全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
乱菊物語
2008 / 02 / 26 ( Tue )
乱菊物語

1956年 東宝
監督/谷口千吉
原作/谷崎潤一郎「乱菊物語」
キャスト/池部良 八千草薫 小堀明男 上田吉二郎 北川町子 藤木悠 笈川武夫 浪花千栄子 小杉義男 堺左千夫 富田仲次郎 谷晃 藤原釜足 宮桂子 他

群雄割拠(ぐんゆうかっきょ。多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合う事)の始まろうとする室町時代末期、瀬戸内海の室の津を治める陽炎という絶世の美女(八千草薫)が、二寸二分四方の黄金の箱に収まる十六畳吊りの蚊帳を持参した男に身を委ねると宣言する。これを聞いた大名・赤松上総介(小堀明男)は、張恵卿(上田吉二郎)を天竺に遣わす。二年後、蚊帳を手に入れた張の船が帰国し、七年に一度の祭を控えた町の人々は動揺するが、よそ者の仲仕(船の積荷を下ろす人?)・弥市(池部良)は、「陽炎様は所詮遊女」と言い放つ。しかし、張の船は海賊に襲われ、そのどさくさに紛れた何者かが蚊帳を奪い、黄金の箱ごと海へ投げ込んだ。翌朝、“海龍王”の名で祭の前日に蚊帳を届ける、という張り紙が町に・・・―「宝塚歌劇 衛星放送チャンネル」を参考に―

この日曜に放送された「NHKアーカイブス」。市川崑監督特集という事で、「婦人の時間「この人この道 市川崑」」と「金曜時代劇「逃亡 第一回 女と影」」が放送されたそうです。「~「この人この道 市川崑」」では、『東京オリンピック』を準備中の崑監督と司会の方と、後半は淀川長治さんと我がスター☆池部良さんが加わった、4人による座談会だったそうです。・・・はい、見事に見逃しました(泣)。ここ数日、朝に新聞でTV欄をチェックする時間がなかったしなぁ。先日の「映像美の巨匠」といい、NHKの特番との相性がとことん悪うございます。それにしても、これ、1964年放送という事で、池部さんは当時46歳。1964年といえば、『乾いた花』の年ですね。あの男汁染み出す(他に言い様はないのか、自分)池部さんが、どんな格好でどんな髪型で、どんな話をされたのでしょう??気になる~、NHKに再放送のリクエストをしようかしら。

そして、渋谷シネマヴェーラでは、谷口千吉監督、池部良主演の『遥かなる男』が上映されました。私がいつも読ませて頂いている日本映画のサイト、ブログ等にも、格好良かった!との感想が。特に乗馬シーンは素晴らしくお上手だそうです。いいなぁ、私も見たかったなぁ(羨)。と同時に、伴映の福田純監督の『血とダイヤモンド』がメッチャメチャ面白かったみたいで。大絶賛されている方がちらほら。スタイリッシュでブラックな、極上の和製ノワールだとか。どんなだろ??いつか絶対見たい!

そんな訳?で、色々書きたい記事があるし後回しに・・・と思っていましたが、先に書いちゃいます!池部良祭52本目『乱菊物語』の感想です。
まず、とにかく八千草薫が美しい!目を見張るばかり!!と。その美貌が大絶賛されていた、この作品。さぞかし・・・と、それはそれは楽しみにしておりました。
・・・が。が!ンが!!それどころではない、ディープ、メガ、ギガントな衝撃☆映像が!!
池部さんの半ケツ・・・失礼。池部さんのお尻が半分外気にさらされておりました。正確には、船の積荷を下ろす仲仕という役柄なので、裸にふんどしを締めた状態に、お尻が半分隠れるくらいの丈の短い着物のみを着用。なので、お尻の下半分が常に丸出しなんです。またそのお尻の、いわゆる野郎のへこんだ硬そうなのじゃなく、ぷりっと丸くて可愛らしい事!まさかの二枚目スターのアラレモナイ艶姿に、動揺しまくりでした。・・・ご免、八千草さんの美貌どころじゃなかったの。物語もちゃんと理解しているか自信がない。ただもう、我がスターのお尻を追うのに夢中で・・・。前半はほぼこのスタイルだったし。(前からはビキニラインが拝めるし)
「メッチャ可愛かったねぇ」って主語なしで振られたら、「八千草さん?」ではなく、「池部さんのお尻?いやぁ、マジ可愛かった!」と迷いなく返します。

