全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
傷だらけの天使・第4話「港町に男涙のブルースを」
2007 / 12 / 11 ( Tue )
1974年 日本テレビ系 東宝
監督/神代辰巳
脚本/大野靖子
キャスト/萩原健一 水谷豊 岸田森 ホーン・ユキ 池部良 荒砂ゆき 田島義文 潤ますみ 山中貞則 中野エリ 他

今日は私の誕生日でした。記念になるような映画の感想でも・・・と思いましたが、大好きだったドラマ「傷だらけの天使」を最近見直したので(勿論、池部さんが出ていたから^^;)、その感想を書こうと思います。
コメント、本当にありがとうございます!いつもレスが遅くて申し訳ないのですが、明日以降にさせて頂きますね。
出だしいきなりの、ショーケンの修(おさむ)とゆきずり?の女とのラブシーンが。布団一枚でいっぱいの畳の空間に充満する、妙にしっとりと重い湿度・・・。さすが!日活ロマンポルノのエース・神代辰巳監督です。何より、対象が上になり下になりとかなり動いているのに、乳も下腹部も映らないのが凄い!!
実はそれは美人局で、乱闘の末、修は全裸のままチャリで逃走。そのまま海へ・・・。この格好悪い、ダサい、情けない、イケてないが逆に、きゃ~格好良い!とは言わないけど、そこの惹かれるのは確かです。
そして、ずぶ濡れのまま入ったバーで、我がスター☆池部良の梶シュンスケ(どんな字を書くんだろ??)と出会います。我がスターの最初のひと声は、「あ”~~」でございました。





泥酔し臭い息を吐きながら、修に絡む梶。決してセクハラではありませんので、念の為。
隣に座ったミルクをオーダーする男の二人連れを、「殺し屋だ」と言う梶。この「殺し屋だ」と台詞の上から、都はるみの「好きになった人」のイントロが流れます。ぎゃ☆池部さんのBGMに演歌!?池部さん、かつては和製ジェラール・フィリップって言われてたそうなのに~!この後の登場シーンも、三味線による「戦友」や「君が代」が流れたり。そうかぁ・・・これが傷天ソングかぁ・・・。
なんやかんやで、梶の経営するヌードスタジオに連れ込まれる修。ヌードスタジオって??なんですが、この物語では、ヌードモデルの写真を撮らしてお金を取る、いかがわしい商売みたいです。池部さんってばそこの主人なんですよぉ!(驚)
そして、そのヌードモデル・荒砂ゆきのアケミが、良かった!顔は全然美人じゃないけど、体はむちむちと脂が乗っていて、からっと明るく、男を喜ばす色気を熟知している。笑いながら修と関係したり、梶に乗せられる修を心底心配したり。梶とのツーショットは、後ろから首を抱き胸をさすったり、膝枕をしながらお尻に手を回させたり。結構密着度が高いのですが、いやらしさより、むしろ暖かく深い、母性の愛に近いものを感じました。





梶に顎を擦られながら、そのまま膝枕される修。その後、腰も擦られた。・・・ショーケン、メッチャ羨ましいな☆(本音)
そして、水谷豊の亨(あきら)はやっぱり可愛いです♪最初の登場シーンで、カマ口調で修と電話するのが、ホント可愛かったなぁ♪♪着ているのが、黄色いミニ丈のワンピースみたいなのでさ。女の子みたいでした。
修の、梶と「馬が合う」と言う言葉に、亨は、「いつもは嫌いな男に甘えて、お~いやらしい!」と嫉妬丸出し。元々修と亨はゲイカップルにするつもりだったのが、TV向けでないという理由でノンケになったとか。亨は精神的にゲイである・・・と検索したらあったので、今までに感じたゲイゲイしさは私の思い込みじゃなかったのね♪(ひと安心^^)
前にちょっと流行っていた、「野ブタ。をプロデュース」の“修二と彰”は、やっぱりこの“修と亨”のオマージュ的ネーミングですよね。さすがに、そんなにゲイゲイしくはなかったけれど・・・。





