全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
盛夏光年
2007 / 02 / 02 ( Fri )
20070202141921.jpg

ETERNAL SUMMER
2006年 台湾
「第19回東京国際映画祭」にて上映
邦題/永遠の夏
監督/陳正道(レスト・チェン)
キャスト/張孝全(ジョセフ・チャン) 張睿家(ブライアン・チャン) 楊淇(ケイト・ヨン) 他

台湾HP 
映画主題歌(五月天×阿信)関連ページ 

物語は、海の近くに建つ静かな初等学校から始まる。問題児のシェーンと優等生のジョナサン。クラスで行った「リトル・エンジェル」と呼ばれるゲームで、この2人の人生は永遠に変えられてしまう。このゲームは、出来の良い生徒と手に負えない生徒がペアになって行われる。そして、シェーン(ジョセフ・チャン)とジョナサン(ブライアン・チャン)の仲は禁断の関係に発展していく。すべてがとても自然に、うまくいっていった2人の世界に入り込んでくる寂しい少女キャリー(ケイト・ヨン)。台湾の大地震を背景に、秘密を共有する3人が海辺に戻ってくる。その秘密とは・・・―「第19回東京国際映画祭」関連ページより抜粋―

香港旅日記の第一弾は、あちらで見た映画の感想を書こうと思います。先に書いておかないと、私の乏しい記憶力では即効忘れそうなので(汗)

ちなみに、入った映画館は「嘉禾港威」。マンゴープリンとかで有名な「糖朝」の斜め向かいにある映画館です。『インファナル・アフェア』で、エリック・ツァンとアンディが密会に使っていた映画館がここだとか。その後にトニーさんがアンディをつけてた場所もすぐ分かったので、バッチリ見てきましたよ♪人通りも交通量も多い道に面しているのね、とちょっとビックリでしたが^^;

ルイス・クーの『生日快樂』と迷ったのですが、北京語なのと予告編が良かったので、『盛夏光年』を見てきました。そう!『門徒』の予告編も大画面で見れました!メッチャ大音量で心臓に悪かったのですが、本当に迫力があって。かなり恐い印象を受けました。日本公開、今からホント~に楽しみですね♪

以下、ネタバレで感想です。今回は長いです。
物語の冒頭、3人の男女の心身共に傷付き、疲労し切った姿が。青が滲み出たような色彩の画面からは、痛みに似た何かが伝わってきます。

20070202200615.jpg

↑はポスターですが、こんな感じの色彩の画面でした。全編を通して、青とか緑とかを基調にしていたように思います。

20070202182542.jpg

そして、少年時代のあるゲーム。この辺りが中文・英語字幕では???だったんですが、彼らの関係はこの友達ごっこのようなゲームから始まるみたいです。このゲーム故の友情、というところに溝が生まれ、友情や愛情の堺が分からなくなってしまったのでしょうか?となると、このゲームを提案した先生ってかなり罪やなぁ。
そうそう。先生が生徒のおでこにテストの点数を書くシーンがあるんですが、観客から笑いが起こってました。確かに問題アリですよねぇ、それって。教育委員会とかから怒られそうです。

高校生になったふたりは、朝も一緒に登校し帰りも一緒。ジョセフ・チャンのシェーンがバスケットしているのを、ブライアン・チャンのジョナサンが眩しそうに眺めてたり。端から見たら、それなりに気持ち悪いふたりです。女子の間では、絶対ホモ説が流れていると思われます。

ケイト・ヨンのキャリーが最初に好きになったのは、ジョナサンの方。台北に行こうと誘います。
その誘うシーンなんですが、ジョナサンがキャリーの髪の毛をカットしているんです。どうやら校則では腰までのロングは駄目みたいで。それを何故かは分からないんですが、ジョナサンがカットしてて。
そのシーンのブライアン・チャンの横顔が良い!キャリーの顔にメッチャ接近してて、たまらん色っぽいです!そのシーンのスチール写真は見付けられなかったんですが、ブライアン・チャンの横顔は↓。うん、なかなか綺麗な横顔ですよねv

20070202184135.jpg

で、台北で遊ぶふたり。
おのぼりで浮かれた?ジョナサンがピアスを開けるんですが、ふとん針みたいなのでエイッと勢いでひと尽き。・・・ピアッサーとか使わないんや(汗)。観客からも、痛そ~的な小声(もちろん広東語)が漏れたりしていました。

