全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
ワンナイト イン モンコック
2006 / 12 / 11 ( Mon )
20061211162711.jpg

2004年 香港
原題/旺角黒夜
監督・脚本/爾冬陞(イー・トンシン)
撮影/姜國文(ビーナス・クェン)
音楽/金培達(ピーター・カム)
アクション指導・キャスト/錢嘉樂(チン・カーロッ)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 張柏芝(セシリア・チョン) 方中信(アレックス・フォン) 林雪(ラム・シュー) 他

国内HP 

香港きっての繁華街・旺角(モンコック)で、チンピラ同士のいざこざがエスカレートした事から、そこを仕切る2つの組織の片方のボスの息子が死んでしまう。怒ったそのボスはもう一方のボスを消すため、大陸から殺し屋を呼び寄せる。やって来たのは青年フー(ダニエル・ウー)だった。一方、この抗争事件を担当することになったミウ警部(アレックス・フォン)は、殺し屋の潜入を知って後を追う・・・―「goo 映画」より一部抜粋―

今日はマイバースデー。なので、私の中で特別な映画の感想を。どのくらい特別かって!撮影や音楽監督さんまで載せちゃうくらい特別です。いつもは面倒臭くて載せない・・・。←コラ!
友人からDVDが返ってきたので、早速見ました。多分半年ぶりくらい。
最初見た時も感じましたが、この映画って中盤辺りまで結構地味な印象ですよね。
最初の時は、『インファナル・アフェア』三部作を見た直後に見たからっていうのも^^;でも、特に大きなマフィア組織だとか凄腕のスマートな殺し屋とかが出る訳でもないし、警察側もピシッと制服で格好良いパフォーマンスをやる訳でもない。日常に近い・・・と言うとちょっと違いますが、全く異世界のストーリーと隔離しては見れない、そんな地味さです。
そして、この地味さが一転して、転がるようにあのやるせないラストに・・・このスピード感がたまりません。転がるような焦燥感を感じるだけ感じさせといて、誰もあのラストを防げ得ないのです。
このやるせなさは極上ですね。もちろん、実生活では絶ッ対!味わいたくないですが。フィクションだから良いんです^^;

この映画を初めて見た時の、本当に本当の彦の第一印象は・・・吸血鬼みたい。
だって、細くって長身で目がギョロッとしてて、鼻もちょっとワシ鼻っぽくって唇は薄くて・・・私が幼い時に思い描いていた吸血鬼にホントそっくりです。
美形だとかスタイリッシュだとかスマートだとか、今はそういった印象のある彦ですが、この時の私の印象は野暮ったくちょっと神経質(カッとなり易い)といった感じでした。
なので、そのおのぼり彦がテリブリー香港で、右も左も分からずただ運命に弄ばれる姿は、たまらなく胸が詰まりました。あぁ・・・誰か彼を家へ返してあげて!!みたいな。緊迫感も5割増し。今回改めて見ても、喉の奥がキューーッとしちゃいました。
『夜宴』、『明明』、『門徒』、『天堂口』と多くの彦の映画が待機中で、もちろん楽しみで仕方がないのですが・・・もし叶うならば、鑑賞中は彦の事をスッパリ忘れたい。そして、何度も何度もその存在に一から惚れたいです。どの映画を最初に見ても、絶対スルーしない、確実に惚れる自信があります!(苦笑)もちろん、今のように彦を成長ぶりに何度も何度も惚れ直すっていうのも、たまらん魅力的なんですが。

この映画が大好きな理由のひとつは、群像劇であるという事です。
私は主人公ひとりだけに焦点が当てられている映画より、複数の人間が丁寧に描かれている映画の方が好きなんです。この映画は正にそれ。だって、もしかして彦よりアレックス・フォンの方がメインなんじゃ!?と思っちゃうくらい、ミウ刑事の感情とか警察側のドラマが丁寧に描かれているような気が。それに、その他の刑事たちも個性豊かで。この人は喧嘩っ早いんだとか、理性派なんだとか、よく気が付くんだとか、そういったのがなんとなく分かりますよね。そういうとこがたまらなく好きです。
そうそう!今回、チン・カーロッの役が好きだ!っていう事も再確認しました。一重(奥二重かも)だしv DVDの映像特典の日本未公開シーンの、車をバックさせるあの定番の姿勢をする彼に、にへら~でした^^やっぱり良いわぁ、あの姿勢vv
それに、ラム・シューの役も良かったですね。小悪党っぷりも笑えて良かったですが、滲むように人間らしさや良心みたいなのが演出されてて。未公開シーンの情報屋にお弁当?を投げ付けてからかうシーンなんかも、本当に人間味があって良かったです。

