全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
天堂口
2007 / 10 / 26 ( Fri )
20071026151341.jpg

BLOOD BROTHERS
2007年 香港 
監督/陳奕利(アレクシー・タン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 張震(チャン・チェン) 劉 [火華](リウ・イエ) 舒淇(スー・チー) 楊祐寧(トニー・ヤン) 孫紅雷(スン・ホンレイ) 李小[王路](リー・シャオルー) 他 

峰(ダニエル・ウー)と友人の剛(リウ・イエ)、そして剛の弟・小虎(トニー・ヤン)は、成功を夢見て田舎の村から大都会・上海に出てきた。剛は、黒社会のボス・洪(スン・ホンレイ)の経営するクラブ「天堂」の給仕になり、他の二人は人力車を引き暮らしを立てていた。ある日、峰は傷を負った殺し屋・マーク(チャン・チェン)に出会う。自分の住まいで治療をし、丁度戻ってきた仲間の二人に引き合わせた。「天堂」の専属歌手・ルル(スー・チー)に忠告されたにも関わらず、やがて峰ら三人は洪の下で働く事になる。それは欲望と血にまみれた闇の世界であった・・・―「YesAsia.com」を参考に―

東京より戻りました。ぼつぼつと、あちらで見た映画の感想をアップしてゆきますね。一番手はやはり、我らが彦の『天堂口』です。
・・・う~ん(苦笑)。まぁ、映画としては、ちょっと残念な作品だったのは否めませんが、俳優陣は最高でした。一流の演技と雰囲気と、あのビジュアル!本当に素晴らしかったです!!

スー・チーは、歌うシーンが良かったです。色気と哀愁を放出し、凛とした、しかし、何処か誘うような雰囲気は一輪の蘭か何かのよう。そして、彦演じる峰に見せる、飾りのない豊かな表情も可愛かったです。決して美人とは言えないスー・チー。(“雰囲気美人”だとは思いますが)この大人の女性と無邪気な少女が一体になっている感じが、他の女優さんにない魅力なんでしょうね。好きです。
透け透け衣装でのダンスシーン。これが、あの話題の「Tバックはイヤ!」のシーンなんでしょうか。他のダンサーはTバックだったので、確かに履いた方が統一感はあっただろうけど・・・まぁ、本人が嫌なら仕方がないですよね。

トニー・ヤン。いかにも好青年らしい青年から、黒社会の中で自分を見失い、酒に逃げる。この堕ちてゆくサマを、もっと丁寧に繊細に描いてもらえたら良かったのにね。いきなり酒に溺れた!って感じになっちゃってました。でも、この人のまさかの発砲シーンは、この作品のアクションシーンの中で一番、というより唯一、人物の感情とシンクロしたアクションだったように思います。

スン・ホンレイの存在感は、さすが!素晴らしかったです。「裏切りだ」とつぶやくその声に、ぞくぞくしました。うん、良い人じゃない(笑)。ただ、この人がどれだけダークなのか。そこが今ひとつ分かり辛かったです。事件そのものはなく、漠然と黒社会という設定だけで描くのは、やはり無理がある気がしました。あと、スーチー演じるルルとの関係がセリフのみで、具体的に映像化されていないのが、残念要素の一つです。

チャン・チェン。格好良かったですねぇ。白スーツの殺し屋が似合う、似合う(笑)。子供に殺しの現場を見せないよう、かくれんぼをさせるシーンが良かったです。マークって名前は、ちょっと狙い過ぎな気もしますが(苦笑)。ただ、この人もルルと惹かれ合う理由が見えないし、匂いもしない。その気持ちが今ひとつ伝わってきません。だからか?号泣シーンも本当に素晴らしかったのに、感情移入が出来ませんでした。良い演技なのにね、勿体ないなぁ。

リウ・イエ!改めて、この人って桁外れに上手いですねぇ。感動しました。
最初の登場シーンから、いつものリウ君じゃありません。いえ、田舎者って感じは勿論天然で出ていましたが(笑)。粗暴だけど、兄弟にはとことん優しく頼もしい。憧れを実現させなきゃ気が済まない、貪欲さと純粋さ。全てがその表情から口先から体から、ちょっとした仕草からほとばしっていました。この人の殴るシーンは、効果音の所為か?かなり重さと勢いがありました。痛みはないけど。目元のどアップがあったのですが、ホント綺麗。まつ毛がばさばさでした。
あの哄笑シーンは、どんな感情からでしょうか?怒り?情けなさ?悲しみ?え!?打ち所の悪さ??なんとも複雑な、印象的な良いシーンでしたね。ただやっぱり、それを充分活かせていない気がしました。あとは、おそらくあの若い踊り子を、リウ君が斡旋してスターにしたんだと思うのですが、それが分かる映像を入れて欲しかったなぁ。ラブシーンとか。勿論セリフで憶測は出来るけど、それじゃあ、あまりに映画的魅力に乏しいなぁ、と。

