全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
硝子のジェネレーション 香港少年激闘団
2006 / 09 / 01 ( Fri )
20060831010604.jpg

1998年 香港
原題/新古惑仔之少年激闘篇
監督/劉偉強(アンドリュー・ラウ)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 謝霆鋒 (ニコラス・ツェー) 舒淇(スー・チー) 李燦森 (サム・リー) 他

久々にレンタルショップへ行ったら、『硝子のジェネレーション』を発見。
この間行った時にはなかったはずなのに~。でも、これかなり見たかったので即レンタル♪

ちなみに、新作の棚で『ディバージェンス―運命の交差点―』も発見。
何気なく手に取ってみて、ビックリ!!・・・ジャケットが違う・・・。
アーロンが炎の中を拳銃片手に歩いてくる!て感じの、何かチョ~泥臭いアクション映画みたいなジャケットでした。
(スミマセン、もう既にかなりうろ覚えです・汗)
レンタル限定??でも、ちょっとジャケットに偽りあり!?な気もしますが。そんなにコテコテやないと思う・・・(苦笑)

1989年の香港。17歳のナン(ニコラス・ツェー)、サンカイ(サム・リー)ら4人は幼なじみ。だがある日、音楽コンクールで演奏したロックが校長の反感を買い、退学処分となる。さらに追い討ちをかけるようにチンピラたちと乱闘騒ぎを起こし、4人は留置場へ入れられてしまった。そんな状況から4人を救ったのは、暴力団組織・洪興社幹部のB兄貴(ン・チーホン)。行き場を失った彼らは舎弟として組織へ入ることを決意する。組織のチンピラとなった彼らは、次第に組織の汚れた仕事へ手を染めていくが・・・―TSUTAYA onlineより抜粋―


_____________________________________________________________

18 : 53 : 24 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ディバージェンス ―運命の交差点―
2006 / 08 / 23 ( Wed )
20060822235139.jpg 20060822235746.jpg

2005年 香港
原題/三岔口
監督/陳林勝(ベニー・チャン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 郭富城(アーロン・クォック) 鄭伊健(イーキン・チェン)  李心潔(アンジェリカ・リー) 他

やっとこDVD買いました~。ギリギリまで、やっぱり香港版を買おうかなぁ・・・と迷っていたのですが。だって、デザインとかあちらの方が格好良いし。でも、彦人気をタキ・コーポレーションにアピールしないと!と日本版を購入。はい、今後も彦映画をどうかご贔屓に(笑)。それに、何と言っても日本語字幕もあるし!!と思いきや、やたら脱字等が多い字幕でした↓↓↓・・・私の買ったDVDだけかな??

こうやって比べると(↑)、やはり『三岔口』ってタイトルの方が断然良いですね。ズシン!ときます。意味も深いし、原題そのまま使っちゃても・・・と思います。別に読めなくても良いから。(←え?それはさすがにマズイ??)

10年前に失踪してしまった恋人フォンを忘れることができず、苦しみ続ける刑事シュン(アーロン・クォック)。限りなくクロに近い被疑者たちを次々と無罪にしていく冷静沈着なエリート弁護士トウ(イーキン・チェン)。闇の世界に生きながらも自由な心を失わない謎の殺し屋コーク(ダニエル・ウー)。シュンはある日、実業家イウ(ロー・ガーリョン)のマネーロンダリング事件に係わった重要証人をカナダから護送してくるが、コークに証人を射殺され、事件は立件不可能となってしまう。それが、心に傷を抱えた3人の男たちの孤独で激しい闘いの始まりだった。ある日、シュンは、トウの妻エイミー(アンジェリカ・リー)がフォンと瓜二つであることを知り、激しく動揺する。上司の命令を無視して、突っ走った捜査を続けるシュンは、ついに拳銃を上司に突き返し、停職を申し出る。一方、トウもコークも別の事件で不審な動きを繰り返す…―タキ・コーポレーション関連ページより抜粋―

スイマセン、思いっきりネタバレです ↓

_____________________________________________________________

16 : 31 : 57 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
香港国際警察
2006 / 08 / 22 ( Tue )
20060818013758.jpg

NEW POLICE STORY
2004年 香港・中国
原題/新警察故事
監督/陳林勝(ベニー・チャン)
キャスト/成龍(ジャッキー・チェン) 呉彦祖(ダニエル・ウー) 謝霆鋒(ニコラス・ツェ) 尹子維(テレンス・イン) 他