20070202182607.jpg

20070202182632.jpg

どうでも良いですが、私も同じ側の耳に片方だけピアス空けてます。お揃いv
でも、このピアスはこの後すぐに排水口へ。
ジョナサンとキャリーはホテルへ。いざ・・・となって、ジョナサンは気付きます。自分のそういった対象がキャリーではなく、親友であるシェーンだという事を。思わず浴室に駆け込み、ピアスを洗面台の排水口へ投げ捨てます。小道具を使って、なかなかドラマチックに盛り立ててますよね。
この辺りから、ジョナサンの痛みがどんどん濃くなっていきます。

20070202184119.jpg

上半身裸で寝るジョナサン。部屋の外では、シェーンがドアを叩いて起こします。
このシーンのジョナサンがあまりにエロエロで。レスト・チェン監督(もしくはカメラマン)は絶対ホモッ気がある!と、勝手に確信しました。にしても、監督は1981年生まれ。若い!他のスタッフはそうそうたるメンバーだし、業界からもさぞ期待されているんでしょうね。

20070202175404.jpg

恥をかかされたキャリーが、その原因となったジョナサンの好きな男を確認に?
ジョナサンを挟んで、キャリーとシェーンの間で火花が散ってて、ちょっと面白いシーンでした。途中、にわかに自転車レースっぽくなってたし。
このシーンは、両脇に田んぼの広がる一本の道で。日本となんら変わらない台湾の田園風景が、何故かたまらなく嬉しかったです。

20070202210533.jpg

なんでか流れで、3人でお茶をしたり。初めはジョナサンとシェーンが隣同士に座っているのですが、キャリーに指摘されて↑の位置に移動。思えば、この時から3人の関係が変わったのかも。
その後シェーンとキャリーは付き合う事になり、ジョナサンはシェーンへの気持ちを抱えたまま、浪人生活を送ります。シェーンの事で勉強にも身が入らなくなっているご様子で・・・ホント可哀想でした。
なのに、シェーンは上半身裸で、勉強中のジョナサンの目の前をウロチョロしたり。そんなの蛇の生殺しやわぁ。ジョナサン、半分泣き顔になってました。

シェーンとキャリーが付き合っていると知ったジョナサン。
多分、それは台湾の大地震の夜に分かったのかな?この大地震の使い方も絶妙なんでしょうが、この辺りになると字幕が全く分からなくって。意味がほとんど把握出来ていないのが残念です。

20070202182727.jpg

20070202182957.jpg

苦しい息の中から「俺とキャリー、どっちが好き?」とシェーンに尋ねるジョナサン。その声は、クラブの騒音でシェーンには届きません。いや、聞こえない振りをしたのかも。店を走り出るジョナサン、それを追うシェーン。
「俺は本当は友達になりたくなかった。ゲームだから仕方がなくなったんだ」、ジョナサンの口から出た真実。
シェーンの腕を振りほどき飛び乗ったバスの車中で、涙がひと筋ふた筋と流れます。
・・・なんて、実はこの辺りもホントうろ覚えです^^;セリフも適当。
でも、ジョナサンが「どっちが好き?」と尋ねるシーンと、バスで泣くシーンはとっても気に入っています。切なかったです。バスのシーンは、泣いちゃう気持ちが分かる。バスって対面じゃないから、泣き易いんですよねぇ。バスの揺れもイイ感じに涙を誘うのです。

20070202182823.jpg

自暴自棄になって、見知らぬ男と・・・。(オイオイ)

20070202184148.jpg

テスト(入試?)も最悪。解答用紙をビリビリ破いて捨てるシーンが、とっても印象的でした。手すりから手だけが出てて、ジョナサンの痛みが滲み出ていました。

ジョナサンの事を考えてて、事故を起こしたシェーン。警察まで迎えに行くジョナサン。
帰り道(台湾なので、もちろん原チャの2ケツ)、運転するジョナサンの背中にそっと顔を寄せるシェーン。
???あれ!?
シェーンの部屋に着いて、ベットでいつものようにふたり並んで寝転んでいます。が、そこでシェーンが服を脱ぎ、ジョナサンの上に・・・。
???あれれ!?彼も実は好きなの??
それにしても、結局はいかついシェーンが上で、美少年タイプのジョナサンが下って・・・ゲイムービーの鉄則なんでしょうか?話の流れ的には、逆が自然やと思うんですが・・・。なんて、無駄にいらん事が気になる私です^^;