彦は、なんというか・・・(困)。田舎の家族や、リー・シャオルー演じる好きな娘との将来の為に、大都会・上海へ出稼ぎへ!そんな、いわゆる良い人なので、キャラが弱冠弱かったように思います。勿論彦の演技は素晴らしかったですが、目新しい感じは一切なく。なんかね、色気があまり感じられませんでした。裸になれとか媚びろとか、そういうんじゃなくて。人間臭くないというか・・・。キスシーンは相変わらず上手かったけど(笑)。
しかし、スーツ姿やぴっちり分けたヘアスタイル、上着を脱いでベスト姿になっての銃撃戦は、本当に本当に格好良かった!雪の中、大切な人を失った衝撃で思わず膝をつく。あの時の表情!あの大きな目から、激しい感情が滝のようにほとばしっていました。最高でした。

ラスト、どうして彦でなく、チャン・チェンの姿で〆だったのでしょうか?あの偽りの「天堂」の中に一人残された彦は・・・??憤り、空しさ、哀しみ等など。色んな思いに潰されそうなのでは??と勝手に想像したりして、私もさすがに切なくなりました。
ともあれ、俳優陣は演技は素晴らしく、ビジュアルは天井知らずに格好良いので、それを楽しむだけでも、一見の価値はある作品だと思います。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 57 : 19 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<東京池部良祭一日目 | ホーム | 行って参ります>>
コメント
--こんにちわweiyangさん--

レビュー拝見させていただきました^^

『天堂口』ちょっと楽しみにしていたんですが、映画紹介で「血で血を争う…」みたいな記事を読み、正直ストーリーに不安感はありました^^;
weiyangさんの感想を拝見し「予感的中か!?」と感じております(笑)。
常々感じているのですが、ダニエルは見た目のよさだけでなく演技力もあるのに、なんとな~く作品に恵まれていない気がしています。あっ、も、もちろんすごく面白くてよく描かれている作品もありますけど、ちょっと脱ぎすぎかなって言う作品もあったりして…
^^;
でも全ての役者さんが作品に恵まれると言うわけでもありませんものね。いろんな作品に出ることで役者さん自身も成長していくのでしょうし…。
「ちょっとオシイな」という作品に出会ってしまったときは、役者ダニエルを見ることができるだけでも幸せだと思うことにします^^
『天堂口』はweiyangさんの仰るとおり、俳優人の演技力と映像に注目して観たいと思います。日本版DVD出るといいなぁ^^

by: マツリ * - * URL * 2007/10/27 * 11:43 [ 編集] | top↑
--マツリさん♪--

『天堂口』、他の迷の方々は良かった!とおっしゃっていたので、好みの別れる、人によってはツボにハマる作品かもしれません。
そうそう!『天堂口』の権利は、日本の配給会社が既に購入済みのようですよ。その内全国公開、その後にDVD化されるんじゃないでしょうか??その際は、ぜひ美しい男達を存分に楽しんでください。マツリさんのご感想を伺えるのを、今から楽しみにしております♪

ダニエルが作品に恵まれていない。以前長年のダニエル迷の方から、ダニエルはまず見た目が先行して、演技そのものが評価されず、また演技力を引き出してくれる監督がいなかったという意見を聞きました。イー・トンシン監督の『ワンナイト・イン・モンコック』でようやくその演技力を認められ、『香港国際警察』では助演男優賞を・・・。(そんな流れだったと思います、多分^^;)俳優を生かすも殺すも監督次第。ダニエルが、イー・トンシン監督という相性の良い、彼の実力に理解を示してくれる一流の監督に巡り合えた事は、本当に幸運なのかもしれませんね。
ただ、マツリさんがおっしゃる通り、色んな作品に出ている事も大きな魅力の一つですよね。その下積みがあったからこそ、今のダニエル・ウーという素晴らしい俳優があって。私達は様々のジャンルの作品の中で、様々の役を演じる彼を楽しめるんですもんね。頭はちょっと悪そうだけどチャーミングな悪役も、ラブコメの王子様も勿論ゲイも、どれもこれも大好きなダニエルですv
今後共ご一緒に、更に進化してゆくであろう彼を応援してゆきましょうね^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/10/27 * 19:26 [ 編集] | top↑
----