そして、やっぱりアレックス・フォン演じるミウ警部が可哀想な映画でしたね。『ダブル・タップ』の優しく正義感があって、何より幸せだったはずの彼の数年後・・・辛過ぎます。これからも罪の意識を背負ったまま、彼は警察官を続けるのか?続けられるのか??彼の今後が見たいような見たくないような・・・正にジレンマです。
それにしても、アレックス・フォン!くたびれた感がたまらん色気になっていますよね。くたびれた中年男の定番!薄い色のジャケットが本当によく似合っていますv
顔は本当に男前だし、目には犬っぽい人懐っこさと、背中には中年男の哀愁が。ちょっとトニー・レオンっぽいかも。そのせいか?派手なアクション映画より、地味な文芸映画が似合うような気がします。『ワンナイト~』に文芸テイストを感じるのは、アレックス・フォンによるとこが大きいのかも。

20061211231646.jpg  20061211231628.jpg

↑は、その文芸テイスト溢れるアレックス・フォンの姿。正に哀愁。

セシリアもすごいです。この娼婦のしたたかさや優しさや弱さを、見事に演じ切っていました。
彼女の無力さ加減に、最初見た時はイライラしてしまいましたが、非力で暴力に怯えるひとりの女性の当たり前の姿だったんでしょうね。
彦とのやり取りのひとつひとつが好きです。買い物に連れ回すシーンも、「香港は天国みたいだ」と語るシーンも、ベットで頭を寄せるシーンも。このふたりはお互いに、香港で唯一安らげる人間だったんでしょうね。雑踏の中では、そのふたりぽっちな感じが本当に良く出てて。もちろん恋愛とかじゃなく、魂が自然に寄り添ってしまったというか。そんな彼らが、まんまと香港という都会に飲み込まれてしまうラストは、本当にやるせないし悲しいですね。

偶然という必然が全てを紡ぐ――この映画の最大のテーマですよね。
そして、私もこの映画に偶然という必然、縁を感じます。
この映画で香港映画が決定的に好きになり、なんと言っても彦に出会いました。好きが高じて(先走って?)、こんなブログをやってみたり。そしたら、嬉しい事に多くの方に声を掛けて頂けて。本当に縁だと思います。この縁を大切にして、もっともっと香港映画や彦への興味を増していきたいと思います。よろしければ、どうぞお付き合いくださいね^^
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 28 : 44 | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
<<独り三島由紀夫祭り | ホーム | ALIVE、最後のバンド活動>>
コメント
--まずは、--

お誕生日おめでとうございます!!
すばらしい1年になりますように♪
「ワンナイト イン モンコック」なぜ、セシは逃げているわりにコートがめだつの・・・・とおもいながらも、かなり話にのめりこんだことを思い出します。
ダニエルと演技もよかったなぁと思いました。
by: ゆうこ * - * URL * 2006/12/11 * 23:48 [ 編集] | top↑
--ゆうこさん♪--

ありがとうございます!
サモ・ハンとレオン・ライと同じ誕生日で本当に嬉しいです。何が何でもすばらしい1年にしなきゃ♪
『ワンナイト~』のセシ、コートは赤でブーツは紫で網タイツ。ダニエルも無駄にでかいし。
なんて目立つふたり連れだろ、と私も思いました。なのに、ちゃっかり見逃す警察の無能っぷりが(笑)
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/12/12 * 12:15 [ 編集] | top↑
--はっぴいばーすでい♪--

weiyangさん、遅ればせながら、happy birthday♪I wish it'd be a great year for you♪
サモハンとレオ・ライと同じ誕生日なんですね。どっちと年齢が近いかは、尋ねますまい...
おのぼり彦inモンコック、哀切でしたよね。セシリアが、妙に娼婦役が似合ってたような?

