全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
チン・シウトンvsトン・ワイ
2007 / 02 / 13 ( Tue )
ここ最近、漫画の映画化がメッチャ多いですね。
知らん間に、松本次郎の「フリージア」も映画化!??主演は玉鉄!!?「フリージア」、最初の数巻しか読んでへんけど、どうなってんのかなぁ??映画見て、確かめてみようかしら。

漫画の映画化と言えば、『どろろ』と『墨攻』を見ました~。
やっぱりこの映画達の見所は、香港を代表するアクション監督であるチン・シウトン、トン・ワイによるアクションでしょう!なので、この記事も無理矢理「感想【香港映画】」のカテゴリーにしちゃいます。
見てからちょっと間が空いちゃったんですが、遅ればせながらネタバレしつつ感想を。
『どろろ』

全体のトーンがわざとらしくセピアだったり、百鬼丸やどろろの過去の導入の仕方が形式的過ぎたり。見ている途中、頭の中はなんか否定的でした。でも、見終わってみると・・・やっぱり楽しかった!しかも、結構良い余韻に浸れました。
百鬼丸演じる妻夫木聡、陰を出そうと頑張ってましたね。最初は馴染まなかったけど、ラストの方では結構格好良く思っちゃいました。でも、人間らしく感情的なとこが、やっぱり一番良かったかなぁ。「どろろー!」って叫ぶとことか。彼の持ち前の少年っぽい魅力が光ってました。
どろろ演じる柴咲コウ、頑張ってるんだけど・・・ちょっと頑張り過ぎ!??空回ってた感じも。乱暴な言葉遣い、そらぁもう似合うんですけどねぇ^^どろろを女の子にしたとこが、この映画の一番の勝負やったのかも。この勝負の勝敗は人それぞれでしょうが、私は勝ちに一票って感じです。最後の最後までキャラは変えないどろろですが、それでも最後は良い感じに百鬼丸に寄り添ってましたよね。でも、百鬼丸がどろろを女として見ていたかどうかは疑問。見ていない方が良いかも。
名優達がすごい。中井喜一、中村嘉葎雄、原田芳雄、原田美枝子など等、日本映画界を代表する名優達に、ホント支えられた映画でしたね。嘉葎雄ちゃんの語りが素晴らしかったから、あの説明的なグダグダもなんとか見れました。原田芳雄を後ろから抱き抱える妻夫木聡、どちらも羨ましい!(笑)劇団ひとりに羽交い絞めされる柴咲コウも、たまらん羨ましかった!!瑛太が、思いのほか時代劇口調が上手くてビックリ☆妻夫木よりもはまってました。
アクション、特撮による怪獣とベロ?妖怪との戦いが、私は一番気に入ってます。チープだけど、CG妖怪よりずっと良い。ベロ妖怪、ちょっと『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』を彷彿としちゃいました。あとは、やっぱりラストの中井喜一との戦い。腰をぐっと落とした構えなんか、ロングショットで見応えがありました。喜一の居合い抜きも良かった。この辺りは、日本の殺陣師によるアクションなんでしょうね。今回のチン・シウトンの仕事は、アクションの出来ない俳優を、いかに宙に舞わせ妖怪と戦わせるかでしょうか。はい、存分に見せて頂きました。
え!?続編やるの??なラストでしたが、 願わくば、妻夫木聡が自らのアクションに磨きをかけて、もっともっと肉弾的なアクションが見れれば良いなぁ^^

『墨攻』

たったひとりの『七人の侍』って言われてたこの映画、確かにそんな感じでしたね。
アンディの登場シーン、泣きそうになりました。オーラがすっごく格好良くって!
王子役の俳優さんも、犬っぽくって格好良かったなぁ。弓矢の名人の俳優さんも、『ロード・オブ・ザ・リング』に出ていそうな感じで◎。
ファン・ビンビン演じるヒロインが、あまりに作られたキャラで好きになれませんでしたが、アンディの愛は良い感じに伝わってきました。あの靴のエピソード、可愛いですよね。
アン・ソンギ!こういうキャラが敵やと、どっちを応援して良いのかホント困ります。
全ては、駄目な王さまが元凶。その犠牲となる民の姿もありましたが、それと反する逞しく強かな民の姿も。この辺りも『七人の侍』っぽかったです。
『どろろ』が1対1、もしくは対妖怪とのアクションなら、こちらは対大勢とのアクション。しかも、攻めるのではなく守るアクションですね。とっても良かったです。馬が燃えるシーンがちょっとチープなCGなんですが、ホンマに馬燃やしたりしてリアルを追うより、ずっと潔い。こういうのが、正しいCGの使い方なんだと思いました。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

00 : 57 : 02 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<門徒 | ホーム | 『門徒』、チャリティ試写会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/270-5e097a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。