全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
『天堂口』、記者会見の様子
2006 / 11 / 14 ( Tue )
11月12日午後1時より上海で開かれた、『天堂口』の記者会見の様子です。
予告編の上映の後、記者会見となったそうです。
記事には「まだ全貌を見ていないが、しかし予告編は私達を同様に揺り動かした」とあります。
期待が膨らみますねv

20061113172705.jpg
(画像より、「新浪娯楽」記事ページへ。インタビュー記事、動画ページへのリンクあり)

「中華情報局」国内記事ページ
「Yahoo!ニュース」国内記事ページ

製作総指揮のジョン・ウーを筆頭に、監督、出演者がずら~っと並んでいます。
スー・チー、彦、チャン・チェンが足を組んでいるのに対し、悪役のリィウ・イェが組んでいないのがなんか良いです。
それにしても、みんな足が長いですね~。陳奕利監督も結構男前でビックリです。

20061113185433.jpg  20061113201946.jpg

記者会見の司会者にも「非常英俊(とてもハンサム)」と言われてた陳奕利監督と、笑顔が可愛いスー・チー。

20061113202835.jpg  20061113202938.jpg

どれだけの映画人、映画ファンが憧れているんだろう・・・ジョン・ウーと、美人!の李小[王路]。

20061113185533.jpg

彦のジャケット、東京国際映画祭の時と同じですねv チャン・チェン・・・ちょっとコワイ(苦笑)

20061113174650.jpg  20061113174706.jpg

この人が良さそうな二人が悪役!?(トニー・ヤンがどんな役かチェック不足なんですが・汗)
逆に期待しちゃいます。楽しみですね!

↓は、「新浪娯楽」記事ページのジョン・ウー、監督、出演者のコメントを、我流ですが訳してみました。
最初に張家振氏(スポンサー代表)のコメントがあるのですが、省略させて頂きますね。
 
呉宇森:これは私と私の仲間が最も誇らしく思っている作品だ。私達は誇りが若い新鋭の外にあると感じている(??)。最も重要なのは、このように大変優秀な役者と共に映画が作れる事だ。だから私達はとても嬉しく思う。私が中国の馴染み深い映画を離れてから大変久しい。この映画を始める際に、私は全ての役者と一緒に食事をする機会を得た。目の前のひとりひとりのハンサムであか抜けた顔、更に才色兼備な女優・・・私を大変感動させた。彼らはただ演技の方面だけではなく、全て単独で仕事を担当する(??)。なおかつ、中国映画の魅力、中国映画の活力が十二分に現れている。私は見れば見るほど楽しくなって、私の嫁さんは私に酒を飲ませるだけで私を酔っ払わせないはしないが、しかしその日は私は酔っ払った。こんなに優秀な役者を見て、彼らのとても一生懸命努力した演技を見て、とても嬉しい。私は(中国?ハリウッド?を)離れた後にやっと発見したよ、思いもよらないこんなに素晴らしい役者を。一方では私を喜ばせたと言えるが、もう一方では私を苦悩に陥らせた。その他の劇中劇外の全ての役者が大変協力してくれた。ひとつの深い感情がある以外は、大変ロマンチックなラブストーリである。更に新しく作ったのがあって、とても風格化で、過去だけどまだ行った事がないような、新しい意味を持つ大変素晴らしい感情表現があるんだ。この事を言い出すと、私も私の古くからの友人の張家振氏に大変感謝している。彼は心血を注いで、一手に役者の才気を発掘する事を担った。大変な大きい努力を経て、ようやく全ての優秀な役者を寄せ集めて、素晴らしいストーリを提供する。また一方、夢か幻のような取り合わせは「中環娯楽公司」に大変感謝する。彼らは莫大な投資に貢献してくれたばかりか、とても大きい自信を持ってくれている。銀都(?)の機関もあって、更に私達を極めて大きく支持してくれる中国の馴染み深い仲間もいる。

陳奕利:この映画は私の最初の作品だ。(司会者の「監督は皆さん、最初の作品は自分の子供のようだとおっしゃいますが」の振りに)もちろん。自分に大変大きい重圧がある。今日(の予告編は?)は全ての人の演技が非常に良かった。だから私はこの映画が仕上がったら、大変素晴らしいものになるだろうと感じている。
  
舒淇:私はこの映画の中で踊り子です。私はこれまでにこのような役を演じた事がありません。同時に私の演技に対する挑戦でもあります。

李小[王路]:この大変強大な力のある映画に参加する事が出来て、とても光栄です。私は4つの内面があって、それぞれ皆さんに一様でない印象を与えます。それは純真だったり、堕落だったり。私は上手く演じる事が出来るよう努力しました。この機会を与えてくれた監督に大変感謝します。このような多くの役者と共演出来て、大変幸運に恵まれました。

張震:これはとても面白いストーリーで、30年代の上海の映画で、キャスティングがとても良い。撮影を開始して今に至るまで、この映画への期待はとても高い。私は皆さんが好まれる事を望む。

呉彦祖:30年代の上海は、私自信にとって大変自信がある。私の父と(父方の)祖父は共に上海人なので、この映画は私をその時代へ引き戻し、彼らをその時代まで引き戻す。比較的に、私の父を理解する事が出来る。私はこの映画をとても期待している。

