全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
クローサー
2007 / 07 / 31 ( Tue )
クローサー クローサー
スー・チー.ヴィッキー・チャオ.カレン・モク (2007/07/25)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

SO CLOSE
2003年 香港
原題/夕陽天使
監督、アクション監督/コーリー・ユン(元奎)
キャスト/スー・チー(舒淇) ヴィッキー・チャオ(趙薇) カレン・モク(莫文蔚) ソン・スンホン マイケル・ワイ(衛志豪) ワン・シュウルン(温兆倫) 倉田保昭 他

公式HP 

コンピュータを駆使してアサシンとして生きるリン(スー・チー)と クワン(ヴィッキー・チャオ)の姉妹は、何者かの依頼で、チョウ兄弟(弟・ワン・シュウルン)の運営するアジア最大のコンピューターネット会社の社長(兄)を暗殺した。 刑事課に配属されたばかりの新人女性刑事コン(カレン・モク)は、アシスタントのシウマ(マイケル・ワイ)を従えて、殺害現場で独自の捜査を展開していた。その姿をリンとクワンは仕掛けたカメラで監視していた。二人は調べ回るコンに興味を持つ。二人は再び暗殺依頼をメールで受けた。だが、リンは 大学時代の男友達・ティンヤン(ソン・スンホン)との再会でいつしか恋愛感情へと発展し、仕事を受けることに躊躇していた。 仕事を断わろうとするリンの態度に怒ったクワンは、彼女がティンヤンとデートしている最中に、自分だけで仕事に向う・・・―公式HPより一部抜粋―
なんで、彼女達はこんなに強いんだ!?特に殺し屋修行をしたとか、元々何かしらの素質があったとか、そういうエピソードは微塵もなかったような・・・。殺し屋になった経緯もよく分からんし・・・。なんて思ったのも、ほんの一瞬で。途中から、そういう邪念?は何処かに飛んじゃいました。ただただ、おぉ~!凄いなぁ!!とハイテンションで見入っておりました^^

スー・チーとヴィッキー・チャオ。半端なくスタイルが良くって、本当に美人姉妹ですねぇ。セクシーで強いだけでなく、優しくて可愛い面もあるスー・チーと、美人だけど、気が強くてちょっと中性的なヴィッキー・チャオ。このキャラ設定に、思わず「キャッツアイ」を連想したのは私だけでしょうか?スー・チーはルイ姉と瞳で、ヴィキーは愛ちゃんだ!すると、スンホンはトシオか?なんて、楽しく妄想しながら見ておりました。
スンホンは、爽やかで誠実なキャラでしたね。それは表向きで実は・・・なんて展開を勝手に期待していましたが、本当に人畜無害な爽やか君でした。アクションもなかったなぁ・・・。(そういえば物取りに襲われてたけど、彼はアクションしてたっけ?)でも、殺し屋というダークな世界で生きてきたスー・チーが、この人の為に足を洗いたい!と思う訳です。その辺りは説明不要に納得出来たので、これぞスンホン効果でしょう。

カレン・モクの女刑事が格好良かったです!男前なキャラでしたね。かといって、女性らしい色気がないかというとそうではなく。相棒のマイケル・ワイに、際どい質問をしたりするのが良かったなぁ。スマートでユーモアもある、これぞ大人の女って感じでした。しかし、この人もホント強かった!(笑)
マイケル・ワイは、何処かに見た顔って気が凄くします。何処でだろ?香港人らしい顔立ちで犬っぽくって、思いのほか頼りになる。なかなか良いキャラでした。際どい質問に真面目に答えて、それを笑われて赤面したりするのが可愛かったです。

なんと言っても、やっぱりアクションが凄かったです!
スー・チーVSカレン・モクでの、スー・チーのスカートで大胆開脚のアクションは、女ながらにやっぱり楽しかったですが^^;、一番好きというか印象的なのは、スー・チーがヴィッキーを誘導しながら銃撃するシーン。ヴィッキーのカーアクションと相まって、本当にハラハラドキドキしました。看板をなぎ倒しながらの車のダイブは凄かったですね。あれってロケ!?車の中からヴィッキーが、カレン・モクを撃つ真似をして去るシーンも印象的でした。ヴィッキーの表情が格好良い!!
そして、あの結末・・・。胸が詰まりました。その後のヴィッキーがまた良かった!哀しみと憤りが溢れて止まらない、彼女の痛みがダイレクトに伝わってきて・・・。胸が痛かったです。

クライマックス。あれはもう、仁侠映画の殴り込みそのものですね。最初の方のデジタル戦はともかく、和の様式の中でのアクションは絶対そう。私は未見ですが、例の『キル・ビル』とかを意識したんでしょうか?あの空間、良かったですねぇ。いかにもラスボスの間って感じで(笑)。あの日本刀使いのメッチャ強い人、あれが倉田保昭さんでしょうか?いやぁ、強かったですねぇ。剣さばきが早い早い。大興奮しながら見せて頂きました。

