全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
黄金の鎧、泥の城
2008 / 04 / 19 ( Sat )
今日、「トニー・レオンが好き」、「『恋する惑星』は最高!」と熱く語っている男性を見掛けました。残念ながら会話の相手はあまり関心がないみたいで。うおーー!私も加わりたい!と思いましたが、語れる程トニーさんの映画をまだ見ていないし、ウォン・カーワイ監督もまだまだだし・・・と、声を掛けれず仕舞い。来週もおそらく見掛けるはずなので、その時こそは声を掛けたいなぁ・・・と思います。貴重な香港映画好き?ですしね^^

石原裕次郎主演の『紅の翼』を見ました。「昭和の銀幕に輝くヒロイン 中原早苗」という特集で見たのですが、裕次郎かぁ・・・ちょっと苦手なんだよねぇ↓↓↓と、最初は乗り気じゃなかったのですが、面白かったです。裕次郎だけなら物語に今ひとつ入り込めないけど、今回は二谷英明と血清の行方もありますしね。それに、私は中原早苗が結構好きみたい。あの深刻にならないあっけらかんとした、かつ、女の毒も持ち合わせている感じが◎。岡田眞澄もちょい役だったけど、その胡散臭い美形がどーんとアップに~v 堪能しました。何より!セスナが良いよね、ハラハラとロマンがあって。
あと、終演後、裕次郎ファンの女性陣がスタッフの方に、「また裕ちゃんの映画をしてね」と。・・・うんうん、分かるなぁ。大好きなスターは、大きなスクリーンでた~んと拝みたいよね。上映中、皆さんはきっと最高に幸せだったんだろうなぁ・・・と、ファンじゃない私まで嬉しくなっちゃいました。

以下は、『王妃の紋章』の感想です。
『王妃の紋章』(監督/チャン・イーモウ)

私がさほど期待をしていなかった所為でしょうか?面白かったです!(笑)
まず、ドラマそのものの泥っぷりが、◎。王族の豪華絢爛だけど、それ故の決まった型からはみ出せない、蓄積させたそれぞれの想い。それが画面から、じゅ~っと滲み出るサマはドロドロとおぞましい程。あのギンギラギン☆の中、一層濃くグロテスクに映りました。
それを一番体現していたのは、やはりコン・リーですね。ここぞ!というアップは悪寒が走るくらい美しく、ギンギラギンの中での立ち姿も完璧。女優の仕事はまず美しい事だと、改めて思わせます。
ユンファ兄の王は悪というか・・・、困った人でしたね。なんでコン・リーの王妃に毒を??長男との不義に嫉妬、憤りが抑えられなくて??細かな感情は私にはよく伝わりませんでしたが、ユンファ兄のちょっとした目の伏せ方や流し方で、その威圧感が絶妙に漂います。素晴らしい!
リウ君は、この面子の中では一番王族らしくない人物だったように思います。みっともなさが人間らしい。イチャイチャしたりテンパッたり、自尊心を傷つけられて拗ねたり、板挟みになって弱々だったり。しかし、そのみっともなさ、人間らしさが本当に的確でリアルでした。う~ん・・・、やっぱりリウ君って桁外れに演技が上手いんですね。あと、ふとした時の表情が、ありえなく美形!!運命の悪戯にタブーに踏み込む、美しい男・・・綺麗だ。
ジェイは、も~良かったです!母親想いの息子がメッチャ自然でした。一見表情が乏しい感じなんだけど、ただただ母親を慕い不憫に思い、勝ち目のない戦いを挑む。母親の為に、ただその為だけに・・・。やや良い子過ぎるかもですが、その美しい空虚な存在は目を見張りました。ラストの涙目も、胸にぐーっとキます。一応腕の立つ武将って役でしたが、そこはどうだろ??う~ん・・・、折角の髭面だけれどもぉ・・・^^;

泥ドラマをその演技、存在感で見事に昇華させた俳優陣!そして監督!さすがですねぇ、本当に楽しませて頂きました。
ただ、この王族の支配する国が???だった気がしました。国そのものがもっと描かれていれば、ただ泥なだけでない、血の呪縛に捕らわれた王族が更に味わえたように思います。中国ではメジャーな物語で、特に説明なくともその背景が分かるのかもしれませんが・・・。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

22 : 53 : 40 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<我が初恋の映画監督 | ホーム | とりあえず、艶あるフィルムは色褪せない>>
コメント
----