そうそう。アメリカでは、オスカーの前哨戦賞レース開幕ですね。オスカー外国語映画賞に「夜宴」がノミネートされてほしいですね。「黄金~」のコン・リーが下馬評に挙がってるのも、嬉しいですね。頑張れアジア勢♪
by: 松たけ子 * OGgHy/oY * URL * 2006/12/12 * 15:56 [ 編集] | top↑
--たけ子さん♪--

ありがとうございます!
年を取るのが嬉しい年齢ではもうありませんが(悲)、こうやって言葉を頂けるとやっぱり嬉しいです^^

セシの娼婦、とっても良かったですね。彼女しか出せない、独特の“安い”雰囲気がありましたよね。良い女優さんだと思います。家庭に入っちゃ勿体ないです、やっぱり。

オスカー、もうそんな時期なんですねぇ。そういえば、TVで渡辺謙がどうとかやっていました。『夜宴』や『黄金~』の頑張りに私も期待しちゃいます。ノミネートされれば、監督やキャストへの世界的評価もぐっと上がりますし。彦やジェイやリウ君の、世界での活躍を見る日も近いかも^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/12/12 * 18:07 [ 編集] | top↑
--生日快樂★--

遅くなりましたが weiyangさん お誕生日おめでとうございますi-269
素敵な1年になりますようにi-228

すごく素敵なテンプレートですねっ!ひこにゃんもいる~(笑)

weiyangさんの素晴らしいi-189記事を読んだら なんだか私もまたワンナイト・イン・モンコック観たくなってきましたi-228
あのラストを観て やるせない気持ちをまた感じたいような、でもやっぱり辛いから観たくないような…(笑)
私の印象に残ったシーンは セシの鞄を必死に取り返そうとするダニエル でした。
なんだか切なく感じましたi-227

weiyangさんがよく アレックス・フォン アレックス・フォン と言っているので、すっかり覚えてしまって、観た映画に出てたら
「あ、アレックス・フォンや!」 と思うようになりました(笑)
『ダブル・タップ』という作品の続きみたいになってるんですか??
今度チェックしてみますi-179
by: sajee * uoE2JWmY * URL * 2006/12/12 * 21:05 [ 編集] | top↑
----

遅ればせながら お誕生日おめでとうございます
何時も本当に素敵なひこ記事を 載せてくださって有難うございます
素敵なテンプレートですね。。。可愛いひこがいっぱいです

これからが もっと素敵な女性になる年齢ですね
頑張って女を磨いて 素晴らしい1年を送って下さい

by: usako * dN1wHbUA * URL * 2006/12/12 * 21:07 [ 編集] | top↑
--sajeeさん♪--

ありがとうございます~素敵な1年にします!
ひこにゃんへの反応どうもです!あれからもひこにゃんが忘れられず、実物に会いに行ったりも(苦笑)でも、時間が合わずに会えず仕舞い・・・↓↓↓いつか必ず会って、ツーショット写真を撮ってきますね~^^

『ワンナイト~』の鞄のシーン良いですよね。あの雑踏の中で、ひとり残されたダニエルの姿も本当に切なくて。
アレックス・フォン、アレックス・フォンと、私ってば・・・(恥)そのくせ、彼の映画は4本くらいしか見ていない私^^;確か、最近ショーンとドラマで共演していましたよね。『ダブル・タップ』、ぜひぜひ!レスリー主演で、アレックス・フォンは『ワンナイト~』と同一人物を演じています。

今度WOWOWで、チェン・ボーリンの『アバウト・ラブ』を放送します。sajeeさんオススメのボーリン、楽しみで仕方がありません♪見るの忘れないようにしなきゃ!ところで、『暗いところで待ち合わせ』はもうご覧になりましたか?私は今週中に見に行く予定です^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/12/13 * 00:32 [ 編集] | top↑
--usakoさん♪--

ありがとうございます!
女を磨く・・・この1年の一番大きな課題です。
出来る事なら、usakoさんのように人に何かしらを惜しみなく与えられる人になりたいです。なんて、これはまだまだ先の課題ですが・・・私じゃまだ青い^^;