陽炎

八千草さんの美貌<池部さんのお尻。・・・いえ、確かに美しゅうございましたよ。谷口監督、その美しさに惚れてか?奥さんにしちゃいましたもんね^^。クールな表情と感情的な演技のギャップが良かったです。

まぁ、我が変態披露は一旦中断して^^;、物語も面白かったです。
最初は「竹取物語」のかぐや姫っぽかったのですが、池部良の弥市は、実は赤松家に滅ぼされた一族の一子・高行で。八千草薫の陽炎も同じく滅ぼされた一族の姫・葵で、二人は許婚同士で。15年(だったかな?)の歳月の間、お互いの生死が分からないまま、お互いをずっと想い続けていた。弥市は“海龍王”と名乗り、陽炎の前に姿を現し金を要求する。そこで初めてお互いの正体に気付き、お互いの想いが変わらない事を確認するも、「赤松を討ち、共に一族を再興させましょう」という陽炎の言葉に、「私にはその気はない」と返す弥市。彼は復讐に縛られるより、仲仕として貯めた金で船を買い、狭い島国から大海原へ出る事を夢見ていた・・・。

二人の再会のシーンが良かった!お互いの手を取り、目には涙。ただもう嬉しく、言葉が出ない・・・。池部さん、時代劇にも関わらず相変わらずの起伏のない、棒のような台詞廻しですが(見ているこっちが焦ります)、やっぱり愛を賛歌させたら上手いですねぇ。会えて嬉しい!たまらなく可愛い!いじらしい!そういう想いが画面からほとばしります。涙目で微笑むアップは胸キュンv 最近見た我が涙目の男前ベスト3は、この池部良と石坂浩二(『細雪』)と、トニー・レオン(『ラスト、コーション』)で決まり。
再会の嬉しさから、勢い良くお姫様抱っこ。仲仕の半ケツ姿から一転、烏帽子に袴のすらっと長身で清潔感の漂う、見目麗しい若者の腕にすっぽりと小さく収まっている、十二単?の可憐な姫。この姿が凄く絵になっていて、羨ましいな~とかなく、素直に良いな~可愛いな~と^^

そして、七年に一度の祭が開かれます。ちょっと変わった趣向のある祭で、陽炎によりこの町の王様が決められ、祭の間は王様の命令は絶対。王様の条件は、最も不幸である、という事。なんやかんやで、王様に選ばれる弥市こと高行。そこに攻め入る赤松の軍勢。町を挙げて返り討つという陽炎と町の人々に対し、「どうしても戦うと言うなら止めないが、私は残り、この町の事を語り継ぐ」と言う高行。あくまで赤松と交戦しないと主張する高行に、陽炎は反感と憤りが隠せない。しかし、実は高行にはある決心があった・・・。

結論としましては、この決心は空回り。やぶ蛇。下手こいた~☆でした。
改めて思いましたが、池部良っていわゆるストイック、禁欲的な優等生というスタイルが・・・似合わない。というか、やや違和感を感じます。今回も、陽炎が高行の決心に気付き、彼の寝殿に会いに行く。閉ざされた扉を必死で叩き、「ひと目だけでも!」と嘆願する。それに堪える痛々しそうな表情は確かに格好良いけど、セクシーか?と問われると・・・。これが雷蔵さんだとむわっと色香が漂うのですが、池部さんは多少抗がっても、基本欲情に負けて、溺れる。堕ちる。そういうスタイルの方がより輝きますね。