岸田森の辰巳。いいよねぇ、この人。アケミのヌードをノリノリで撮ったり、美人秘書・ホーン・ユキにおぶさったり。ここまでオープンだと、もうむっつりではないような。ある意味健全です。
そんな辰巳をしどろもどろさせる梶。池部良と岸田森、大好きな二人が一つのフレームに納まっている。いやぁ・・・美味しいなぁ♪♪そして、修にしろ亨にしろ辰巳にしろ、池部良の梶を、陰で「じじい」とか「おやじ」とか呼んでいたのが、感慨深いというかなんというか^^;



この物語で一番好きなのは、よく分からない所。最初見た時は、展開があまり飲め込めませんでした。海老の冷凍パックが横領されて、それが実は麻薬絡みで・・・と、なんとなくは分かるのですが、なんで梶がそれに絡んでくるのか??おそらくそれは戦時中、自分と戦友達を裏切った上官への恨みから・・・。しかし、なんとなくぼやけます。これは私の勝手な解釈ですが、このぼやけた感じは修の感覚なんじゃないでしょうか??戦後生まれで頭のあまりよろしくない修には、戦前派の持つ感情も、それ故の行動も理解し切れない。ただ、自分も何かを越えたいという思いはある。馬は合う。友情は感じる。裏切られたら、辛くて哀しくてたまらなく腹が立つ・・・。物語の合間合間に入る、「浪曲子守唄」を歌いながら竹の棒で高飛びをする修の姿。物語に絡まない、不要にも思えるシーンですが、よく分からないけど、凄く重要なシーンだとも思えるのです。
そして、特に好きというか衝撃だったのは、ラストのアケミでした。そんな横領とか麻薬とか戦争中の恨みとか。そういうのを全て一掃し、この物語を女の濃い愛の物語に塗り替えてしまいます。男の一徹だ美学だなんて、女の情念の前ではなんて薄く味気のないものなのでしょうか。


それにしても、今回の池部さん!私が今まで見た役の中で、一番ハートがシクシクしちゃいました。いわゆる格好良い役じゃないんだけれど、乙女心をダイレクトに刺激します。私の初恋の池部さんは、『破戒』の頼りなくも美しい瀬川丑松(↓)でしたが、こんな酒臭そうなおっさんを演じるようになるなんて、全く思いもしなかったなぁ。どちらの池部さんも好きですけどね^^


スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 59 : 19 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<花蓮、青島、赤報隊 | ホーム | 多羅尾伴内>>
コメント
--美しい!--

weiyangさん、こんにちは!
一日遅れましたが、誕生日おめでとうございます♪
weiyangさんにとって良い年になりますように!

「破戒」の池部さん。めっちゃ格好良いですね!っというか美しいです!この画像を見ただけで惚れます♪
悪名シリーズを見終わったら「昭和残侠伝」を見ようかなと思ってるのですが…池部さんは「若い人」で一目惚れしたようなものなので、カラー&渋い姿に戸惑わないか少し心配だったりします(笑)でも、いろんな姿が見たいので楽しみです。
by: natsu * - * URL * 2007/12/12 * 15:18 [ 編集] | top↑
--natsuさん♪--

ひゃ~☆ありがとうございます!メッチャ嬉しいです^^。とっくに喜ぶ年でもありませんが(哀)、折角お祝い頂けた事ですし、少しでも良い年にしたいと思います。

でしょ♪美しいでしょ♪(笑)↑の画像ではよく分かりませんが、泣いております。『破戒』の池部さんはとにかく泣きます。もし機会があれば、雷蔵さんの『破戒』を見てから、池部さんのを見ると良いかも。雷蔵さんの方が内容は原作に忠実です。池部さんのは主人公の哀しみに耐える、弱々しくも美しい姿ばかりで構成されている、ちょっと不思議な作品です。
確かに『若い人』と『昭和残侠伝』のギャップは大きそうです。戦争映画コーナーに、『さらばラバウル』とか『潜水艦イ-57降伏せず』とか置いてないですか??ウチの田舎のTSUTAYAにはあったのですが・・・。ともあれ、渋い池部さんもnatsuさんに気に入って頂けたら、嬉しいなぁ^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/12/12 * 23:45 [ 編集] | top↑
--生日快樂!--