「王妃の紋章」、見たいけどどうしようかな?なんて思っていましたけど、weiyangさんの感想を読んで「行こう!」と決心つきました(^^)次の週末に行ってきます~♪劉イエくん、楽しみです。コン・リーはとても綺麗だと評判ですし、ジェイも頑張ってるのですね~…楽しみです!
by: 空 * dv9bwlk6 * URL * 2008/04/20 * 00:53 [ 編集] | top↑
--空さん♪--

こんばんは~^^
『王妃の紋章』、来週末に行かれるのですね♪
個人的にはちょっと乗り切れない部分もありましたが、豪華俳優陣の繰り広げる泥っぷりだけでも見る価値はあると思います。
リウ君は格好良い役とは言えませんので、人によっては微妙↓↓↓かも・・・^^;。でもでも!やっぱりその演技力には唸らされました。空さんにも楽しんで頂けると良いなぁ^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/04/20 * 21:41 [ 編集] | top↑
--お久しぶりです--

weiyangさん、お久しぶりです!!
ブログ復活したみたいで、嬉しいです。

「王妃の紋章」私も鑑賞しましたよ。
あの絢爛豪華な舞台が却って愛憎を色濃く映し出してくれたように感じました。
実は出演陣見たさが1番だったんで、物語は大して期待していませんでしたが、なかなか良く出来た話だと思いました。
ってか、国そっちのけでいいのか?とも思いましたけど(笑)
途中トイレに行きたかったんですけど、展開が泥沼になっていくんで面白くて、結局最後まで席を立つことが出来なかったです。
リウ・イェ君は抜群に上手いですねぇ。存在感があって、引き付ける力を感じる演者と思いました。

エンディングで「菊花台」が流れたとき、他のお客さんが席を立たずにJAYの音楽を聴いてくれたのが結構感動ものでしたよ。
by: Ayu * xtsQx3EI * URL * 2008/04/22 * 00:04 [ 編集] | top↑
--Ayuさん♪--

こんばんは~お久し振りです!またよろしくお願いしますね^^

『王妃の紋章』、なかなかに見応えのある泥沼っぷりでしたよね。私もトイレを我慢しながら、釘付けで見てましたよ。そうそう、あの絢爛豪華が愛憎をより濃ゆく、グロテスクにしていましたよね。
国(笑)。多分何処か他所の国と戦っているんだけど、その辺りがほぼ描かれてなくて。ホント、そっちのけって感じでしたね(笑)。あと、リウ君の実母、妹にも驚きました。隠密忍者みたいなのを、バッサバッサ☆どんだけ強いんだ・・・と(笑)

エンディングの「菊花台」、沖縄の観客は聞き入っておられたのですね♪嬉しいですね♪♪東京は、観客のほとんどがアジア映画&アジアスター好きって感じだったので、かなりの人が最後の最後まで席を立ちませんでした。レディースデーだった所為か、立ち見の方もおられたようで。キャパの少ない劇場でしたが、こちらもかなり盛況でした^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/04/22 * 19:53 [ 編集] | top↑
--リウジェイ☆--

weiyangさん、こんばんは!

あああ~私も早く観に行きたい黄金甲!ギンギンギラギラなドロドロストーリーもさることながら、やっぱ目当ては大好きなリウ&ジェイ!どっちか選べなんて、私にはできない~!どっちも好き!どっちの王子にも、夜伽に召されたい~!
GW中には絶対観るつもりです♪

トニーでつながる友達の輪!ぜひ実現させてくださいね!私も加わりたいものです。
by: 松たけ子 * OGgHy/oY * URL * 2008/04/24 * 20:42 [ 編集] | top↑
--たけ子さん♪--

こんばんは~レスが遅くなりました(謝)

見ながら、あぁ!たけ子さんのご感想が凄く聞きたい!!と思いましたよ~。気に入られるかな?微妙かな?GWにご予定なんですね~メッチャ楽しみにお待ちしております。
ギンギラドロドロ、ジエルンリウイエ♪ジェイも普通に格好良かったけど、色気とか奥深い可愛さはやっぱりリウくんの方がかもし出していたかも。

トニー友、出来るかな??って感じですが、たけ子さんや他のトニーさん好きの方にご報告?出来るよう、気張ってゲットしたいと思います!!^^
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/04/25 * 23:04 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/481-4966247c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。