全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
命の流れも
2008 / 01 / 28 ( Mon )
止まるくらい、凍らせて欲しいと、あなたは言う・・・。

正月明けからずっと、我が職場の近くの有線?からは、定期的に玉置浩二の「氷点」の電子音ヴァージョンが。流れる度に、ついつい口ずさんでしまいます。
そして、ここ、私の部屋には暖房がありません。いえ、あるにはあるのですが、諸事情で使えません。なので、かじかむ手、じんじんと冷える足をさすりさすり、PCのキーボードを打っております。軽く、寝たら死ぬ!って感じです。・・・暖めて欲しい、と私は言う・・・。

先週の「NHK短歌」は、池部良さんが出演しました。うふふ♪短歌、全然分かんないくせに、続けて2回も見ちゃったよ☆遠目のお姿は、お若い時のシルエットと綺麗にかぶります。特に手の使い方なんか、映画のまんまですね。顔に寄せたり、軽く握ったりするだけで、いや~絵になる!あと、この人はしゃべりが面白いなぁ・・・と。質問に対して、基本ストレートな返答はしません。チョ~変化球なんだけど、ミットに収まってみると、ストライク!ど真ん中!みたいな。手振りはやっぱり大きく、彦もそうだけど、自分の中で蓄積している考えや思いがい~っぱい!なんだなぁ・・・と、楽しく拝見しておりました。今回の池部さん的キーワードは、銀シャリ、餃子、美人、でしょうか?^^
それにしても、「NHK短歌」のあのライブ感はなんなんでしょ??本放送は生なんでしょうか??明らかな間違いや、辻褄の合わない事を、その場で訂正したり、全くもってスルーしたり。画面は一見爽やかで静かなんだけど、結構ハラハラしました^^;

以下は久し振りに、1月末以降の池部良出演映画の上映、です。
新世界東映
 1月26日~2月1日
 『昭和残侠伝 死んで貰います』

浅草名画座
 2月6日~12日
 『君よ憤怒の河を渉れ』
 『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』