楊佑寧:皆さんとの共演が大変嬉しいです。映画の中で、彼らは私を大変サポートしてくれた。私もこの映画に期待しています。

劉:私は呉宇森監督のマフィア映画を見て成長してきて、ずっと自分も映画の中の登場人物になりたいと望んでいました。この映画は私に願望を実現させてくれ、私はあるマフィアの組織のボスを演じる事が出来ました。これは私が初めて試みる役です。その上、更にこんなに多くの優秀な役者との共演。監督、撮影、製作とが一丸となって、この映画を作る事が私も大変嬉しいです。共演はとても楽しいし、素晴らしい映画にすべきです。

以上、お粗末さまでした。
かなり??な箇所もありますが、雰囲気だけでも伝われば・・・と思います。
ついついリィウ君のコメントも敬語にしちゃいました^^だって、雰囲気がそんな感じだから・・・。
彦とチャン・チェンのインタビューも挑戦したいんですが、ちょっと大変そう^^;
頑張れたら、忘れた頃に訳してみます。

最後は、今回のお気に入りの一枚(↓)で。

20061114135553.jpg

お嬢(スー・チー)を囲む二人がなんとも絶妙ですv お嬢の足のエックス具合も◎。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

18 : 41 : 32 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<ウィンター・ソング | ホーム | ショーン、ハッピーバースデー♪>>
コメント
--おとこ祭り映画?!--

weiyangさん、たびたび乱入して、すみません!

あいや~!壮観なメンツですね!どれも美味そうな男ばかり♪特に、やっぱ彦の美丈夫ぶりは、際立ってますね。
チャン・チェン、どーしたの。トンがってるなあ。リラックス!
リィウくん、やっぱデカイ~!が、トニー・ヤンともども、ぜんぜん悪そうに見えないですよねえ。チャン・チェンと彦のほうが、悪役似合ってそう...
引き続き、天堂口情報、楽しみにしてます♪多謝!
by: 松たけ子 * OGgHy/oY * URL * 2006/11/14 * 21:54 [ 編集] | top↑
--こちらにも・・・こんばんわ--

舒淇ったら、それでなくても注目されるのにショッキングピンクの服とは。。。しかも前が短いのですね
劉、もしかしてヒコより背が高そうですよね?
こんなに高いなんてビックリでした。《無極》の時はそんなに感じなかったけど。。。
すべてにおいて楽しみな映画ですね~~♪
by: pepa * - * URL * 2006/11/14 * 22:01 [ 編集] | top↑
--たけ子さん、祭りじゃ祭りじゃ男祭りじゃ!!--

↑の元ネタは、三池崇監督の『妖怪大戦争』です。
決して私のオリジナルのセリフではありませんので・・・、念の為(笑)

そうなんですよ~リィウ君ってば、よいひと・・・って雰囲気全開で。
悪役といえば彦の十八番なんですが、リィウ君も遂にこの分野に参入ですね。
彦に劣らない悪役を見せてくれそうで、本当に楽しみです♪
悪役が似合う男ってイイ男に決まっているんだから、リィウ君に似合わないはずがないですよね^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/11/15 * 00:51 [ 編集] | top↑
--pepa小姐、歓迎再来♪--

スー・チーの服、本当に華!って感じで。
露出が結構あるにも関わらず、健康的でとっても可愛いですね。

彦とリィウ・イエ、同じ186cmのはずですが・・・確かにリィウ・イエの方がちょっと高いかも。
二人の対決、さぞ迫力あるでしょうね~楽しみ過ぎて!本当に待ち遠しいですね。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/11/15 * 00:59 [ 編集] | top↑
--この面子--

楽しみすぎる~~!!
個人的には、リィウ・イエの悪役って、楽しみです。(ほんと、善良そうなのに。)
ほんと、早く観たいですね。
スー・チー、セクシーだぁ。
by: ゆうこ * - * URL * 2006/11/15 * 09:23 [ 編集] | top↑
--またお邪魔させていただきます--

weiyangさん、こちらにもすいません。


リウ・イエって大きいんですね~
知りませんでした。
迫力ある作品になりそうですね。
きっと日本でも公開してくれますよね?

by: える * su7LfdQk * URL * 2006/11/15 * 09:26 [ 編集] | top↑
--ゆうこさん、こんばんは♪--

どんだけ期待させるねん!って感じですよね。豪華過ぎ!!
リィウ・イェの演技は監督、共演者共に大絶賛だそうです。楽しみですね♪
セクシーなスー・チーとのツーショット、劇中でもいっぱい見たいなぁ。
↑だと、どうしても「お嬢と下僕」って感じですが^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/11/15 * 21:35 [ 編集] | top↑
--えるさん、こんばんは♪--

リィウ・イェ、おっきいんですよ・・・私も今回初めて知りました。
彦とリィウ・イェが上海テーラーの見事なスーツで対決するんですから(勝手な想像ですが・苦笑)、さぞ格好良くって綺麗で!たまらん迫力だと思います。
中国等の公開は来年夏の予定だとか。
ジョン・ウー製作総指揮で、なおかつこ~んな贅沢な夢の共演です。
日本公開も絶対ある!と信じています。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/11/15 * 21:47 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/186-b10525f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。