高行と赤松

しかし、今回の目玉は、池部良の立ち回りにある!(と、勝手に断言)
池部良の運動能力は素晴らしい!とたまに聞きますが、走る時は手を横に振るし、足取りは妙に軽やかだし。『不滅の熱球』の野球シーンは、お世辞にも上手とは言えないし。やや疑問視しておりましたが・・・撤回!確かに、素晴らしい運動能力でした。往年の時代劇スターのような、静止した構えから殺気を漂わせる。そんなシーンはなかったし、さすがに出来ないかもだけど、阪妻並みに常に移動し、斬りまくっていました。メッチャ動き回っているのに、ちっともふらふらしないの!あと、型として足蹴りするシーンはよくあるけれど、この池部良はマジ入れてた。俯瞰のシーンだったと思いますが、あの長い足がびゅッと伸び、斬られ役のお腹にがつッと。そして、そのまま間髪入れず、次の斬られ役を斬っておりました。ひゃ~☆★☆
それと、最後の赤松の斬り捨てるシーンの型が面白かったです。凄く低姿勢で、片足を前に出して。そして、回転ジャンプして一刀両断!・・・うん、ちょっとやり過ぎ^^;。それにしても、この型って何処かで見た気がするのですが・・・。何処でだろ??
また、この立ち回りシーンは、↑のポスターにある白装束にポニーテールという、チョ~美丈夫スタイル。返り血を浴びた白装束、汗ばむ首筋や顔に張り付く髪の毛がセクシーです。この美丈夫が必死の形相で、陽炎をその広い背中に庇うシーンは、あぁ・・・メッチャ羨ましい!変わりたい!と思いました。

谷崎潤一郎が原作という事で、勝手に妖しく官能的な時代劇かと思い込んでおりましたが、映画に関する限りは正統派という印象。ラストの、船上で陽炎の肩を抱き、何処ぞを指差す高行は、まるで長谷川一夫か市川右太衛門だし。藤原鎌足の高行に仕える坊主も、種も仕掛けもない超能力者だったし。
谷口監督ならではの、爽やかにむらっとする男子(大好物v)が拝めなかったのは残念ですが、東映のストレートな娯楽時代劇を東宝で焼き直したような作品で、大変楽しゅうございました^^


以下は、これからの池部良出演作品の上映予定(追加)です。

川崎市市民ミュージアム「亀井文夫の戦後」
 3月1日
 『戦争と平和』

東京国立近代美術館フィルムセンター「生誕百年 映画監督 マキノ雅広(2)」
 3月8、13日
 『昭和残侠伝 血染の唐獅子』
 『昭和残侠伝 唐獅子仁義』
 3月8、13、28日
 『昭和残侠伝 死んで貰います』

滋賀会館シネマホール「川島雄三レトロスペクティブ」
 3月22、23日
 『花影』
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 22 : 54 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<河内のヒーロー | ホーム | おばさま悶絶!やりすぎ四十八手!!>>
コメント
--ありがとうございました!--

はじめまして。東京に住む、ちいと申すものです。
ここに書き込むのはおこがましい気もするくらい映画もほとんど観ない者です・・・。
実は、春に鎌倉のとある喫茶店に入り、注文したものが来るまでの間に何気なく見た
スター名鑑(のようなもの)をパラパラとめくり、
そこにあった若かりし頃の「池部良」に一目ぼれ。
これまで存在も知りませんでした。
しかし、これまで「動く池部良」を観る機会もなく中年のときの写真を見
「ちょっと違う・・・」と思い、そして初めて動く池部良に出会えたのが、先日の「徹子の部屋」
90歳!にしてはお若いのですが、だけど一目ぼれしたイメージとは違う。
どこをどうしたら、見ることができるのだろう?と思っていたところ
このHPに行きつき、阿佐ヶ谷で「暁の脱走」の上映をすることを知りました。
で、今日行ってきました!昔だ!ほんとに昔の映画だ。
あ、イエライシャンの人だ!!そして!池部良ーーーーーーーー!!!!!!
まあまあ、ほかの兵隊さんに比べて、それはすっとしていて
やっぱり美しいですね~。ほ~。でした。
映画は、最初の方、山口淑子演じる春美にいらいらしっぱなしでしたが
最後は「あれ、感動しちゃったかも・・・」と終わりました。
たぶん私は、若い頃の池部良の顔が好きなだけなのかもしれません。
とても失礼なことなのでしょうが。
(実はかつて一番好きだった彼によく似ているんですね)
そんな私なので、ここに書き込むことはためらわれましたが
でもとにかく、情報を教えていただいたこと、
とても感謝していることを一言伝えたくて書き込んでしまいました。
本当にありがとうございました。
そして「美しい池部良」が堪能できる作品はどれなんでしょうか?
ほんとに失礼な質問で申し訳ありません。
不愉快でなければ教えてください。    ちい