この手のワイヤーアクションは、それこそフィクションの真骨頂。虚構中の虚構です。だからこそ、俳優の演技力が大きく関わってくる気がします。このありえない世界へ、どれだけ観客を入り込ませられるか。(変な表現ですが)我に返る隙を与えない、そういう迫真の演技が求められる気がします。あんだけ高く飛んだり、見事な命中率で発砲したり、カンフー戦を激しく展開したり。スー・チーにしてもヴィッキーにしてもカレン・モクにしても、少なくとも見ている間は、リアルだと錯覚させてくれます。それだけ演技力が凄いって事ですよね。はい、しっかり堪能させてもらいました^^

殴り込みの後の、ヴィッキーとカレン・モクのやり取りが印象的でした。カレン・モクにキスをするヴィッキー。んン!?そういえば、「あなた(カレン・モク)は私に惹かれている」とか、「私が刑事だったら、どっち(ヴィッキーか相棒か)を選ぶ?」みたいな意味深な発言をしてたし、ヴィッキーはレズッ気があるの!??それとも、このシーンもやはり仁侠映画の道行きみたいな感じで、お互いに命を掛ける、その一瞬に惚れたのでしょうか?その惚れたって気持ちを、素直に分かり易く示したのかな??なんにしても、この二人のこういうやり取りは好きだったので、なかなか楽しい展開でした♪
ラスト・・・、やっぱりスンホンが可哀想でしたね。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 04 : 35 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<小説吉田学校 | ホーム | 昭和残侠伝>>
コメント
--香港版チェリーズ・エンジェル--

この映画は大好きです。映画館に見にいきましたし、DVDは日本版を持ってます。出てすぐ買いました。とにかく「カッコイイ」んです。

ソニーの映画ですね。小道具のビデオ・カメラが良かったです。特にお墓のシーン、雨の中ヴィッキーが泣きながら、映像を再生するとことが好きです。

カーペンターズの「クロス・トゥー・ユー」が流れてるのも素晴らしいです。

この映画は「キル・ビル」より前です。アジア映画では常連の倉田さんも頑張ってますね。悪役だけど。

スンホンは、この時期は徴兵に行ってない時期です。「ああ~出てる」とド驚きました。
by: おおくぼ * 5lgk84Pk * URL * 2007/08/01 * 23:45 [ 編集] | top↑
--おおくぼさん♪--

レスが遅くなりましたが、こんばんは~。
はい!以前オススメ頂いたこの作品、ようやく見れました~^^
おおくぼさんは映画館でご覧になられたんですね、良いなぁ。これは、絶対スクリーン向けの作品ですよねぇ。本当に格好良くって、でもちょっと切なくて・・・。
お墓のシーン、特に切なかったですよね。反省のうさぎ跳びが可愛くて暖かくて。だから余計辛かったです。
カーペンターズの曲、実はいまだに頭から離れないんです。凄く効果的に使われていましたよね。CD屋で、ヴィッキーがカレン・モクに聞かせるシーンなんか、ゾクゾクするくらい格好良かったなぁv
『キル・ビル』より前なんですね。両作共2003年製作みたいで、どっちが先なのかなぁ・・・と気になっていました。ありがとうございます!倉田さんを意識して見たのは初めてですが、悪役だけど憎々しくないのが良かったです。
スンホン、徴兵前ですね。香港の街並みにちょっと浮くくらい爽やかで、そこがさすがと思いました^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/08/03 * 22:18 [ 編集] | top↑
--倉田さん--

『キル・ビル』の上映は一年後だったと思います。『クローサー』の香港上映は2002年なんで。
でもタランティーノは香港映画に詳しいです。日本のB級映画も詳しいですけど。『レザボア・ドックス』は、香港映画をパクッて、問題になりましたけど。

倉田さんは、『香港アクションスター交友録』という本があります。ブルス・リーにダブル・ヌンチャクのアイデアを教えたのは倉田さんだそうです。前に観た中国ドラマ『天下第一』にも、柳生宗矩の役で出ていました。

回想の場面でソン・スンホンが船をバックにした画はすごいです。なんかいかにも作り物みたいで、それが逆に良かったです。
by: おおくぼ * 5lgk84Pk * URL * 2007/08/04 * 20:12 [ 編集] | top↑
--おおくぼさん♪2--

こんばんは~^^
『キル・ビル』は、一年も後の作品なんですね。『刺青一代』等の清順作品をかなり意識しているとは聞いていたんですが、香港映画からもいっぱいオマージュしているんでしょうね。タランティーノ監督は、ホントB級映画が好きらしいですね。全国巡回したと思うのですが、以前みうらじゅん映画祭っていうのがあって、タランティーノより先に隠れたB級映画を見よう!と、『大巨獣ガッパ』をいうのを見させられました。大変面白かったです^^。私も結構好きなようです、B級って呼ばれる映画。

