全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
感想文~日本映画~
2007 / 08 / 09 ( Thu )
最近見た日本映画の感想をまとめて。あいかわらず、懐かしの・・・って感じのばかりです。
『もず』(監督/澁谷實)
久し振りに再会した淡島千景と有馬稲子の母娘の情を、基本ドライに、たまにウェットに描いた作品。娘の、母親に反感を持つ気持ちも分かるし、かと言ってあまりにドライな言動もなぁ・・・。好感が持てるって感じの母娘じゃなかったです。
娘に好意を持つ男に川津祐介。田舎から結婚を申し込みに来ます。どこか病的だけど、それでもいつもの半分も本領を発揮していませんでした。残念☆
母親の働いていた飲み屋のセットが面白かったです。階段とか、なんとなく舞台っぽいです。あと、乙羽信子が芸達者って感じでした。


『雪之丞変化』(監督/衣笠貞之助)
長谷川一夫が林長二郎時代の作品。サイレント。ダイジェスト版。
林長二郎の雪之丞は、確かに若いしまだほっそりしているけど、受ける感じは市川崑監督版とほぼ変わりませんでした。ラストがかなり怖い。どう見てもホラーです。


『ああ青春』(監督/佐分利信)
俳優である佐分利信の監督作品3本目。
この当時の映画のタイトルって、大まか過ぎて内容が全く窺い知れないモノがありますが、これなんか正にそうですねぇ。当時の学生と、その親世代の先生のジェネレーションギャップを、特にどちらよりからでもなく描いた作品。ラストはちょっと親世代よりだったけど。つーか、火サスだった。
学生のひとりを演じる高峰三枝子は合理主義がモットー、脱ぐとむちむち。そのむちむちをどう映像で魅せるかが追求されており、佐分利信って結構・・・(ごにょごにょ)。
三橋達也と大木実のデビュー作なんだそうです。三橋達也なんか、恐れ多くも高峰三枝子にキスを迫ったり。いわゆるアプレ青年?似合わない、ていうか生意気だ(笑)


『生きる』(監督/黒澤明)
最初の笑えるエピソードが、物語の主軸になっていくのが見事ですね。
途中の志村喬は、どう見ても援交する初老のおじさん☆金子信雄が若い~、しかも普通のサラリーマンだし。
ラストのお通夜のシーンがだらだらと続くのがちょっと・・・ですが、見終わってみるとやっぱりそこが効いてきます。


『実録阿部定』(監督/田中登)
ロマンポルノなのでず~っとそういうシーンだけど、その中で阿部定の愛や境遇や過去、その時代がちゃんと描かれています。犯罪の動機は狂気というより、ただただ男が可愛かったから。一瞬たりとも離れたくなかったから。
主演は宮下順子。化粧した顔も裸体も生々しいけど、ふとした表情が神々しいくらい美しいです。まるで菩薩のよう。
チョッキンのシーンは、やっぱり怖かったです。時間が妙に掛かって、そこがリアルで・・・。
三味線を弾く芸者が面白かった!過剰にラブラブの男と阿部定に、声の調子を変えたり咳払いしたり、どうにかと自分の存在をアピールしてました。白塗りの上からも怒りの表情がよく分かる、良い顔をした芸者さんでした^^


『殿さま弥次喜多』(監督/沢島忠)
やっぱり楽しいなぁ、このシリーズ♪
シーンとシーンの繋ぎが本当にスムーズ。音や映像の使い方が絶妙です。
中村錦之助の相手役が美空ひばり。そのお父さんが大河内傳次郎。大暴れ(笑)。中村賀津雄の相手役が丘さとみ。錦ちゃんと賀津雄ちゃんの家臣が、田中春男と千秋実。あ~賑やか☆
それにしても、このシリーズの錦ちゃんと賀津雄ちゃんって仲良過ぎだぁ。欄間からお互いの顔を嬉しそうに見合ったり、ラストも切なそうに見つめ合ったり。野次喜多の時の掛け合いは結構ドライなのにね、殿さまに戻ると妙にウェットです。


『暖簾』(監督/川島雄三)
原作は山崎豊子。戦争を挟んで、大阪の昆布屋の暖簾を守る親子二代の物語。
森繁久彌が一人二役で親子を演じていました。若い時より、老けた時の方が自然。でも、それぞれを絶妙の笑いを含んで演じ切ってました。さすがです。山田五十鈴、乙羽信子、浪花千栄子と女優陣も豪華。


『こんにちは赤ちゃん』(監督/井田探)
こんにちは赤ちゃん♪でお馴染みの、あの曲がテーマ。
和泉雅子目当てで見たら、きゃ~☆川地民夫も出てるやないの!貨物船の副船長なのかな?白の詰襟がメッチャ格好良い。お父さんの役なので、子供をあやしたり穏やかな顔で笑ったりしてくれます。眼福眼福v 赤ちゃんをバーに連れて行って、お姉ちゃん達とこなれた感じに楽しそうにやってたら、その赤ちゃんがいなくなって・・・。どう見てもお父さん失格だけど、明るい紫のベストが素敵な川地民夫に免じて許します。
本当は和泉雅子と山内賢の恋物語が主軸だけど、川地民夫の恋物語の方が色々深いのでした。愛のない結婚はしちゃいかんよ、やっぱり。あと、特別出演で吉永小百合が出てました。
今検索したら、同年に東宝も同タイトルの映画を作っているみたい。そちらは歌謡劇らしいし、同じ曲へのタイアップ?なのかな??
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 35 : 51 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<昭和残侠伝 血染の唐獅子 | ホーム | 春婦伝>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/379-d6af9756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。