全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
裏祇園祭
2007 / 07 / 16 ( Mon )
千葉真一の引退宣言を狙ってか、それとも偶然なのか。昨夜からWOWOWでは、「真夏の千葉真一!アクション大感謝祭」を開催中です。千葉真一といえば、私は「影の軍団」くらいしか知らないのですが、今回の感謝祭では2本見たい作品があって。セレクト録画も面倒臭いので、とりあえず全部録画しようかなぁ・・・って思っています。今夜の『ゴルゴ13』も面白そうですしね♪そういえば、産まれて初めて読んだ漫画が「ゴルゴ13」だったなぁ・・・。(問題アリ!?)
その前夜祭・・・という訳じゃないですが、たまたまレンタルして見た『爆裂都市』の感想を。
『爆裂都市』(監督/サム・レオン)

20070716184808.jpg

アレックス・フォンVSサイモン・ヤム+千葉真一。う~ん・・・どう考えても、普通方中信(アレックス・フォン)に勝ち目はなさそうですねぇ^^;
あれ!?離婚してるの?それとも別居中??な、初っ端から男の哀愁まみれの方中信にどきゅんv ヤム氏の登場シーンも、スーツ姿がたまらん!格好良い~v と大喜びだったけど、方中信には思わず胸キュンしちゃいました。私ってば、やっぱり相当方中信が好きみたい。
そして、方中信は今回も可哀想な刑事さんの役なのね。家族を人質に取られ、流れからある要人の襲った女と逃亡。結局妻は・・・と残酷な追い討ちに、涙をぽろりと流す方中信。思わず『ダブル・タップ』、『ワンナイト・イン・モンコック』のミウ刑事がダブります。胸が痛い☆追い詰められ、脅えと父性と人恋しさに潤む瞳・・・。トニーさんとはまた違った、大の男のジレンマと哀愁が良い感じに漂いますね。
千葉真一は、快演?怪演?魁演?確かに凄い存在感でした。つーか、変なキャラだった☆誘拐し洗脳した子供達を凄腕の殺し屋に育てる、そんなダークな組織の元締め・通称?“オトウサン”。ロシア人とのハーフで元軍人らしい。濃ゆいが地に足が付いている香港俳優達とのちぐはぐさが、見ていて面白かったです。
ヤム氏は、今回は普通に社会人なのかなぁ・・・と思っていたら、やっぱりダークサイドの人でした。そうだよね、普通人ならヤム氏を起用する必要ないもんねぇ。「ハッピーエンドはつまらない。派手なラストを・・・」みたな事を言ってたのに、彼自身のラストはちょっと呆気なかったなぁ。もっと暗躍して欲しかったです。方中信とのコーヒーブレイクのシーンが好きでした。正義と悪っていうほどはっきりじゃないけど、確実に持つオーラが違う二人です。
日本人達。アクション担当って感じで、頑張っていましたね。広東語だと演技云々は気にならないけど、日本語だとちょっとンンん!?でも、一番ンンん!??と引っ掛かったのは、服部半蔵様(千葉真一)でしたけど^^;
前半は、おぉ~これぞ香港映画!って感じで見ていましたが、後半はちょっと盛り上がりに欠けたような・・・。でも良いの。ラストの方中信が最高~!に良い表情を見せてくれたので、無問題♪です。方中信の目って、かなり黒目がちなんですね。その目が本当に切なくて痛くて・・・、脳裏に焼き付いています。
しかし、さすが香港映画ですね。一応は成人した男女の逃避行なのに、微塵も色気のある流れになりませんでした。潔いなぁ。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 15 : 45 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<直撃地獄拳 大逆転 | ホーム | 台湾旅行三日目~悲しみの街へ~>>
コメント
--SONY千葉--

私にとって千葉真一は「キル・ビル」かな?ジョン・ウー監督も千葉真一のファンらしいですけど。『爆裂都市』は観てないです。
ところで最近、自分のブログにツイ・ハーク監督の『天上の剣」の感想を書きました。

裏祇園祭ですか・・京都は祇園祭ですね。「おけいはん」の紹介もついでに自分のブログに書きました。予定と違うことばかり書いています。
F(^^;)
by: おおくぼ * 5lgk84Pk * URL * 2007/07/19 * 06:57 [ 編集] | top↑
--おおくぼさん♪--