weiyangさん、お誕生日おめでとうございますー。(ちょっと遅くなりましたが)
「傷だらけの天使」ですか。なつかしいです。
思うに日本のドラマは昔の方が格段大人っぽかったような。
クオリティも高いですね。
私はこのドラマをそれほどリキを入れて観ていたわけではありませんが
出演陣を含めやっぱりカッコイイ。
池部さんも本当にいい男ですねぇ。
亨(アキラがこの漢字だというのも今回知りました)がゲイキャラだったことすら知らなかった・・・。
そういわれれば納得だわー。
by: sabunori * JalddpaA * URL * 2007/12/13 * 06:06 [ 編集] | top↑
--Happy birthday ♪--

weiyangさん、(遅くなりましたが)おめでとうございます!
この一年がweiyangさんにとって、素晴らしい年になりますように。

今日はお休みで昼間からネットができてルンルンです(笑)
職場の先輩に三船敏郎ファンがいてよくその魅力話を聞くのですが、池部さんとは対極にある俳優さんだなぁ…といつも思い出します。
この一番下の池部さんは「破戒」ですか?
繊細そうで素敵ですね~!
雷様より丑松に合っているのかもしれない…と観る前ですが思ってしまいました。
by: fizz♪ * 0HzTjQFo * URL * 2007/12/13 * 12:03 [ 編集] | top↑
--はっぴいばーすでい♪--

weiyangさん、遅ればせながらHappy Birthday!I wish it is a wonderful year for you!

「傷だらけの天使」名作の誉れ高いですよね。若い頃のショーケン結構好きだし、池部氏もいい味出してるみたいだし、観たいかも。ほんと、今のオコチャマ向け学芸会にはウンザリしてるので、大人の鑑賞に耐え得るTVドラマが観たいです。
雷蔵の「破戒」も観たい~!録画した「妖僧」と「安チンと清姫」楽しみ♪
by: 松たけ子 * OGgHy/oY * URL * 2007/12/13 * 22:34 [ 編集] | top↑
--sabunoriさん♪--

こんばんは~^^お祝い、ありがとうございます!!

「傷だらけの天使」、本当にクオリティの高いドラマですよね。監督陣&俳優陣も大変豪華ですし。当時は夜10時~放送していたそうですが、今じゃ深夜枠でも絶対無理な内容ですねぇ。以前地元TV局で夕方4時くらい(驚!)から再放送した時に出会い、見れれば見る程度で見ていたのですが、最終回は衝撃☆えぇ!?なんでそうなるの!??先日久し振りに見返して、痛くて空しくてやるせなくて、軽く泣き掛けました^^;
亨は一応女が好きみたいですが、作り手の意向としては精神的にゲイだそうです。まんまゲイではないけど、確実に女より修の方が好きというのが一目瞭然でしたよね。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/12/13 * 23:57 [ 編集] | top↑
--fizz♪さん♪--

こんばんは~ありがとうございます!えぇ、素晴らしい年にします!!(笑)
今日はお休みだったのですね。楽しいですよね、昼間からネット♪

三船敏郎さんの対極というと、よく共演されていた森雅之さんを思い出しますが、池部さんも確かにそうですよね。片や『椿三十郎』、片や『雪国』ですものねぇ、全然違う(笑)。しかし、二人の共演は結構良いですよ~。私もあまり見た事はないのですが、お互いの異なった魅力が更に光る気がします。

