全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
東京紀行
2006 / 10 / 29 ( Sun )
24日、「東京国際映画祭」に参加する為、日帰りで東京へ行ってきました。
その足取りとか、撮った写真とか、徒然に思った事感じた事とか、生彦の感想とかを紹介します。
いわゆる日記です^^;

新幹線に乗って、10時頃に東京駅に着きました。

最初の感想。→ 東京、さむっ!!!
本当にこの日は寒かったですね。
霧雨みたいなのも降っていたし、余計そう感じました。

まずは、『百年恋歌』を見る為、シネスイッチ銀座へ。
山手線外回りで、最寄駅の有楽町駅まではひと駅。
スー・チー、チェン・チャン共演、ホウ・シャオシエン監督で話題のこの映画、地元にも来るかも・・・ですが、折角なので見に行きました。
初シネスイッチです!

20061025182042.jpg


綺麗で洒落ていて、何と言ってもスクリーンが大きいのが魅力の映画館でした。
ただ・・・ちょっと空調が寒かったです^^;
予告編で気になったのが、『カポーティ』と『暗いところで待ち合わせ』。
『キング 罪の王』も面白そうでした。
『暗いところ~』は、乙一の小説が原作。
個人的に乙一の小説はあまり好きではないのですが、これは結構気に入ってます。
恋愛映画として描かれているのかな??
途中の奇妙な感じがちゃんと表現されていれば、チェン・ボーリンも結構好きだし、かなり見たいかもv

映画が終わり、時間は既に1時過ぎ。
急いで渋谷へ向かいます。
東京メトロ銀座線で渋谷までは一本。乗り換えなしで行けます。
で、地下へ降りる前にもう一枚。

20061025182454.jpg

銀座のシンボルといえば、和光の時計台でしょう!!
明治、大正時代からの建築が多く残っているこの周辺、散歩目的だけでも楽しそうですね。

お昼ごはんは、渋谷のカフェで!と決めていました。
旅先でのカフェ巡りも大好きです。
が、その前にどうしてもどうしても!行きたかった場所へ。

20061025190332.jpg

待ち合わせのメッカ!!(?)ハチ公前!!!
(写真には、何故に!?のスピード感が。← ただの手振れですから・笑)
最初分かんなくって、駅インフォメーションの案内係のお姉さんに、「ハチ公前出口ってどこですか?」とわざわざ聞きました。
はい、それぐらい行きたかった場所です。満足^^

この後、急いでカフェへ向かうのですが、迷いました。
迷いに迷って、ようやく目的のカフェを発見!!

20061025191005.jpg

え??どこがカフェなん??
この場末感ありありのビルの2階が、小洒落たカフェになっていました。
なんでも、昔はストリップ劇場だったそうです。うん、そこに惹かれてん(笑)

で、ランチを急いで食べ(でも食後のコーヒーもちゃっかり飲んで^^;)、カフェを後にします。
この時期、町の至るところが「東京国際映画祭」になっていますね。

20061025192413.jpg

20061025192532.jpg

道玄坂を登り、交番のある筋に入って、会場であるシネコクーン(Bunkamura)へ向かいます。
この筋・・・ホテル街なのね。
でも、単館系の映画館もあったりで(鈴木清順特集やってた)、私が東京に住んでたら、ここメッチャ通うやろうなぁ・・・なんて考えながら歩いていると、素敵な被写体を発見!!

20061025193005.jpg

そこには異空間がありました。
家が蔦なのか蔦が家なのか・・・(??)、とりあえず東京イズムって感じです。
ちなみに、この筋の先にBunkamuraがあります。

肝心のBunkamuraの写真を撮るのはすっかり忘れていましたが、中ではすっごいサプライズが!!
入ってすぐ、ロビー真ん中に設置された喫茶スペースで、ダニエルが!!生彦が!!
ファンに囲まれて、サインしたり、写真を撮られたりしてました。
はい、いたんですよ、彦が。
それまで、私の中で二次元でしか存在していなかった彦が、一気に現実のものになった瞬間でした。
彦は、ロビーの照明でオレンジに染まっていました。
が、すぐにその場を立ち、私の目の前を通り、何故かわざわざサングラスを掛け、隣にはアンドリューがいて、エスカレーター(階段じゃないよね?)で下に降りて行きました。
本当に一瞬の事でした。
「頭ひとつ高かったなぁ・・・。後頭部良い形やったなぁ・・・。でも、あまりに二次元の時と印象が変わらへんかったなぁ・・・」と、頭の中は至って冷静なんですが、心臓はバクバクでした。
今も、心臓の動きが少しおかしい気がします(笑)