千葉真一、今回の感謝祭ですっかりファンです♪『キル・ビル』は未見ですが、これはいっちょ見とくか!と思ってます^^
「おけいはん」は、やり始めの頃は好きでした♪(今は前ほど見なくて、このCM)“はんなり”って言葉のよく似合うお嬢さんが目に嬉しいです。
『天上の剣』、これもレンタル屋にないので悔しいのですが、画像だけでも見に伺いますね♪
そうそう!今日、以前教えて頂いた「成瀬巳喜男の世界」を立ち読みしました。エドワード・ヤン監督の直接的じゃないけど、的確で優しい寄稿文に、ますます作品への期待を高めました。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/07/20 * 00:12 [ 編集] | top↑
--成瀬巳喜男の設計―美術監督は回想する--

成瀬監督は、わざとらしい演出とは真逆なんです。普通なら退屈な映画になってしまうのに、そうならないのが素晴らしいですね。

『成瀬巳喜男の世界』は蓮実重彦・編集ですけど、蓮実重彦のインタビュー本、『成瀬巳喜男の設計―美術監督は回想する』もあります。

エドワード・ヤン監督の作品は、蓮実氏の紹介文で知りました。

参考:『映画狂人日記』(河出書房新社)
by: おおくぼ * 5lgk84Pk * URL * 2007/07/20 * 22:08 [ 編集] | top↑
--おおくぼさん♪2--

本当におっしゃる通りですね。感情の発露を言葉や行動でなく、美術や照明の輝きや翳りの中で表現する。一見無表情に見える表情の中に、溢れんばかりに表現する。映画好きの方が以前、「光線の使い方が巧みなのは、やっぱり成瀬監督!」と豪語してられましたが、確かに素晴らしいなぁ・・・と思います。その光線の中に様々な感情を投影しているんでしょうね。
蓮実重彦氏は多くの本を出されていますね。今の日本で映画評論家と呼べる、数少ない方だと聞きました。黒澤より木下の私にはちょっと抵抗があるのですが^^;、著書にはやっぱり興味があります。また是非読んでみたいです。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/07/21 * 12:03 [ 編集] | top↑
--黒澤--

黒澤って「明」の方でしょうか? 私のブログでは世界的なホラー映画の巨匠の「清」はカテゴリーを作ってます。(笑)

蓮実教授の本を読めば「明」には高い評価は与えられていません。弟子の「清」はベタ褒めですけど。
小津、溝口の評価は高いです。
by: おおくぼ * 5lgk84Pk * URL * 2007/07/26 * 21:26 [ 編集] | top↑
--おおくぼさん♪3--

こんばんは~^^
あれ?そうなんですか!?それは、大変失礼しました~(ペコリ↓)
おおくぼさんの記事で、「清」カテゴリーはしっかりチェック済みです^^。私はまだ見た事がないのですが、きっと怖いんでしょうねぇ・・・。ホラーはメッチャ苦手だけど、おおくぼさんがお好きな監督さんだと思うと、やっぱり見たい気はします。う~ん・・・、ホラーじゃなかったらなぁ・・・^^;。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/07/27 * 20:01 [ 編集] | top↑
--確かに、怖いですね・・・・--

黒沢清の映画は怖いです。ただ心理的な恐さが重視されていて、サイコ・スリラーみたいな感じです。
あと、話の予測がつかないトコロは香港映画と共通しています。

作品としては、『回路』や『CURE』が好きです。最近の作品では『LOFT』がいいですね。『LOFT』は幽霊やミイラが出ますが、普通のホラー映画のような怖いシーンは無いですね。「黒沢映画の恐さ」は、雰囲気だけで、残酷なシーンは少ないです。何か起こりそうで、大したことが起こらないと言うのが、黒沢映画の特徴です。それでいて、観ている人の予測を裏切る展開なので、「コメディ映画??」と思ったりもします。

前に紹介したシネ・ガラリーヤさんとも黒沢清つながりです。特に『CURE』の感想記事が素晴らしいです。私のブログの『CURE』感想記事にTBをつけてもらってます。
(^^)/
by: おおくぼ * 5lgk84Pk * URL * 2007/07/29 * 12:56 [ 編集] | top↑
--おおくぼさん♪4--

こんばんは~^^
黒沢清監督は、サイコ・スリラーで香港映画ちっくなんですね。うわ~、とっても面白そうです。
ホラーな部分は雰囲気だけと聞くと、中田秀夫監督の『女優霊』を思い出します。あれも直接的でなく何かの気配が怖い、そんな映画でした。最後に見たホラー映画は、ビデオ映画の方の『呪怨』。本当に本当に怖かったので、あれ以来見ておりません。最近だとタイ映画の『トカゲ女』を見ましたが、あれはホラー映画とは言わないなぁ、きっと^^;。
『回路』と『CURE』と『LOFT』ですね!機会とあれば、家族みんなを集めて見たいと思います。(一人じゃ見れない・苦笑)ご紹介、いつも本当にありがとうございます^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/07/29 * 21:24 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/369-cae01370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。