祖はまた彼の子供の頃の記憶に言及した――ブルース・リーの映画。彼が見るに、あれは純粋な香港の映画である。しかしながら、その理由でブルース・リーの“独歩天下(抜きん出ている天下)”を妨げる事はない。“正に本土(香港)的である賞賛にも値し、正に国際的才能だった。”呉彦祖は言う、“僕は分裂の映画を受け入れる事は決してないよ。”


以上です。本当にお粗末さまでした^^;
今回訳してみて感じたのは、当初思っていた解釈とちょっと違うのかなぁ・・・と。
国際市場(=ハリウッドとか?)では香港本土が好む映画は作れない。
彦はそういった形の分裂を拒絶していて、香港映画でありながら、世界に通用したブルース・リーの映画を、彦なりの表現で目指しているのかなぁ・・・と感じました。
なんて、自分のグズグズの訳が本当に頼りなくって・・・↓↓↓
また全然違った意味があるのかもですが、しばらくはこうかも・・・と思っておきます^^;
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

21 : 32 : 11 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<『夜宴』、大ヒット! | ホーム | 呉彦祖(ダニエル・ウー)、両端(西洋と東洋)の分裂を拒絶する②>>
コメント
----

じっくり読ませていただきました。ありがとうございました!ヒコの考え方に触れることが出来て、とても嬉しいです。
訳してくださった事に本当に感謝いたします~☆
ヒコの夢、叶うといいですね!
by: pepa * dv9bwlk6 * URL * 2006/10/10 * 23:53 [ 編集] | top↑
--pepaさん♪--

彦の言葉を私自身がどうしても知りたかったので・・・。
本当に拙い訳でお恥ずかしいです。
でも、pepaさんのコメントで救われました^^
それにしても、彦って真面目ですね。
感心し、惚れ直し、pepaさん同様に彦の夢が叶う事を心から祈っています。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/10/11 * 01:42 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/126-5ba95c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。