ちなみに、香港ではこの映画は3級片でした。成人向け。
『美少年の恋』は2級片でしたよね。結論。ナマ尻は3級片!(笑)

ラストは、かなり???でした。
3人が海へ行き、口論になり取っ組み合いになり。
キャリーが、「ちゃんとふたりで話し合いなさい!」みたいな事を言って。
ジョナサンの「俺の秘密を知っても、まだ俺と友達でいられる?」という言葉に、「お前は俺の親友だ」と返すシェーン。その言葉を聞いて、涙を流すジョナサン。ジョナサンの顔のアップが映り、映画も幕となりました。
え?恋愛は成立したんじゃないの?だって、肉体関係持ったやん。結局彼らが求めた関係は、愛情ではなく友情だったのでしょうか?
う~ん、理解不能。やっぱり日本語字幕がないと駄目ですねぇ。日本公開したら、もう一度見てリベンジを図りたいと思います。それでも分からなかったら、そういう映画なんやなぁ・・・と^^;

いつも以上に、ダラダラあらすじを追った感想になっちゃいましたが^^;日本公開の時に読み返してみて、答え合わせをしようと思いまして。全然違ってたらどうしよ・・・(汗)。その前に、日本での一般公開はあるのかな?YAOI文化を生んだ日本人に絶対受けそうな内容なので、ぜひぜひ!と願っています。

この映画のスチール写真は、ウィン・シャなんだそうです。
映画のタイトルといい、かなり『ブエノスアイレス』を意識したっぽいですよね。見た直後より、時間がたった今の方がじわじわときています。台湾の青春映画って青くて痛くて余韻があって、私は大好きです。
この映画のジョセフ・チャン(やなくって・汗)ブライアン・チャンの演技が、台湾の金馬奨の新人賞に輝いたとか。確かに、主演の3人共がホント良い演技でした。

20070202223420.jpg
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

22 : 46 : 47 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<『門徒』の大胆スチール写真 | ホーム | ただいまです♪>>
コメント
--おかえりなさいませ♪--

weiyangさん、おかえりなさいませ~!旅の余韻まだ醒めやらず、でしょうか。楽しく充実した香港daysだったことと存じます。お土産話、じゃんじゃかお願いします♪

あいや~!「盛夏光年」面白そう~!まさに、バリバリなYAOIである私のためにあるような映画やんけ!み、観たい!日本では正式に劇場公開されないのでしょうか?

「門徒」も早く観たいなあ。無間道で使われてた映画館とか、私もインファナルめぐりしたいなあ。
「満城尽帯黄金甲」香港では、話題&ヒットしてる感じでしたでしょうか?
by: 松たけ子 * OGgHy/oY * URL * 2007/02/03 * 13:52 [ 編集] | top↑
--たけ子さん♪--

ただいまです!

『盛夏光年』、たけ子さんもきっと気に入って頂けるハズ。
青くて痛くて切なくて。なかなか見応えがありました。
日本での一般公開は今のところ???ですが、絶対日本受けしそうなので、その内きっと・・・と勝手に確信しています^^;

『黄金~』は、既に見る影もなく・・・でした。上映館がかなり少なくなっていたのかも。でも、香港金像奨では色々ノミネートされているみたいですし、話題性はあったのでは!?ジェイ、リウ君共に助演男優賞ノミネートですし、こちらも日本公開が楽しみですね。

インファ巡り、私もまだまだなので、次回は色々と行ってみたいです。特に、あの変な寺とか・・・。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/02/03 * 22:59 [ 編集] | top↑
--台湾の田園風景--

この映画は未見ですが、日本でも一般公開になって一部の層で盛り上がっているみたいです。

台湾の南部は日本の田園風景みたいなんですね。『夏天的尾巴』にも、同じ風景が出ているし。
by: おおくぼ * 5lgk84Pk * URL * 2007/11/11 * 19:23 [ 編集] | top↑
--おおくぼさん♪--

こんばんは!
そうですかぁ、盛り上がっていますか。芸ムービー以前に、台湾らしい痛酸っぱい青春ムービーだと思うので、その内おおくぼさんのご感想も是非伺いたいです。

本当に日本の田園風景そのままですね。ノスタルジーとか、台湾映画もそういうのが似合う気がします。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/11/11 * 20:41 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/254-19c8830c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。