by: ちい * - * URL * 2008/02/28 * 00:18 [ 編集] | top↑
--池部さんは凄い!--

weiyangさん、こんにちは!
ジェイコンサートでお会いした時に、あぁ~やっぱり「乱菊物語」を見に行くんだ!と思いレビューを楽しみにしていました!

自分も池部さんの半ケツが見たかった…じゃなくて素晴らしい運動能力が見たいです!池部さんは運動能力がよいという印象ではないので(「若い人」のボール蹴り損ないのイメージかな?)そんな池部さんの立ち回りが見れたらキャ~素敵♪となりそうです。是非その広い背中庇ってほしいです。必死な姿を見ていたい…(笑)
そういえば「破戒」を見させて頂きましたが、この映画にも少し乗馬シーンがありました。池部さんがとても自然に馬に乗っていたので本人かな?と思ってましたが、きっと池部さん本人が演じてるんでしょうね。凄いなぁ。この一瞬でも惚れます~♪

あと画像の八千草さんが綺麗!と思いました…が池部さん格好良いっというか顔小さっ!と驚きます。本当に何度見てもスラッとした体に小さな顔。そのうえめっちゃ男前な所に感動します。早く池部さんを映画館で見たいなと改めて思いました。

それにしても90歳にして自分を含めファンを増やしていく池部さんて凄いですね。これに貢献するweiyangさんに拍手です!いつも情報をありがとうございます。
ちいさんにも池部さんの映画をたくさん見て頂きたいなと思いました。
by: natsu * - * URL * 2008/02/28 * 12:33 [ 編集] | top↑
--ちいさん♪--

初めまして、weiyangと申します。あと少しで引っ越しますが、今現在は滋賀に住んでおります。

わざわざのお礼!恐縮です。
池部良さんの上映情報は100%自己満足で載せています。後日自分で見て、「今日は○×の上映があるのかぁ・・・」とか、「この作品は上映の頻度が高いなぁ・・・」とか。こういう事を無駄に考え、一人楽しむ為に^^;。その自己満足がちいさんのお役に立って、本当に本当に嬉しいです。しかも、こうして素敵なコメントまで頂けるなんて!感激です。本当にありがとうございました。お陰様で、これからもしつこく自己満足に励めます^^

ちいさんは鎌倉の喫茶店で池部さんに一目惚れされたのですね。まぁ、なんて素敵なシチュエーションなんでしょ!(羨)でも、動く池部さんは「徹子の部屋」が初だったのですかぁ。いくらお元気でお綺麗な90歳でも、それはやっぱり「違う・・・」ですよねぇ^^;
昨日は、池部さんの映画を初めて、しかも映画館で見られたそうで。おめでとうございます!春美にいらいらしっぱなし、分かります!私も最初見た時は、ず~っと顔が引きつってました。同性に嫌われる女ですよね、春美って。でも、このお正月に見直してみて、やっぱり春美は好きにはなれないけど、池部さん演じる三上が春美を好きな気持ちもちゃんと伝わってきて、私もラストの切なさとやるせなさに感動しました。三上が春美を、「馬鹿ッ」と怒鳴り、優しく愛おしそうに「馬鹿、馬鹿・・・」と繰り返すシーンは、胸がきゅーんv となりましたし♪
若い池部さんの顔が好き!それで充分ですよ~。その顔見たさにわざわざ映画館へ行く。その情熱こそが一番で、同じく池部さんが好きな者としてただただ嬉しく思います。