なんと!ブルース・リーにダブル・ヌンチャクのアイディアをですか!!倉田さん、素晴らしいですねぇ。「天下第一」、まず柳生宗矩が出てくるのが驚きます(笑)

スンホンの船をバックにした画、確かに作り物風だったような・・・。ちょっとぼんやりとした回送シーンでしたよね。だからあまり気にならなかったのかもです。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/08/05 * 22:45 [ 編集] | top↑
--ソン・スンホン♪--

weiyangさん、おはようございます。
大変ご無沙汰をしております。

私もこの映画、かなり前に観ましたよ。
私はソン・スンホン目当てでレンタルしました。
確か日本での『夏の香り』放送直後だったと思います。
この後、例の問題が話題になり・・・

当時の私は女優の区別がつかなかったけど(今でもですが、以前はもっとでした)、何故かカレン・モクだけは知っていたのでかなりカレン・モク寄りで観てましたね。
って、この作品でスー・チーの顔を覚えたんですよ。

残念ながらアクションがすごかったとかスンホンがでてるとか、そんな記憶しかない映画ですが・・・
私にとってはスー・チーを覚えた記念の1本です。

では、また遊びによらせて頂きますねv-422
by: える * su7LfdQk * URL * 2007/08/07 * 07:25 [ 編集] | top↑
--えるさん♪--

こんばんは~、お久し振りです!^^
こちらこそ、すっかりご無沙汰しております~。でもでも!えるさんのブログはしっかりチェックさせて頂いています。またコメントさせて頂きますね♪

『クローサー』、えるさんはかなり前にご覧になったのですね。スンホンは確か当時あちらで大人気で、それで起用になったんですよね。私は、彼のドラマは顔を確認するくらいでしか見ていないのですが、以前WOWOWで放送していた弁護士役が爽やかで格好良いなぁ・・・と思いました。

カレン・モクは名前も顔も印象的なので、結構覚え易いですよね。スー・チーも個性的だけど、ヴィッキー・チャオは美人過ぎて逆に覚えにくいかも。

アクションは凄かったんですが、スンホンが絡んでいなかったのは残念でした。Tシャツの上からモムチャンが見てとれたので、ぜひアクションも披露して欲しかったなぁ^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/08/08 * 00:06 [ 編集] | top↑
--スー・チー--

スー・チーは当時、フランス映画『トランポーター』に、
誘拐されるヒロイン役で出演してました。そっちの方が話題でしたけど・・・
F(^^;)
by: おおくぼ * - * URL * 2007/08/09 * 21:16 [ 編集] | top↑
--おおくぼさん♪3--

『トランスポーター』は未見です。かなり話題だったんですね。
『クローサー』を見た後だと、あんなに強いスー・チーが大人しく誘拐される訳がない!と思ってしまいます^^;
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/08/09 * 23:08 [ 編集] | top↑
--数年前に…--

weiyangさん、こんにちは。
自分もこの映画だいぶ前に見ました。韓国映画も見てない頃だったので、あの恋人がソン・スンホンだという事も知りませんでした。
CGもありますが女優陣のアクションが本当にかっこよくて、香港の俳優さんは何でも出来て凄いなと思いました。今考えてみたらヴィッキー・チャオは中国で、スー・チーは台湾なんですけどね。それさえもわからなかった時代です。懐かしい~♪

weiyangさんはソン・スンホンが好きなんですか?自分は「秋の童話」が好きで見てましたが…どちらかというとウォンビンのほうが好きです。ウォンビンはアジア映画を見るまえに写真を見て一目惚れしたんですよ~まだ韓流が流行る前だったので自分の目に狂いはなかった!と思いました(笑)
by: natsu * - * URL * 2007/08/10 * 12:14 [ 編集] | top↑
--natsuさん♪--

こんばんは~^^
natsuさんも鑑賞済みなんですね。私も見ながら、香港や中国の俳優さんって凄いなぁ・・・と思いました。アクションが出来るのもそうですが、日本の同世代の俳優とは貫禄が違います。オーラがありますね。

ソン・スンホン、映画は他に『ひとまず走れ』と『氷雨』を見ています。ドラマは「Happy Together」だけ。なので、スンホンの顔は結構好きだなぁ・・・と思いますが、演技とかはまだよく分かりません。今のところ一番好きな韓国俳優は、やっぱりビョンホンです。
natsuさんはウォンビンですか!韓流ブーム以前に目を付けていたなんて、素晴らしい千里眼をお持ちですねぇ^^。はい、ウォンビンは可愛いし格好良いですよね。私の妹も好きです。写真付きキーホルダーを購入して、仕事の合間に眺めています。癒される~って言ってます。ちょっと哀しい・・・(苦笑)
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/08/11 * 01:01 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/376-0e2b0de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。