テンプレの彦は秋冬の装いやスーツ姿等、少しでもクリスマスっぽく・・・と。露出系が多いと見ている方が寒くなっちゃいますしね。それにしても、どの彦も本当に可愛くって格好良くって・・・セレクトをかなり悩みました^^;
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/12/13 * 00:45 [ 編集] | top↑
--ひこにゃん!--

weiyangさん こんばんはi-88

なかなか忙しいんですねひこにゃん(笑)
ツーショットi-68ぜひぜひ達成してください!!
私も撮りたいなあi-230

えっ ショーンとアレックス・フォンがドラマで!?全然知らなかったです~(笑)
『ダブル・タップ』ぜひ観て見ます◎

観ましたよ~『暗いところで待ち合わせ』
チェン・ボーリンは『シュガー&スパイス』の時より全然 日本語上手になってましたよi-179
チェン・ボーリン映画、楽しんでくださいね~
そして感想などもぜひ聞かせてくださいませi-179


by: sajee * uoE2JWmY * URL * 2006/12/13 * 22:45 [ 編集] | top↑
--sajeeさん♪2--

こんにちは~^^
ひこにゃん、ぜひぜひ会いに行ってください!共にツーショットやりましょう!(笑)

ショーンとアレックス・フォンのドラマは『浴火鳳凰』というタイトルです。
『浴火鳳凰』HP→http://www.hkatv.com/drama/06/ashesphoenix/
ちょっと昼ドラちっくなのかな??でも、ショーンもアレックス・フォンもメッチャ格好良いですね~v 日本でも放送してくれたら良いですね^^

『暗いところ~』、既に鑑賞済みなんですね~さすがsajeeさん!これ、最近のミニシアター系の映画の中では人気みたいですね。私は今週末に出掛けます。また駄文連ねると思いますが^^;、よろしければお付き合いください。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/12/14 * 12:23 [ 編集] | top↑
--こんばんわ!--

まずは大変遅くなりましたが…お誕生日おめでとうございます!りよんと同じ誕生日だったのですね。これからまたたくさん素敵な事がありますように…
ワンナイト・イン・モンコック、田舎っぽいヒコですが…結構好きな作品です。いろんな役がこなせるヒコ、魅力いっぱいですよね!これからの作品でどんな演技を見せてくれるのか、本当に楽しみにです(^^)
by: pepa * - * URL * 2006/12/14 * 17:36 [ 編集] | top↑
--pepaさん♪--

こんばんは~^^
ありがとうございます!ここ数日毎日、皆さんからお祝いを頂けて、と~ってもと~っても嬉しいですv
そうなんです、りよんと同じ誕生日なんです。折角同じなんだから、素敵な事が絶対ある!と勝手に確信までしています^^;

田舎モン彦も素敵でしたよね。母性本能をくすぐるというか・・・。
本当に今後が楽しみな俳優ですよね、彦は。今から、来年の日本公開ラッシュ(になると固く信じています・苦笑)が心待ちですね~ご一緒に楽しみましょう♪
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2006/12/15 * 00:52 [ 編集] | top↑
--日曜日、彦様映画を3本借りてきました!--

近くのTSUTAYAは、香港映画
をほとんど置いてなかったので、
彦主演の映画は、ほとんどありませんでした!
大きいTSUTAYAに探しに行ったら、
いくつか見つかったので、この3本のDVDを借りました。

華の愛
ワンナイト イン モンコック
パープルストーム

ワンナイト イン モンコックから先に見ました↓
この彦、 タフで男前でSexyーな本来のイメージとかけ離れている。 田舎者の殺し屋 フー可愛いですね!
母性本能をくすぐるょ。可愛いーーーーーーーーーーーーーーーーもえ。

映画の評価にならなくて、本当に申し訳ない↓
悲しい話なのに、彦があまりにも可愛いから
彦だけしか目に入らなかったよ!
明日こそは、華の愛をみます。
by: ニコル * - * URL * 2007/01/29 * 21:36 [ 編集] | top↑
--訂正&追加--

>彦主演の映画は、ほとんどありませんでした!

○彦主演の映画は、ありませんでした!