美しい池部良を堪能出来る映画。素敵なお題をありがとうございます^^
ビジュアル面だけに絞ると、1954、5年までの作品はどれも若さがあり、美しいと思います。私が見た作品の中だと、『破戒』(私はこれで堕ちました)、『若い人』、『恋人』、『現代人』、『足にさわった女』は特に好きです。あと、女性人気が結構あるなぁ・・・となんとなく思うのは、『さらばラバウル』でしょうか。しかし、私がイチオシしたいのは、↑の上映予定にもある、川崎市市民ミュージアムで上映される『戦争と平和』です。とにかく池部良がデカダンスで美しい!!川崎市市民ミュージアムは渋谷からだと、バスの乗り継ぎがスムーズにいけば、3、40分くらいじゃないでしょうか。上映が明日と迫っていますので、都合が合わないかもですが、もし気が向かれましたら・・・。

すいません、多分凄い長いレスになっていると思います↓↓↓^^;
しばらくブログは閉めますが、また再開する予定です。よろしければ、これをご縁にまた遊びに来てやってください。ちいさんが、素敵な池部さんに沢山会えますように☆^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/02/29 * 00:36 [ 編集] | top↑
--natsuさん♪--

こんばんは~レスが遅くなりました^^;

はい、私ってばすっかり行動を読まれておりましたよね~。ジェイコン一日目の翌日は、初の川崎市市民ミュージアムへ出掛けました。299人のキャパの上映室は、映画通と地元の?ご年配の方でいっぱい☆設備も素晴らしく、ムムム☆やるな、川崎市・・・と思いました。
『乱菊物語』、も~出だしのディープインパクト(半ケツ)で、物語も八千草さんの美貌も遥か彼方。なので、↑の感想の“15”年振りの再会とか、“七”年に一度の祭とか、正直自信ないです。年数までしっかり覚える余裕は、あの時の私には全くありませんでした。
池部さんの立ち回り、あまり期待していなかったので(こら☆)、ホント驚きました。ばっさばっさ☆でしたのよ、ホント。『若い人』の漫画ゴケからは連想出来ませんよねぇ。でも、あの足の到着点の高さはちょっと凄いけど。
この池部さんの素晴らしい運動能力と、可愛らしい半ケツを、natsuさんにもいつか是非見て頂きたいです。
それにしても、natsuさんのようなお若く可愛らしい方にキャッキャしてもらえたり、ちいさんに一目惚れしてもらいえたり。池部さん、ホント凄いですね!男冥利、スター冥利に尽きる事でしょう。リアルタイムで応援されたファンの方は勿論、子、孫、ひ孫、ひひ孫・・・と、幅広い世代に池部さんの映画が浸透し、皆でミーハーにキャッキャ出来たら良いなぁ。natsuさん、その為にも、ブログで新旧共にアジア映画の素晴らしさを伝え続けてくださいね。頼りにしてます♪^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/02/29 * 21:41 [ 編集] | top↑
--またまたありがとうございました!--

weiyang様、ありがとうございました!
暖かいコメント、ほんとに嬉しかったです。
ご紹介いただいた映画、絶対見なくちゃ!です。
川崎には残念ながら行けないのですが、これからは色々まめにチェックしてみようと思います。
ブログお休みするのですか。
早く再開していただくことを願っています。
池部さんの映画を観尽しても、池部良祭りを終わらせないでくださいね。
では。   ちい
by: ちい * - * URL * 2008/03/01 * 01:57 [ 編集] | top↑
--ちいさん♪2--

こんばんは~^^
前回は半嫌がらせのようなレスで、本当にお恥ずかしいです。反省↓↓↓

池部さんの映画、東京にお住まいなら見る機会が沢山ありますよ~。ラピュタ阿佐ヶ谷、池袋新文芸坐、シネマアートン下北沢、渋谷シネマヴェーラなど等、是非チェックしてみてください。締りのない顔で目をハートにしている妖しい女がいれば、私かも^^;
はい、池部良祭は延々続けたいと思います。そもそも見尽くせるのは、何年、いや何十年先になるか・・・。よろしければ、末長くお付き合いくださいませ^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/03/01 * 20:16 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/472-5db446a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。