全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
「第19回東京国際映画祭」舞台挨拶
2006 / 10 / 25 ( Wed )
24日(火)、「第19回東京国際映画祭」にて、ダニエル・ウー監督の『四大天王』が上映され、監督、出演者、スタッフらの舞台挨拶、ティーチインも開かれました。

「YOHOO!中国」記事ページ

3時から会場への入場が開始され、(多分)予定通り3時20分から舞台挨拶が行われました。
舞台に現れたゲストの立ち位置は、向かって右から、パット・チャン、ダニエル・ウー、アンドリュー・リン、キム・チャン。
司会は、華やかなワンピースと茶色のブーツの女性で、通訳は、黒のパンツスタイルの女性です。
(すいません、お名前が分からなくて・・・汗)
司会の方がおっしゃるには、ゲストの効果もあり、早い段階でチケットは完売したそうです。
以下、舞台挨拶の様子を紹介します。
が、かなり曖昧だったり、忘れ去っていたり、覚え違いしていたりという事が多々あると思いますので、よそ様の記事やメディアの記事のオマケとして読んでやってくださいね^^;

ダニエル:こんにちは、私はダニエル・ウーです。
(日本語で。“です”が、私は“だよ”って聞こえたんですが・苦笑)
東京国際映画祭という素晴らしい舞台で、この映画を上映する事が出来て、本当に嬉しいです。
アンドリュー:こんにちは、私はアンドリュー・リンです。(日本語で)
初めての来日が、こういった形になって嬉しいです。

パットさん、キムさんもそれぞれ挨拶をされました。
通訳が英語のせいか?ゲストも英語で答えてましたが、パットさん、キムさんは言葉少なげ。
スター2人に遠慮しただけかも?ですが、やっぱり広東語の通訳も欲しかったなぁ。

ダニエル:テレンス、コンロイは来れませんでしたが、実は、編集、撮影の彼らもALIVEの一員なんです。だって、ずっと僕達と一緒にいたんですから。

司会:(会場の皆さんも)ポスターの衣装にはビックリしましたよね。今回はどんな格好で来られるのかと思っていましたが・・・(普段着な4人を見て)素敵な衣装ですね(笑)

それが通訳されると、「脱ぐ?」とばかりに、ジェケットの左前をバッ!と空けて見せるダニエル。
茶目っ気たっぷりですv

司会:(観客には)これから映画を見て頂く訳ですが、それぞれから見た見所を教えてください。

ダニエル:語らないのが一番ですよね。
受け取り方はそれぞれだと思うので、語らずにおきます。

司会:そう言われると、後に続く方が答えにくくなりますよねぇ・・・(苦笑)
アンドリューさんは?

アンドリュー:セイム。(右に同じ)
(もうちょっと何か言っていたと思うのですが、ちっとも覚えていません・汗)

パット:セイム、セイム。(右に右に同じ)

キム:セイム、セイム、セイム。(右に右に右に同じ)

・・・ダニエル、司会泣かせやな(笑)

映画が始まる前に、海外、国内メディアのフォトセッションが入ります。
まず4人で撮って(肩を組んだりしてました)、パットさん、キムさんはいったん袖に。
(もちろん、観客席からは大きな拍手が)
その後、ダニエルとアンドリューのツーショットを。
動画に収めるメディアの為に、観客席左側にあるブースの方に顔を向けます。
手を振ったり、親指を立てたりしていました。
上映の時間となり、ダニエルらも袖へ。
(もちろん、い~っぱいの拍手で見送りました^^)

~『四大天王』上映~

上映中は本当に笑いが絶えず、観客全員が心から楽しんでいる!って雰囲気でした。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

15 : 04 : 08 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「第19回東京国際映画祭」ティーチイン | ホーム | 中華音楽の秋♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/165-5addfcca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。