いつもならキャスト(↑)には、端役であれ最初に彦の名を挙げるのですが・・・。ごめんね彦、今回は二番手で許して。やっぱりジャッキーは別格なの。

も~初めから終わりまでハラハラドキドキの連続で、観客をいかに飽きさせないか、そこに重点を置いた映画ですね。大好きです。
一緒に見に行った子(映画好きだけど、香港映画好きではない)が見終わって、「メッチャ面白かった」と興奮して語ってくれたのが嬉しかったです。「主題歌もジャッキーが歌ってるんやで」と教えたら、素直に驚いてました(笑)
で、彦の感想を聞いたら「思ったよりも若かった」だって。私が事前に見せた写真が、彼女にはちょっと老けて映ったみたいです。ニコラスは「格好良い~v」と聞いてもないのに(笑)言ってたけど。・・・いいよ、別に~(寂)

ある日、5人組による銀行強盗事件が発生。警察を激しく挑発する犯人グループを逮捕すべく、香港警察の敏腕刑事チャン(ジャッキー・チェン)は、精鋭を集めて彼らのアジトへ向かう。しかし、彼らを待っていたのは、想像を絶する犯人グループの反撃だった・・・―Yesasia.comより一部抜粋―

ネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

00 : 22 : 41 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
美少年の恋
2006 / 08 / 21 ( Mon )
20060818223149.jpg

1998年 香港
原題/美少年之戀
監督/楊凡(ヨン・ファン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 馮倫(スティーブン・フォン) 舒淇(スー・チー) 尹子維(テレンス・イン) 他

この週末は久々に映画三昧でした。
神戸・岡本の「yuddy」『香港国際警察』を、京都で『ノンちゃん雲に乗る』『ゆれる』を見てきました。『香港~』は念願のスクリーン鑑賞に感激!!『ノンちゃん~』『ゆれる』も大当たりで大満足!!
でも今日は、友人にDVDを貸し出す前に・・・と久々に見て、やっぱり好きや~vvv と再確認してしまった『美少年の恋』の感想を書きたいと思います。

売れっ子ジゴロのジェット(スティーブン・フォン)は、仕事帰りに見かけた若者(彦)に恋をする。彼は部屋をシェアする同僚のアチン(ジェイソン・ツァン)にそれを話す。数日後、ジェットは街でサムと名乗る警官に声をかけられる。彼は何とジェットが恋した若者だった。2人は急速に親しくなるが、ジェットは彼の気持ちを確かめられずにいた。ついにジェットは、初めてサムを自宅に招き告白しようとするが、その時帰宅したアチンから意外な事実を聞かされ・・・―TSUTAYA onlineより抜粋―

徒然~とネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

02 : 48 : 49 | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
新紮師妹
2006 / 08 / 15 ( Tue )
loveundercover4.jpg

Love Undercover
2002年 香港 日本未公開
監督/馬偉豪(ジョー・マー)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 楊千[女華](ミリアム・ヨン) 黄洪然(ウォン・ワイマン) 
許紹雄(ホイ・シウホン) 他



彦のラブコメ~♪見出したらホント癖になりますねv
ここ数年ラブコメ=韓国映画な世風ですが、こんな良質なラブコメがあるんですから、香港ノワール以外の香港映画ももっともっと日本公開して欲しいなぁ。



大志を抱いて警察学校に入ったものの、成績不良で遺失物係に配属されたライキュン(ミリアム)。ひょんなことからおとり捜査を命じられたライキュンは、捜査対象である組長の息子(彦)と恋に落ちてしまう。行きがかり上、警察の上司(ホイ・シウホン)や同僚はみんな彼女の親族を演じることになり…そして警察とヤクザが親戚に!?― YesAsia.com より抜粋―

いつもの如く、彦中心のネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

17 : 37 : 56 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
妖夜迴廊
2006 / 08 / 09 ( Wed )
20060809174135.jpg

2003年 香港
日本では、東京国際ファンタスティック映画祭2003にて上映
製作/關錦鵬(スタンリー・クワン) 呉彦祖(ダニエル・ウー) 
監督・脚本/李志超(ジュリアン・リー)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 恵英紅(クララ・ワイ) 高雄(エディー・コー) 他



彦迷初心者の私にとって、未公開映画のDVDの購入は一苦労。まず YesAsia.com のレビュー・採点を翻訳し、その内容からどれが見たいかな~と散々悩み、結果見たい度が高いDVDを数本ずつ注文します。(大人買いで一気に全作!とはなかなか~・苦笑)
で、そのレビュー・採点がかなりイマイチだったのがこの『妖夜迴廊』。どうしようかな~買っちゃても大丈夫かな~と、正直メチャメチャ迷いました。ホラーも実は苦手だし・・・。
でもやっぱり、“呉彦祖(ダニエル・ウー)がプロデューサーに名を連ねている”というのに惹かれて注文しちゃいました。彦迷として、彦が作りたかった映画を見たい!って気持ちが抑えられず・・・つい。・・・それにバーゲン商品で他のDVDより安いし・・・(ボソ)・・・。