ダニエル ウーに似ている人を見つけました。
怒らないで聞いてください↓

俳優→→→アンディー ラウ

漫画のキャラクター→→→ネコ娘(ゲゲゲの鬼太郎)

日本のモデルー→→→ニコル(エトレンヌ所属事務所)
            ar2月号 、Zipper3月号に出ています
    
by: ニコル * - * URL * 2007/01/29 * 21:46 [ 編集] | top↑
--最後のシーンが好き!--

フーがヤクザに殴られて、瀕死の状態で
ブチ切れて仕返しをするシーン
がお気に入りです。

すかっとする! 大人しい気の弱い私だけど
一度いかれるぐらいぶち切れてみたい。

by: ニコル * - * URL * 2007/01/31 * 10:50 [ 編集] | top↑
--ニコルさん♪--

マイベストフォーバリット彦映画、ご覧になったのですね。
確かに、この彦は母性本能をくすぐりますよね。大都会で迷える子羊ちゃんって感じで。sexyな彦があえて脱がないなんて、ある意味マイナスだと思います。でも、だからこそ俳優としての真価が問われる、難しい役だったのでしょうね。見事に演じ切っていましたよね。でも・・・やっぱり、彦のsexyさはそこはかとなく漂っていたように思います。
ブチ切れて仕返しのシーン、すごいですよね。私は見ていると、スカッとする前におなかが痛くなります^^;

彦似の方々、なるほど~と読ませて頂きました。
アンディは、よく似ているって言われますよね。私も最近、たまにそう感じます。ネコ娘は似てるかも!ギョロッとした目が特に(笑)。モデルのニコルさんって、女性なんですね。彦も綺麗な顔ですし、女性でも確かに似通ってたりしそうです。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/02/01 * 23:45 [ 編集] | top↑
----

こちらにも、お邪魔します。
一年前のお誕生日なんですね…だからこの作品なんですね…
そんな記念すべきエントリーのコメント欄の末席をお借りするなんて、緊張しますが…

不覚にも泣けてしまいました、この作品。
忘れられない映画になりました。ご紹介頂いてありがとうございます。
こんな不条理があっていいのか…って悔しい気持ちになりますね。
彦くん=おのぼりフーの誠実さや賢さそしてキレるところも含めて、すべてがどんどん彼を窮地に追い込んでいくので、緊迫感から解放されることがありませんでした。
そうだったのですかー! アレックス・フォンの刑事が『ダブル・タップ』に繋がること、初めて知って感激です。どこまでも悲しいですね…
>文芸テイスト溢れるアレックス・フォンの姿。正に哀愁
言い得てますね! いい役者さんですね。
weiyangさんも群像劇がお好きなんですね。私も特に青春もの群像劇が好きで、オムニバスものも好きです。
リストの他の作品はまた近々。ではでは。
by: fizz♪ * 0HzTjQFo * URL * 2007/12/17 * 01:05 [ 編集] | top↑
--fizz♪さん♪--

いえいえ。fizz♪さんにコメントを頂けて、本当に本当に光栄です~☆

これは、私の最も愛する映画の一本です。fizz♪さんにとっても忘れられない映画になったそうで、それが何より嬉しいです。
不条理。正にその通りで、フーにタンタンにミウ刑事。あのような結幕を迎えなければいかないような、いわゆる悪人は一人もいませんよね。フーにしてもミウ刑事にしても、その瞬間まで知りもしなかった相手を殺す。それが何より辛くて痛かったです。どうしてこんな事になるのか、納得がいかなくて歯がゆくて、私なんぞ腹痛まで起きてしまいました。(我ながら大げさですが、事実です^^;)フーは香港という都会に、ミウ刑事は『ダブル・タップ』から引きずる運命のようなものに飲まれてしまったのかもしれませんね。
アレックス・フォン!本当に良い雰囲気の俳優さんですよね。ラーメンが似合う似合う♪(笑)チョ~大好きなんですが、あまり彼の作品が見れていないのが本当に残念です。
はい、登場人物がとにかく多い作品が好きです。だから、私の最愛の雷蔵さん作品が『新撰組始末記』なんですよ(笑)
オムニバスといえば、fizz♪さんのブログで紹介されいていた、『パリ、ジュテーム』が大変面白そうです。是非見たいなぁ。
他の彦作品のご感想も、心より楽しみにしております。次はなんだろう~??(うきうき♪)
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/12/17 * 22:10 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/213-3570f2d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。