全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
クロージング作品に決定!?
2007 / 07 / 09 ( Mon )
『天堂口』が、第64回ヴェネチア国際映画祭のクロージング作品に選ばれました。陳奕利(アレクシー・タンで良いのかな?)監督は、9月8日にダニエル・ウー、リウ・イエ、チャン・チェン、スー・チー等出演者とスタッフを率いてヴェネチア入りし、ムードを高める計画です。
『天堂口』は、8月に、まずアジア(中国・香港・台湾等?)での一般公開が手配されています。しかし、ヴェネチア映画祭の責任者が全編を鑑賞した後、この映画に大変夢中になり、クロージング作品の“全世界に先駆けて”の制限を免除しました。

「新華網」記事ページ

わ~凄いですね!なんて、クロージング作品に選ばれるのがどのくらい凄いのか、実はよく分からないのですが・・・^^;。なんと言っても映画祭の締めですもんね。とてもつもなく名誉なんでしょう!彦も万全の状態で参加出来ると良いなぁ^^

あと、イー・トンシン監督の新作『新宿事件』ですが、主演のジャッキー・チェン以外に、彦もキャスティングされている・・・みたいな記事があったような??(その元記事を今検索出来ないので、もしかしたら勘違いかも・汗)もし実現するなら、ジャッキーと彦が二人して新宿にロケに来るかも!と思った次第です。来て欲しいなぁ^^

以下、トニーさんお誕生日記念の追加!?『サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋』の感想です。
『サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋』

サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
トニー・レオン (2006/09/21)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

ようやっと見ました~♪
原作は、台湾の絵本作家・ジミー。絵本の内容からは考えられないほど、物語を膨らませていましたね。驚きました。まぁ確かに、絵本の内容だけじゃ長編映画になりませんもんねぇ。
二組の男女を、天使?が仲を取り持つって感じの物語でした。
一組は、トニーさんとミリアム・ヨン。健常者で結婚相談所を営む、ちょっといい加減なトニーさんと、目は見えないけど、しっかり者で明るいミリアムの恋。
トニーさんの口元のシワが妙にツボでした。基本ハリのある肌なんだけど、ちょっとそのシワが目立ってて。あぁ・・・、トニーさんはシワすら素敵ですv 友人達に恵まれていましたよね。いきなり失明しちゃうトニーさんを、どやされながらもちゃんとケアしてて。
ミリアムは、化粧がちと濃いなぁ・・・と^^;。勿論可愛いんだけど、目が見えないのにそのメイクは無理じゃろ~☆ちょっとツッコんじゃったよ。衣装もカラフル。お父さんがラム・シューでした。ラム・シューのギターを弾く姿が、遠目だからか(失礼な!)ちょっと格好良かったv
管理人とその息子とか、香港映画らしくって好きだなぁ。 お父さんはデブキャラでお人好し、息子はおませっていうのが良いですよね。勿論、結婚相談して返金を要求してたおじいちゃんと、そのガラの悪い息子も好き。
もう一組は、チャン・チェンとドン・ジェ。
チャン・チェン、初めて可愛いって思ったよ。本屋でのニヤケ顔がたまらん可愛うございました。あんまり可愛いから、あの天使(♂)がチャン・チェンに恋をしたのかと思った。
チャンチェンが恋する相手に宛てた手紙が、天使の悪戯(じゃないんだけど)により、上海の統計の仕事をするドン・ジェへ渡って。失恋したばかりのドン・ジェからの返事を読んで、チャン・チェンは上海へ渡る・・・。
なんか凄いバイタリティだな、チャン・チェン(笑)。この恋はもう作られ過ぎなんで、感情移入も何もないんですが、地下鉄って舞台は良いよねって思いました。見目麗しい殿御と、こんな風に地図を片手に地下鉄を探索したら、そら恋に落ちます。失恋も忘れます。その逆に、あんな可愛くってほっぺが柔らかそうなドン・ジェとなら、男性の方も即落ちだろうなぁ・・・と思いました。
個人的には、もうちょっと毒が欲しいかも・・と思いました。良くも悪くも、ミリアムの目が見えないという負荷があまり感じられなくて・・・。でも、無条件に笑顔になっちゃう、幸せで楽しくって夢心地。そんな恋の魔法みたいなのを堪能出来たので、それも良いかぁ♪
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