イギリスで写真を学ぶサム(ダニエル・ウー)は、少年時代にいたずらされたトラウマを引きずっていた。ある日、双子の弟が死んだとの知らせを受け、香港に戻ったサムは、弟の部屋で不審な発禁書を見つける。弟の死に疑問を持ったサムが本の所蔵元となっている図書館を訪ねると、そこには不思議な管理人の魔鬼が。魔鬼の助けで、弟の恋人・秀冰を探し出したサムだったが、それが恐ろしいワナであることを知る由もなかった・・・―YesAsia.com より抜粋―

ネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

17 : 26 : 45 | トラックバック(2) | コメント(10) | page top↑
パープルストーム
2006 / 08 / 01 ( Tue )
20060801084247.jpg

1999年 香港
原題/紫雨風暴
監督/陳徳森(テディ・チャン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 甘國亮(カム・コクリョン) 周華健(エミール・チョウ) 他



ある日、香港海上で貨物船が襲われた。テロ組織は化学兵器“リシン-X”を強奪。しかし、すぐさま香港警察が駆けつけ銃撃戦に。テロリストのトッド(ダニエル・ウー)はその激戦で頭部に傷を負い、身柄を拘束された。対テロ部隊のマー・リー(エミール・チョウ)はトッドが過去の記憶を全て喪失していることを知り、新たに潜入捜査官としての記憶を植え付けて組織に送り込もうとする。しかし、組織がリシン-Xを使って大量殺人を企んでいると判明した矢先、組織に攪乱させられトッドを連れ去られてしまった。そんな中、トッドは徐々に過去の記憶を取り戻し始めていく・・・―YAHOO!JAPAN より抜粋―

ネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

00 : 27 : 02 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ジェネックス・コップ
2006 / 07 / 30 ( Sun )
20060801084118.jpg

1999年 香港 
原題/特警新人類
監督/陳林勝(ベニー・チャン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 謝霆鋒(ニコラス・ツェ) 馮倫(スティーブン・フォン) 李燦森(サム・リー) 他



彦祖の映画は見てない本数の方が圧倒的に多いワタクシ。そろそろ見て行こうかな~と、最近はレンタル屋通いをしています。え?行動遅過ぎ??
でも、どれもこれも早く見たい!って思いが強過ぎて、毎回選ぶのにエライ時間が掛かっちゃって。店員さんにはかなり不審がられいるハズ(苦笑)
で、今回は当時の香港若手明星総出演!の『ジェネックス・コップ』。ギリギリまで『レディ・ウェポン』にするつもりだったのですが、やっぱり“男”にしちゃいました~v



1999年、世紀末を迎えた香港には、なぜか不穏な空気が漂っていた。ジェネレーションXと呼ばれる若者たちを扇動する勢力があると考えた香港警察のワイ刑事(エリック・ツァン)は、警察学校の落第生ジャック(ニコラス・ツェ)とマッチ(スティーブン・フォン)、エイリアン(サム・リー)の3人を抜擢、ひそかに潜入捜査を命じる・・・―YesAsia.com より抜粋。―

ネタバレ感想文 ↓

_____________________________________________________________

23 : 08 : 19 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
千杯不醉
2006 / 07 / 28 ( Fri )
20060801101103.jpg

2005年 日本未公開 Drink Drank Drunk(英題?)
監督/爾冬陞(イー・トンシン)
キャスト/呉彦祖(ダニエル・ウー) 楊千[女華](ミリアム・ヨン) 方中信(アレックス・フォン) 尹子維(テレンス・イン) 他



昨日、YesAsia.comから注文していたDVDが届きました。
注文のDVDは、『四大天王』『千杯不醉』『大佬愛美麗』『妖夜迴廊』の4本。
はい、限定版『四大天王』がどうしても欲しかっったので、つい。『大佬~』は先日映画館にて見ましたが、香港映画!て感じで本当に楽しかったので。その他の作品は日本未公開やし、日本でのDVD化は期待薄かな?と、ついつい(笑)。

で、今日はどれを見ようかな~と悩んだ挙句、一番言葉の壁が無さそうな(笑)ラブコメディ『千杯不醉』を。
昨年香港へ行った際、これを是非見たかったのですが、数日の差で上映が終了していたという少し悲しい思い出が。でも、その代わりに見たショーン・ユー、ヴァネス・ウー主演の『猛龍』が大変面白くて、大満足~v ← え?彦はその程度??



感想文 ↓ ネタバレありますよ~。ご注意くださいね。

_____________________________________________________________

22 : 04 : 47 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
潜入黒社会 ツッコミ編
2006 / 07 / 24 ( Mon )
先日レンタルした『潜入黒社会』、そろそろ返さないと~!
でも、でも!返す前にもう一度彦のお顔を!!と2度目の鑑賞となりました(笑)
最初の鑑賞からず~っと気になっていた“あんなコト”“こんなコト”に、改めてツッコミ入れてみたり。

あ、勿論ネタバレですので、未見の方はご注意くださいね。

_____________________________________________________________

17 : 50 : 10 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。