全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
別れたくない映画館
2008 / 06 / 05 ( Thu )
凄く急な事で驚いているのですが・・・、シネマアートン下北沢が明日で閉館になります。経営母体である株式会社アートンの経営悪化により、だそうです。
前の特集「ショーケンが好きだ!」にはいっぱいの衝撃をもらい、今の特集「ふるえるほどの愛シネマ」も凄く楽しみだったのに。先の特集(三隅研次監督特集!)も決定していたのに。うわぁ・・・また通わなきゃいかんのかぁ・・・と、嬉しい悲鳴を上げまくっていたのに。本当に本当に残念です。大好きな映画館だっただけに、ただただ寂しい。なんにも出来ないけど、どうにかしたいと切に思います。

シネマアートンはスクリーンは決して大きくないけど、居心地の良さ。こじんまり感。ウッディー感。アート感。昭和の日本映画=古典、クラシックと位置付けない、本質を見る目。何より、特集のセンスの良さ。大好きな東京の映画館の中でも、特に愛していた映画館でした。この素敵な空間を残して生かして、また映画館として再開して欲しいです。それが出来ないからの閉館なんだろうけど・・・。ぽかんと空いてしまった週末が、空虚で哀しい。一方的で勝手な言いようだけど、別れたくない、別れられないの。

シネマアートン下北沢

初めて訪れた時の、シネマアートン。
なんじゃ!?この場末感は!!?と、期待と不安でドキマギしたのを覚えています(笑)
見たのは、『海潮音』。勿論池部良さん目当てでしたが、スクリーンに映し出される赤茶けに退色した映像の、この場所にハマる事ハマる事。ATG作品がやけに似合う映画館です。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

22 : 52 : 50 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<最南端のミニシアターで「池部良特集」を | ホーム | 祭りのあとに>>
コメント
--シネマアートン下北沢--

weiyangさん、こんばんは。
シネマアートン下北沢、閉館してしまうのですか・・・。私はここで岡田さんの『また逢う日まで』を観ました。かなりのレア物と思われる公開当時の大きなポスターがあったり、主演の岡田さん&久我さんの対談が掲載された映画雑誌が置いてあったり、凄いなあ凝ってるなあ!と思いました。駅から少し離れた隠れ家的な映画館で、私も大好きでした。でも文芸坐みたいに復活する場合もあるので、希望は捨てられませんね!
by: むー * - * URL * 2008/06/06 * 20:42 [ 編集] | top↑
--むーさん♪--

こんばんは~。
シネマアートン。ただ映画を見せるだけでなく、ポスターとか関連雑誌とか、その時代の雰囲気を感じさせてくれる工夫がありましたよね。岡田さんと久我さんの対談!私も読みたかったです。『また逢う日まで』もまた見たいなぁ。
「ふるえるほどの愛シネマ」では、岡田さんの『女体』がありましたね。凄く楽しみだったので、本当に残念☆増村監督&川津祐介さん共演!私的に絶対見逃せない一本でしたのに・・・。
シネマアートン前では署名運動なんかもあったそうです。おっしゃる通り希望は捨てず、一日も早い、最良の形での復活を祈っています。
とりあえず今は、お疲れ様。素敵な時間&空間をありがとう!
by: weiyang * vRNraZ0k * URL * 2008/06/06 * 22:37 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://19740930.blog57.fc2.com/tb.php/492-3fd5bccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。