全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
祭は続く
2008 / 01 / 07 ( Mon )
昨年中は“池部良祭”と称して、どうにか51本の池部良出演映画を見る事が叶いました。これも、映画館とレンタル屋と、熱したらなかなか冷めない我がオタク魂と、懲りずに訪問してくださった皆さんのお陰です~。ありがとうございます!!あ☆池部良さん自身の魅力も、勿論!^^

ところで、池部良の魅力って??(髪質以外の・笑)
すっかりファンになっておる今は、若い時のかりかり体型も、美声とは呼べないあの声も大好きになっておりますが、個人的に一番魅力を感じているのは、多彩なジャンルの映画に出ているところかなぁ、と。しかも、ほとんどが主役、もしくは主要人物の役というのが凄いですよね。たまに、ほぼ一瞬の登場だったりする場合もありましたが。(『ひとひらの雪』。あのスカっぷりは忘れん・怒)
この祭のお陰で、メロドラマ、コメディ、文芸映画、戦争映画、特撮映画、仁侠映画、B級カルト映画、ATG作品など等、本当に多くのジャンルの映画に出会えました。特に、東宝の戦争映画に特撮映画、東映の仁侠映画はほぼ初体験。いやぁ・・・実際、こんなにも面白いとは思っていませんでした。勿論、池部さん的には本意じゃなかった作品もあるでしょうが、それも意外な池部さんの演技や表情が見れたりして、遅咲きファンの私にとっては嬉しい限りです。
あとは、時代劇やサラリーマン喜劇をまだ見れていないので、その内見たいなぁ。『乱菊物語』、『旅路』、『サラリーマン忠臣蔵』、そして!何より『トイレット部長』!!
松林宗恵監督、鈴木英夫監督、須川栄三監督を知るきっかけにもなりました。いわゆる超メジャーな監督さんではありませんが、今後も注目してゆきたいと思います。

今のところ、次は待機しておりません。レンタル屋は、東映オールスター戦争映画と健さん映画が保留になっていますが、後は多分見尽くしました。出演作は170本近いそうですし、今後も気長に、ちょっとずつ見てゆければ良いなぁ・・・と思います。なので、祭はまだまだ続きます。こうも長期だと、もう“祭”とは呼ばないのでは・・・という疑問が自分でも沸きますが、そこはひとつ目を瞑って頂いて^^;

以下、昨年中に見た、池部良祭(懲りずに^^;)49本目『私刑(リンチ)』の感想です。画像を貼ったら長くなっちゃったので、50本目、51本目はまた後日。
『私刑(リンチ)』(監督/中川信夫)

物語の出だしの舞台は、戦前のあるやくざの一家。そこの若いやくざ・嵐寛寿郎は、親分の幼い息子に大変懐かれている。しかし、兄貴分の裏切りに遭い、罪を犯してしまう。刑務所に入るも、恋人と生まれたであろう我が娘恋しさに、何度も脱獄を繰り返し、その度に刑期は延びる。18年の歳月が流れ、日本は敗戦の混乱と貧困の中にあった。立派な青年に成長した親分の息子・池部良も、戦争から戻って来た。路上で、若い女・久我美子が歌うのを見掛けた。その若い女こそ、嵐寛寿朗の娘の成長した姿だった・・・。

・・・う~ん(困)。面白くない訳じゃないんですが、主人公は池部良じゃなくて嵐寛寿郎だと思うんだけど、ちっとも格好良くない。天狗のおじさん(鞍馬天狗。嵐寛寿郎の当たり役ですね)なのに!そこが、大変据わりが悪いというか。大人しく模範囚やってれば、もっと早く出れたと思うんだけど・・・。兄貴分に捕まるのが恐かったから!?だからって、脱獄に失敗して刑期が延びたら元も子もないだろうに・・・。なんか、とにかく駄目な大人でした。
ていうか、タイトルの“私刑(リンチ)”の意味もよく分からんのよ・・・。確かに多少小突かれてはいたけど、タイトルになるほどか!??

さて、お目当ての池部良は、始まって30分後にようやく登場しました。おぉぉ!メッチャ爽やか!格好良い!!(喜)



戦前のやくざの跡取り、いわゆる二代目、若なんだけど、本人は至って堅実的なリアリスト。お天道様の下を堂々と歩けないやくざなんて、もう流行らない。手に職を・・・と、兵役中に身に付けた靴の直しを始めます。



二代目は靴直し職人。眉と目尻が、えなりかずきバランスの池部良です。



お勤めご苦労様です!の嵐寛寿郎を迎えにゆく時の、池部良のスタイル。帽子とネクタイが可愛いです。

基本ぼんやりな雰囲気の二代目なんですが、この作品ってば思い掛けずキスシーンがありました。しかも、かなり唐突☆
池部良が、「君は僕の恋人にだんだん似てきたね。ちょっとずべ公だけど」みたいなセリフを言って、久我美子が、「ずべ公?」と笑いながら返す。と、次の瞬間キスシーンに突入していました。えぇ!?じゃあ、さっきのは口説き文句だったの??ムムム☆やるな、二代目・・・。



直前、池部良ってばにやりと笑うのです。そんな手馴れたちゅーで良いのか、復員兵よ・・・と、こっちが心配になるくらいの余裕っぷりでした。
ちなみに、日本最初の接吻映画(キスシーンのある映画をこう呼んでいたそうですよ^^)は、『はたちの青春』だそうです。先日見た『瀬戸内少年野球団』の劇中で、肝心のそのシーンは見れました♪二本目は、池部良のエッセイでは、山口淑子と共演した『暁の脱走』と書いていますが、公開はこの作品の方が先のようです。撮影は『暁の脱走』の方が先だったとか?それとも、山口淑子とのキスが良過ぎて、こちらは忘れちゃったとか??久我美子とのキスを忘れるなんて、彼女のファンからしたら勿体ない限りでしょうね。



相変わらずキスシーンばかり語っておりますが^^;、他にも、洋服で二代目らしく伝法に嵐寛寿郎を説教したりと、楽しい池部良が見れます。据わりが悪くはありますが、ファンにはなかなか美味しい作品でありました。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

22 : 03 : 42 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なだそうそう | ホーム | 寒波の中で香港を想う>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/454-0514a5d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。