「『四大天王(しだいてんのう)』のチケットをお持ちの方は、こちらに並んでくださ~い」とスタッフさんの声が聞こえたので、少し早いなぁ・・・と思いながら並びました。
そして、「“しだいてんのう”??“よんだいてんのう”やなかったんやなぁ・・・」とか、徒然~と考えたりしてました。
すると、中華系のメディアの方でしょうか?周辺の人達にインタビューを始めました。
「ダニエル・ウーは好きですか?」、「ファンになってどれくらいですか?」、「他に好きなスターはいますか?誰ですか?」、「ダニエルの映画は何が一番好きですか?」等、色々質問をしていました。
カメラも入場待ちの列を撮ったりしていて、あちらの夕方のニュースとか朝の情報番組とかで流れたのかも。
インタビューに答えておられた方も、「ダニエル・ウーが大好きです!」と力いっぱいアピールされていました。
田舎に居るとあまり感じる機会がなかったのですが、彦って日本でも人気なのね~と、しみじみ感じました^^

会場では、「うさぎの紅い眼」のusakoさんにご挨拶に伺いました。
usakoさんにお会いするのも今回の旅の目的のひとつ。
相変わらず、可愛らしくってお洒落で素敵なusakoさんでした♪

で、彦の舞台挨拶、ティーチインが始まりました。
ティーチインの画像や動画をご覧になると分かりますが、背もたれに右腕を掛け、長~い足は組むのが、この日の彦の基本姿勢でした。
マイクを渡されると、空いてる手は意味なく宙を右往左往。
いかにもアメリカ育ちらしい、ジェスチャーと言うか・・・オーバーアクション?振りでした。
マイクの持ち方も、ふとまじまじ見てみたら、上は人差し指と中指、下は親指といった具合でマイクを支え、小指と薬指はマイクの下に。
なんか・・・ジャニーズかなんかの気取った感じの持ち方っぽかったです。
まだボーイズバンドが抜けないのかも^^
でも、手が大きくって指が長いから、それもすっごいサマになっていて、普通に格好良いな~vvv って思っちゃいました^^;

ティーチインが終わったのが、6時ちょっと前。
彦は名残惜しいですが、友人との約束があり、急いで会場を出ました。
そして、横浜中華街で点心を中心にご飯を食べ、最終の新幹線で関西へと戻ったのでした。
(折角の初!横浜中華街なのに、写真を撮るのを忘れていました↓↓↓)

以上、私のなんちゃって東京紀行でした^^
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 00 : 00 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
<<紅夢 | ホーム | オーロラ姫>>
コメント
--お江戸--

weiyangさん、こんばんは!
お江戸紀行、楽しく拝読しました♪東京は寒かったのですね。風邪など召されてませんでしょうか?
場末感のある場所にある小洒落たカフェ、私も行ってみたいです。
おおっロビーでリアルな彦と遭遇!いいなあ!私なら、取り乱して、思わず警備員に連行されそうな行動に出ちゃってたかも...
ナニハトモアレ、ほんと充実した旅でしたね。素敵なレポ、多謝!

by: 松たけ子 * OGgHy/oY * URL * 2006/10/30 * 18:05 [ 編集] | top↑
--たけ子さん♪--

こんばんは~。
自己満足の日記にわざわざのコメント、本当にありがとうございました。
メッチャ嬉しいです♪

毎日、本当に寒いですね~私はメッチャ健康体です^^;
たけ子さんは大丈夫ですか??
こういった話をしていると、たけ子さんのあの名言を思い出しちゃいます。
私も、ココロはちょっと不健康かも(笑)

ロビーの彦はファンに囲まれていましたが、なんて言うか・・・オーラに押されて?それ以上は無理!って感じでした。
でも、警備員に止められ即退場!な熱烈迷もひとりぐらい居った方が、彦も嬉しかったかな??
場末カフェ、皆さんもぜひぜひ旅の思い出に!!(笑)
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/10/30 * 21:12 [ 編集] | top↑
--その日の--

東京、めちゃくちゃ寒かったですよね。
あの日だけだったんですよぅ。寒かったの。
あの喫茶店のところに、ダニエル、いたんですか~!!
うわぁ。見たかった。会いたかった。
昼寝してギリギリに来てる場合じゃなかった・・・。
今度、東京にいらしたときは、お会いできるといいですねぇ!
また、来日してほしいですね♪
by: ゆうこ * - * URL * 2006/10/30 * 22:16 [ 編集] | top↑
--ゆうこさん♪--

こんにちは~。
この日の東京、やっぱり異常に寒かったんですね。
コート持って行けば良かった!!と、何度となく後悔しました^^;

喫茶ルーム、彦の隣にはアンドリューもいたんですが、彦が頭ひとつ高くて目立つもんだから、最後の最後で気付きました。
舞台挨拶では熱かった彼ですが、こういう場では、さすが明星!クールでした。
彦、近い内に東京へまた行きたいと、ALIVEのブログで言っていたみたいなので、次の来日もそう遠くないかも??
上京しましたら、ぜひぜひお会いしてやってください。
ゆうこさんの幅広い映画トーク、直に聞いてみたいです♪
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/10/31 * 12:13 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/167-364258cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
紀行紀行は、旅行の行程をたどるように、体験した内容を記した文。旅行記とも。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL 小説耽読倶楽部【2007/07/28 13:25】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。