川崎市市民ミュージアム「映画監督・谷口千吉」
 2月16日
 『33号車応答なし』
 2月17日
 『乱菊物語』

シネマヴェーラ「東宝アクション!」
 2月24、28日
 『遥かなる男』
 3月10、11日
 『脱獄囚』
 
ラピュタ阿佐ヶ谷「喜八魂(岡本喜八監督特集)」
 2月27日~3月1日
 『暁の脱走』

シネ・ヌーヴォ「山本薩夫監督特集<社会派エンタティメント>」
 3月8日~11日
 『戦争と平和』
 3月8、9、11、12日
 『ペン偽らず 暴力の街』

滋賀会館「川島雄三レトロスペクティヴ」
 3月20日~29日(詳しい日程は後日)
 『花影』

 <TV>
朝日テレビ「徹子の部屋」
 2月12日13:20~
 

1月は池部さん映画の上映がないなぁ・・・と、ちょっと寂しかったのですが(見落としているだけかも^^;)、2月以降はどーん!と。
まず!川崎市市民ミュージアムは、昨年末にお亡くなりになった谷口千吉監督特集です。『乱菊物語』も勿論メッチャ見たいのですが、やっぱり『33号車応答なし』が!!これ、かなりハラハラドキドキで面白いそうですね。しかし・・・、ジェイのコンサートの時間とモロかぶりなの↓↓↓次のご縁に期待します。他にも、『潮騒』、『不良少女』、『嵐の中の男』、『最後の脱出』、『紅の海』、『やま猫作戦』と、かゆい所に手が届くって感じのラインナップがさすがです。谷口監督×池部良の作品だと、『愛と憎しみの彼方へ』、『遥かなる男』も見たいなぁ。・・・と思ったら!『遥かなる男』、シネマヴェーラで上映するし☆あと、個人的に大好きな『男対男』も、いつかスクリーンで見たいものです。
2月16日は、高倉健さんのお誕生日だそうです。という訳で、浅草名画座は、2月はほぼ高倉健月間!バリバリ仁侠映画は勿論、笑撃?の健さん=金田一耕助から人情ドラマまで。健さん映画のオンパレードです。そんな中、池部さんのお誕生日である11日を挟んだ週に、池部さん共演の作品が2本ラインナップしているのは、さり気なくお祝い!?だとしたら、さすが浅名さん!粋ですねぇ。(え!?たまたま??^^;)
さり気ないといえば、ラピュタ阿佐ヶ谷。岡本喜八監督特集に、谷口千吉監督の『銀嶺の果て』、『暁の脱走』をラインナップ。喜八監督が助監督として携わった作品、に加えて、谷口監督の追悼の意もあるのではないでしょうか。
そして!昨年のフィルメックスの山本薩夫監督特集が、遂に大阪に!しかも、ラインナップが更に充実。デカダンスな池部さんが堪能出来る『戦争と平和』に加え、一応出てます程度の『~暴力の街』まで。個人的に一番見たいのは、田宮二郎主演の『スパイ』。↑の関連ページの紹介文には、最後に「面白い!」とひと言。あぁ~、このひと言は強烈です。そそるそそる。
我が地元も頑張ります。京都で開催した川島雄三監督特集が、ほぼ一新。メッチャ見たかった『貸間あり』に『青べか物語』、『愛のお荷物』は三橋達也、山村聡、山田五十鈴というキャストも魅力的。そして、唯一の池部さん出演の川島監督作品、『花影』が上映されます。
滋賀会館には、大ホールという、凄く広い上映スペースがあります。いわゆる昔の映画館規模なので、1000人は入れるんじゃないかなぁ。座席はちょっと・・・だけど^^;、スクリーンもそれなりに大きく(数年前、関西圏にあるスクリーンでは1番か2番に大きいと聞いた記憶があります)、私はこの大ホールで映画を見るのが好きです。上映が土・日・祝日のみなので、なかなか出掛けられませんが^^;

スチール『33号車応答なし』
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

20 : 01 : 25 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<風邪日和 | ホーム | 海賊八幡船>>
コメント
--願っておきます。--

weiyangさん、こんにちは!
「NHK短歌」の再放送、毎朝5時半起きで準備をする自分はチラチラとしか見れませんでしたが、見れて嬉しかったです♪でも自分が見た池部さんは41歳まで。いきなり90歳になる池部さんを見るとビックリしました(笑)ですが手の使い方なんか本当に変わってませんでしたね!あぁ~池部さんだ!と思うと感動しちゃいました。お元気そうでなによりです。「徹子の部屋」 も楽しみですね♪♪画像の池部さんは警察官?警備員?でしょうか。格好良いなぁ。。。
池部さん出演映画はやっぱり残念ながら映画館では見れませんが、weiiyangさんのレビューを楽しみにしています。

沖縄でも昭和の映画は上映されますが、なかなか見たい映画が上映されず。。。けれど去年は溝口監督特集もありましたし「悪名」も上映されてたんですよ!今度は赤木圭一郎さん特集が上映されるので是非池部さんの出演作も!と期待して待っていようと思います!
by: natsu * - * URL * 2008/01/30 * 13:09 [ 編集] | top↑
--natsuさん♪--

おはようございます!
「NHK短歌」、ご覧になられましたか!(ていうか、5時半起床って凄い早いですね~・驚)
私は60歳の池部さんから、70代を飛ばして、84歳、89歳の池部さんを見ましたが、中年の頃より今の方がお若い時に似ておられる気がします。細くなったからかな??本当にお元気そうで♪これからも、たまにこうやってお姿が見れると嬉しいなぁ。「徹子の部屋」では、映画のお話もして欲しいですよね。
↑の画像は、『33号車応答なし』のスチール写真です。パトロールカーの乗務警官だそうですよ。もう一人は分かりにくいですが、志村喬さんです。

ま!素敵な特集上映ですね~。噂の桜坂劇場でしょうか?ミニシアターフェチの私としましては、いつか絶対行こう!と^^。池部さん特集じゃなくても、東宝特集とか文芸映画特集とか。何からしらの特集があると良いですね。赤木圭一郎さんは、実は作品を一本も見た事がないので、良いなぁ。羨ましいです。
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/01/31 * 08:45 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/461-fb43530d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。