全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
百年恋歌
2006 / 10 / 31 ( Tue )
20061031174544.jpg

THREE TIMES
2005年 台湾
原題/最好的時光
監督/侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
キャスト/舒淇(スー・チー) 張震(チャン・チェン) 他

国内HP 
台湾?HP 

1966年、兵役を控えた若者が、高雄のビリヤード場で働く女性と出会った。恋に落ちた彼は、休暇中にそのビリヤード場に戻ってくるが、彼女の姿はない。若者は彼女を探しにバスに乗る。1911年、遊郭に通う若い外交官と芸妓の間に流れる穏やかな想い。しかしその恋が実ることはなかった。2005年、カメラマンと歌手の出会い。惹かれあう二人だが、それぞれに恋人がいた・・・「goo 映画」より抜粋―

24日の彦の舞台挨拶の為の上京にかこつけて、シネスイッチ銀座にて見てきました。
が、なんと!その日は、ホウ・シャオシェン監督の舞台挨拶が夕方の回にあったとか!!
しかも、俳優の西島秀俊が花束贈呈やらトークやらをしたそうで。
きゃーー!!行きたかったーーー!!!
彦の舞台挨拶とメッチャかぶっているので行ける訳なかったのですが、ちょっと残念です↓↓↓
ホウ監督、パリで次回作を撮影されていたとか。どんな映画なんやろう??
西島秀俊、メッチャ好きv とかやないですが、『さよならみどりちゃん』のダメ男っぷりは好きでした^^
3本のオムニバスからなるこの映画。
約100前、40年前、そして現在を舞台に、それぞれの一組の男女の恋愛模様を描いています。
見どころはやはり、この3組の男女がスー・チーとチャン・チェン、と同じキャスティングであるという事でしょうね。
これは成功だったと思います。
あと、オムニバス形式だった事も。
だって、130分まるまる同じストーリーで、この調子で淡々と続くとなると、やはりちょっとツライかなぁ・・・^^;
でも、映画館で見るという事が前提だと、それはそれで良いんですが。
寝るのも醍醐味(笑)

まず、第一話の「恋愛の夢」。
私はこれが一番好きでした。
初々しいっていうのとはちょっと違うけど、2人の青い感じが清々しかったです。
スー・チーの衣装は、お母さんの若い時の服って感じで、とっても可愛くてお洒落でした♪
チャン・チェンも、お父さんの若い時の服って感じで、イケテないところが良かったです(笑)
台湾の場末?のビリヤード場を、かたくなに一方向のみで撮っていましたね。
この辺りは、やはり小津安二郎監督の影響もあるのでしょうか??

第二話の「自由の夢」。
サイレント映画ちっくな作りで、セリフの音声はなく、セリフは全て字幕(ちょっと違う??画面一面にセリフの文字が出ます)です。
なので、顔の表情や仕草に自然と目が行きます。
なかなか味のある演出ですね。
不思議なのは、音楽はちゃんと入っているという事です。
スー・チー演じる芸鼓が歌うシーンがあるのですが、歌う映像に上から音をかぶせてあるって感じで、それを狙っていたのかなぁ・・・と思いました。
確かに、歌う演技をするスー・チーは結構見入っちゃいました。
ただ、止め絵というか、映像を溜めるシーンが、音楽が入っている為にあまり強調されていませんでしたね。
そのせいか?感情移入がしにくかったような気がします。

そして、第3話の「青春の夢」。
すっごく今風な映画に見えました。
現代の若者の退廃した感じ??がすごく表現されていて、取っ付き難い感じが良かったです。
あらすじを読んで、そうか!やっぱりあの子はスー・チーの役の恋人だったのか!!と、ようやく確認出来ました。
でも・・・、性別が不明な感じの子でしたよね??アップになると、ちょっと男性ちっくやし。
劇中の歌、本当にスー・チーが歌っているんですね。
歌詞とか、今風っていうか・・・ちょっとアングラ?な感じで、若者の主張が詩的に表現されていました。

20061031191004.jpg

冒頭のバイクのシーン、ウィン・シャが撮った彦とスー・チーの写真みたいです。
見ながら、チャン・チェンの顔に彦の顔を切り張りしてました。←コラ!!

全編を通して、音楽が上手く使われていたと思います。
音楽は、林強(リム・ギォン、北京読みはリン・チャン)が担当。
この方、『世界』で初めて知りました。
映画の雰囲気を壊さず、それでいて、力強く主張のある音楽を作られる方というイメージを持っています。
今回もそれぞれの時代の雰囲気を、効果的に盛り立てていましたよね。
他にも、話題の映画を数々担当されています。未見の映画がほとんどですが↓↓↓
歌手としてCDも出されているようなので、その内購入してみようかと思いますが、何から手を付けて良いものやら・・・。
これ良いよ!とかありましたら、ご助言お待ちしています^^

最後に。
チャン・チェン、もうちょっと体を絞った方が良かったのでは??(ごめんね~余計なお世話で^^;)
スー・チー、煙草を吸う仕草が本当に素晴らしい!!
あの気だるいさ加減は、他の女優さんではなかなか出せないと思いました。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

22 : 56 : 18 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ドラゴン・プロジェクト | ホーム | 紅夢>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/176-41cd95ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。