全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
秋の豊作祭~前半~
2008 / 11 / 02 ( Sun )
池部良祭を・・・と思うものの、ぎゃ!既に記憶が薄れ過ぎて書けないよ!!(汗)
なので、まとめてちょこちょこっとでアレなんでが、久々にお送りします。


55本目『黒い画集・寒流』(監督/鈴木英夫)

原作は松本清張。とにかく、やる事なす事空回りな池部さんを見ているのが辛い。浮気しちゃうのも仕方がなくも思えます。あの家族じゃ可哀想だよねぇ・・・って、勿論自業自得もあるんでしょうけど。ラストまで腹が凍るような展開で、「宇都宮で脱サラして、餃子屋でもやって客の女に貢がせなよ・・・。池部さんの顔と雰囲気なら絶対イケるから」と繰り返し思いました。

56本目『朝の波紋』(監督/五所平之助)

やっぱり!これは本当に本当に良かったです!!「懇々知己」(ってこう書くんや・・・、え?当て字??)って単語が、池部さんのキャラにより深く可愛く、時に嫉妬まで演出。私だって池部さんと懇々たる知己になりたいわぁ。池部さんと腕組んでたケンちゃんにもなりたい・・・。
他にも細かい演出が光まくります。マッチで破いた紙(マッチ箱?)を燃やすシーンとか、なんか良いんです。あ!池部さんが「箱根の山は天下の険♪」って歌うのに対し、岡田英次さんは「あなたと二人で来た丘は港が見える丘♪」。二人のキャラも対比出来るし、何より見ていて楽しいです!

57本目『わたしの凡てを』(監督/市川崑)

出だし、すっごく重そうで驚きました。女の一代記の導入部って感じで。が、そうならなかったのが良かったのか、悪かったのか・・・。主人公がモデルとして成功し、池部さんとの恋愛も上手く行く・・・。そんな帳尻合わせなラストは、正直どうでも良いわぁ(苦笑)
ただ、池部さんと上原謙さんのひとりの女を巡っての修羅場は、ホントどきどき☆あとあと!大阪弁が可愛い有馬稲子さんが凄く魅力的でした。私なら気の強さの裏に一途な想いを秘める有馬稲子さんを取るよ。
池部さんはやっぱり素敵~☆★☆登場シーンの有馬稲子さんとの会話、仕草のスマートな事といったら!こんないい男と一瞬でも同じ虹を見たら、そら恋に落ちますよ。

60本目『坊っちゃん』(監督/丸山誠治)

可愛い!!とにかく池部さんが可愛い一本です。スーツ姿の時はシャツの襟を立てて、細いリボンタイ。インにはベスト。着物は時は、袴のサイドから感じられる太ももの肉感がたまりません♪あと、着替えシーンとか入浴シーンとか、妙に露出が高いのもポイント高いです。(私、ますます変態街道一直線だなぁ↓↓↓)
お気に入りのシーンは、歌う岡田茉莉子さんのマドンナ。向かいの下宿でそれをそっと聞く池部さんの坊っちゃん。ふたりの間に儚く舞う、蛍の光・・・。も~!メッチャメッチャ綺麗なシーンでございました。美男美女はホント絵になります。


あと2本見たんですが、それは後日・・・。
以下は、これまた久しぶりのこれからの池部良出演映画の上映予定です。
<映画>

新世界東映
 11月1?~7日
 『昭和残侠伝 人斬り唐獅子』

浅草名画座
 10月29日~11月4日
 『昭和残侠伝 吠えろ唐獅子』

池袋新文芸坐「映画作家・川島雄三」
 11月10日
 『花影(かえい)』

ラピュタ阿佐ヶ谷「山下耕作監督特集」 
 11月19~25日
 『昭和残侠伝 人斬り唐獅子』

池袋新文芸坐「マキノ雅弘 生誕百年記念上映会」
 11月23日
 『昭和残侠伝 死んで貰います』

やまばとホール(第1会場)「第18回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」
 11月26日
 『戦争と平和』


<TV>

BS2「蔵出し劇場」
 11月19日
 「この人・・ショー」(にちょっと出ているとか)
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

19 : 43 : 17 | | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。