21 : 20 : 35 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<青島要塞爆撃命令 | ホーム | さらばラバウル>>
コメント
--素晴らしい!--

weiyangさん、こんにちは♪
「天堂口」はヴェネチア国際映画祭のクロージング作品に決定したんですか!自分もよくわからないんですが(笑)凄い事だと思います。
ヴェネチア国際映画祭といえばアン・リー監督、トニー・レオン主演の「ラスト、コーション/色・戒」がオープニング作品かコンペ部門に出品!?となってましたが…コンペ部門に決定したようですね☆すご~くヴェネチア行きたいです。絶対無理ですけど^^;

「サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋」自分も見ました。こういうほのぼのとした香港映画もいいですよね♪トニー・レオンをはじめ好きな俳優さんがたくさん出演しているのも嬉しかったです。
by: natsu * - * URL * 2007/07/12 * 16:26 [ 編集] | top↑
--男華咲くヴェネチア--

weiyangさん、皆さん、こんばんは!

ぎゃぼ!今年のヴェネチアは、カンヌよりA・CHI・CHI・A・CHI♪by ヒロミGO ですね!映画同様、レッドカーペットでも彦、リウ、チャン・チェンには、男華を競ってほしいものですよね。そこに「色、戒」でトニーも参戦だなんて。そうじ女でもいいから、4人の泊まるホテルに潜入したいです。ヴェネチア行きてぇー!!

「サウンド・オブ・カラー」観たいなあ。映画もキュートにファンタジックな感じですね。トニーとチャン・チェンは、この映画では顔を合わせてないのでしょうか?「ブエノスアイレス」の二人が懐かしい...


by: 松たけ子 * OGgHy/oY * URL * 2007/07/12 * 23:25 [ 編集] | top↑
--natsuさん♪--

こんばんは~^^
やっぱり凄いですよねぇ、ヴェネチア映画祭のクロージング作品なんて!『天堂口』はあまりにイケメンばかり集め過ぎていたので、内容の方は大丈夫なんやろか・・・と、正直不安になっていたのですが・・・^^;。↑の記事が本当なら、内容もかなり期待出来そうですね。
『ラスト、コーション/色・戒』はコンペ部門で参加なんですね!アン・リー監督は『グリーン・デスティニー』しか見ていないので、そろそろ他の作品も見て備えようかな。
良い男勢揃いのヴェネチア!natsuさん、たけ子さん共々、この焦がれる気持ちだけでもお側へ・・・☆

『サウンド・オブ・カラー~』、密かに豪華キャストでしたね。名前は分からないながらも、顔は凄く知っている人とかいました。香港のほのぼのラブストーリーって、たまらなく見たい時がありますよね。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/07/13 * 00:36 [ 編集] | top↑
--たけ子さん♪--

こんばんは~^^
今年のヴェネチアのレッドカーペット、熱過ぎです。男華の乱れ咲きです。あぁ・・・そのむせ返るかほりに狂う、一匹の蜂になりたい・・・。(蝶じゃないとこが悲しい自粛)
しかし、彦迷としては不安も・・・。オシャレ度だと多分チャン・チェンがダントツで、フォーマルスーツの帝王・トニーさんまで参戦となると、彦が見劣りしちゃうんじゃ・・・と^^;。頑張れば出るはずの彦のオーラが、どうかいかんなく発揮されますように☆

『サウンド・オブ・カラー~』、『ブエノスアイレス』の頃の無垢なチャン・チェンは、まだ失われていないんだなぁ・・・と思いながら見ていました。そのくらい可愛い笑顔だったんです♪トニーさんとチャン・チェンは全く絡みません、本当に残念ながら・・・。この二人も、その内また共演して欲しいですね。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/07/13 * 00:48 [ 編集] | top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * * * 2010/07/15 * 15:50 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/364-be9ca239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。