『破戒』の、ぴっちり七三が美しい雷様と、自由過ぎる前髪が鬱陶しい良様。どちらも大好きですが、原作を読んでいて頭に浮かぶのは、う~ん・・・やっぱり池部さんの方かなぁ。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/12/14 * 00:11 [ 編集] | top↑
--たけ子さん♪--

こんばんは~^^
お祝い、thank you very much!!(これ以上の英文は綴れません^^;)

「傷だらけの天使」、オススメです!若き日のショーケンは良いですよねぇ、刹那的というか破滅的というか。水谷豊は更に好きですが。池部さんはこの第4話だけですが、他にも豪華なゲスト出演者が毎回魅せてくれます。何より岸田今日子と岸田森のコンビだけで、お腹いっぱいになれます(笑)

座ると足が3本あると言われた(3本目の足って何?←カマトト^^;)、かの道鏡。妖艶な若尾ちゃんのモーションに悶々たじたじな安珍。この2作が待機中とは!たけ子さんのご感想に色々期待しちゃいます♪♪
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/12/14 * 00:30 [ 編集] | top↑
--お誕生日--

おめでとうございます!!
ステキな年になりますように♪これからもよろしくお願いいたします!!

池部さん、ほんとに、お美しいですねぇ。
現代ではでてこなさそうな感じです。
weiyangさんのおかげで、とっても気になる俳優さんです。
by: ゆうこ * - * URL * 2007/12/14 * 18:06 [ 編集] | top↑
--HAPPY BIRTHDAY!!--

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます!
weiyangさんにとって、良い一年でありますように!

「傷だらけの天使」うわ~、私もこのドラマ大好きなんんですよ~。久々に見たいなぁ・・・
by: Ayu * xtsQx3EI * URL * 2007/12/14 * 22:37 [ 編集] | top↑
--ゆうこさん♪--

こんばんは!ありがとうございます~こちらこそ、どうぞよろしくお願いします^^

池部さん池部さんと、ホントおやかましゅう^^;。今はいませんよねぇ、こういう顔立ち。インテリジェンスと古風を併せ持つ雰囲気が魅力かなぁ・・・と、勝手に思っとります。
香港映画も勿論忘れてはいません!ユンファ兄貴の映画も只今レンタル待機中。見れましたら、ゆうこさんのレビューを読みに伺います♪
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/12/14 * 23:12 [ 編集] | top↑
--Ayuさん♪--

こんばんは~ありがとうございます!沢山の方にお祝いして頂けて、何がなんでも良い一年にしたいと思います。

傷天、Ayuさんも大好きですか!修と亨の背景となる東京の街の猥雑さが、香港映画のそれにちょっと似ている気がします。そこも好き要素の一つかも。日本らしい、香港らしいという点では勿論異なりますけど・・・。
今、クリスマスプレゼントは何が良い?と聞かれたら、傷天のDVD・BOX!と答えてしまいそうな私です^^;
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/12/14 * 23:22 [ 編集] | top↑
----

こんばんは~
今気がついたのですが・・・
遅くなりましたが、誕生日おめでとうございます♪これからの1年が幸運でありますように☆彦にいっぱい逢えます様に☆
段々本格的に寒くなってきたので、風邪など引かないようにして下さいネ^^
by: てぃんまう * - * URL * 2007/12/17 * 02:46 [ 編集] | top↑
--てぃんまうさん♪--

こんばんは~^^
ありがとうございます!気付いて頂けただけでも嬉しいのに、わざわざのお祝いまで・・・。お陰さまで、彦にそらも~いっぱい!逢える気がします。『天堂口』に、おそらく日本もほぼ同時公開なんじゃないかな?の『新宿事件』。あと、『明明』と『門徒』が公開になれば言う事ないんですが・・・。(欲張り??^^;)
はい、本当に寒い日が続きますね。てぃんまうさんもどうぞご自愛されて、この師走の忙しい時期を暖かくお過ごしくださいね^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2007/12/17 * 22:17 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/446-3361ea0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。