そうでしたか。イー・トンシン監督のおかげで今の彼がいるのかもしれませんね^^
そう考えると、ダニエルファンの私からもイー・トンシン監督にはお礼を申し上げたいくらいです(笑)。なんと言っても今こうしてダニエル・ウーという俳優さんに出逢い、応援出来るのも監督のおかげかもしれませんから^^
あはっ、ちょっと大げさかもしれませんけど…^^;
でもほんと、あの演技力が前面に出てくるようになって本当によかったって思います(と言うと昔から彼を知っているみたいですが、実際はダニエルの存在を知ってからまだ日が浅いのです…^^;)。

『香港国際警察』では助演男優賞かぁ…。
あの映画での彼の演技、素晴らしかったですよね。秀逸でした。真の主人公といえてしまうかも知れません……また大げさかもしれませんが…(笑)(「影の主人公」くらいにしておいた方がいいかしら^^;)。

私もどの役の彼も魅力的で大好きですv
シリアスからコメディまで、幅広い演技が出来るダニエルからますます目が離せませんね!これからもぜひ、一緒に応援していきましょう^^v 
weiyangさんの元で、また彼について色々勉強させてくださいm(__)m

by: マツリ * - * URL * 2007/10/28 * 19:03 [ 編集] | top↑
--マツリさん♪2--

私もかなりの新参ファンなので、↑のコメントも憶測で書き過ぎたかも・・・ですが^^;
勿論イー・トンシン監督作品以外でも、好きな作品やダニエルの役はいっぱいあります。しかし、ダニエルのビジュアルの良さをまず封印して、演技と雰囲気に絞って作り上げられた作品って、『ワンナイト・イン・モンコック』が最初のような気がします。(彦の作品を全て見た訳じゃないので、これも憶測ですが・汗)賞がすなわち演技力の優劣とは思いませんが、このダニエルの演技は金像奨主演男優賞にもノミネートされたそうですし、それだけ多くの人が認めた演技だったんでしょうね。『ワンナイト・イン・モンコック』は、私の最愛の香港映画です。イー・トンシン監督がダニエルを起用してくれて、本当に本当に良かった!私もマツリさん同様、お礼を言いたいです^^

ちなみに、『香港国際警察』は“台湾金馬奨”の助演男優賞でした。今調べました^^;。ジャッキーが“陽の主役”なら、ダニエルは正に“陰の主役”ですよね。チョ~ダークなんだけど、彼のドラマも濃く切なかったです。

私もまだまだ勉強不足。お互いにダニエルの魅力をもっと知って、もっともっと好きになってゆきましょうね。これぞ切磋琢磨!!^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/10/28 * 21:52 [ 編集] | top↑
--ハンサムタワー♪--

weiyangさん、こんにちは!
「天堂口」は凄く楽しみにしている映画なのですが、ストーリー的には…という感じなんですか。やっぱりこうたくさんの実力もありビジュアル的にも素晴らしい俳優さんに出演してもらって、それぞれの見せ場もある面白い映画を撮るのは大変なんですね。わかってはいますが少し悲しい。。。でも楽しみなのは変わりません!俳優陣の素晴らしい演技&ハンサムタワーを拝めるだけでも嬉しいです。是非日本で公開してほしいです。
by: natsu * - * URL * 2007/10/29 * 12:26 [ 編集] | top↑
--ダニエルがっ!--

weiyangさんこんばんわ!
どこにコメント載せようか迷いましたが、とりあえずここに!
ご存知でしたか!?
ダニエルが今東京に来てるみたいですっ!
つい今さっきダニエルのブログを覘きに行ったら「東京!」のタイトルがっ!∑(゜□゜)
きゃああああ~!!!!!(>▽<)
私は関東在住なので、今すごく興奮状態で軽くパニクッてますよ~!(笑)
同じ日本の地にいるなんてェ~!

ジャッキーの新作映画、「新宿事件」に出るらしいので、その撮影のためでしょうか♪
二ヶ月くらい滞在するって書いてあるのかな?その後、神戸に移動するようですね。
神戸には行ったことがないらしく、「神戸牛を食べる機会があるかも!!!」って書いてある気がします。
ダニエルってば、なんて可愛いのかしら~♪
画像には「TOBU」の看板が見えるので、どこでしょう?池袋でしょうか……。

はっ!?なんだかものすごく興奮してごめんなさい^^;
とりあえず朗報なのでお伝えしました。
知っている情報だったらすみません^^;
by: マツリ * - * URL * 2007/10/29 * 21:28 [ 編集] | top↑
--natsuさん♪--

こんばんは~^^
今回の香港映画祭で上映されたのは、かなりカットされているそうです。完全版だと、もっと楽しめたんじゃないかなぁ・・・と。なので、私のこの感想はあまり気になさらず、全国公開を期待していてください。ハンサムタワーはホント輝いています☆
個人的な欲を言えば、この豪華なキャスティングのまま、いつかはジョン・ウー監督自身に撮って欲しいなぁ。それに練りに練られた脚本さえ揃えば、それこそ血で血を洗う、切なくて痛くてやり切れないけど、とにかく格好良いハンサムタワーが見れるのでは・・・と、勝手に思っています^^;
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/10/29 * 21:54 [ 編集] | top↑
--マツリさん♪3--

マ、マジですか~!!?(驚)
・・・いえ、まずはこんばんは!
そうですかぁ、ダニエルってば今東京ですか!ダニエルのブログをあまり頻繁に見ないので(見方がよく分かんないんです、私^^;)、全然知りませんでした。きっと『新宿事件』のロケですよね。じゃあ、ジャッキーやジェイシーも一緒かな?あと、イー・トンシン監督も。ひゃ~!私もどきどきしてきました!!新宿へ行くなら、「笑っていいとも!」とか出ないかしら?宣伝じゃないから出ませんよね、やっぱり^^;。次は神戸ですかぁ・・・いつからだろ??わざわざ神戸へ行くって事は、何処でロケをするんでしょうね?異人館?埋め立て地?それとも高架下??まさかの牧場??う~ん・・・分かれば絶対会いに行くのに・・・。神戸牛の美味しいお店も、リサーチしてあげるのに・・・。(おごってはあげられないけど^^;)
とにかく、空を見上げましょ!同じ日本の空の下、同じ星を、今頃ダニエルも見ているかもしれません。(乙女モード)
マツリさん!獲れたてピチピチのダニエル情報を、本当にありがとうございました♪また何かありましたら、是非ぜひ!^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/10/29 * 22:07 [ 編集] | top↑
--weiyangさん[絵文字:v-10]--

「笑っていいとも!」出ませんかねぇ。あ、でもでも『新宿事件』が完成したら、宣伝に出てくるかもしれませんね~v-238今から楽しみだわ~♪
神戸のシーンは一体どこを使うんでしょうね~。ホント、分かれば私も撮影を見に行きたいくらいです。
そうですね、空見上げましょう!
きっと見てますよ、神戸牛のこととか考えながら……(笑)なんちゃって^^;
それでは、また何かあったらお知らせしますね~^^
by: マツリ * - * URL * 2007/10/29 * 23:10 [ 編集] | top↑
--マツリさん♪4--

神戸。日本ちっくなアングラな感じは、私の中ではやっぱり高架下なんですけど・・・。早朝もしくは深夜の、シャッターが閉まり切った高架下とか、絵になると思うんですけどね。とか言ってたら、普通に山の手辺りの洋風でお洒落なロケだったりして☆
なんにしても、今は東京。マツリさんのお近くですよね。うふふ~、ダニエルってば今頃何をしてますかね?妄想するだけで楽しいです^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/10/30 * 23:49 [ 編集] | top↑
--こんばんわweiyangさん--

情報的には何日か過ぎてしまいましたが、11月1日のブログでは東京での生活の様子を書いてくれていましたよ♪
上野で友人と「おでん」を食べたこととか、渋谷の交差点の写真とか。
びっくりしたのが、電車内で撮った写真も掲載されていたこと!
結構大勢人が乗ってるんですが、写真の視点が高いのでやっぱりダニエルが撮ったんでしょうか。
こんなに人がいるのによくバレないもんだなぁと感心しましたが、考えてみれば乗ってる人の顔なんていちいち見ないですよね^^;
ただダニエルは背が高いようなので、見る人が見たらすぐに分かりそう…。
幸か不幸か、収められた写真にはカメラの方を向いてる人はいませんでした。
いや~、でも自分だったらダニエルと分かっても、ただ立ち尽くすのみかも…(笑)。
緊張しちゃって動けなさそうです^^;
なんにしても、おなじ電車に乗れた人たちがうらやましい~(≧∀≦)

by: マツリ * - * URL * 2007/11/06 * 21:28 [ 編集] | top↑
--マツリさん♪5--

こんばんは~^^
ま!ダニエルってば上野と渋谷に出没してたんですね。この間私も行ったわぁ・・・と、微かな接点が嬉しいです^^。満員電車の画像は、usakoさんのブログ「うさぎの紅い眼」で見させてもらいました。確かに視点が高かったですよね。186cmってこんな視界なんだぁ(驚)。きっと頭ひとつ、ダニエルの美顔が突起していた事でしょう。ダニエルを知らない人が見ても、あのチョ~美しい顔には驚いたんじゃないでしょうか?あぁ・・・お互いにその場に居たかったですね。ホント彼らが羨ましいわぁ。
でも、ダニエルの日本滞在はまだまだ続くようなので、特にお近くにお住まいのマツリさんは回りに目を光らせなくちゃ!いつダニエルに遭遇するか、分かりませんもんね^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/11/07 * 18:22 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/425-502c40a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。