全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
クロージング作品に決定!?
2007 / 07 / 09 ( Mon )
『天堂口』が、第64回ヴェネチア国際映画祭のクロージング作品に選ばれました。陳奕利(アレクシー・タンで良いのかな?)監督は、9月8日にダニエル・ウー、リウ・イエ、チャン・チェン、スー・チー等出演者とスタッフを率いてヴェネチア入りし、ムードを高める計画です。
『天堂口』は、8月に、まずアジア(中国・香港・台湾等?)での一般公開が手配されています。しかし、ヴェネチア映画祭の責任者が全編を鑑賞した後、この映画に大変夢中になり、クロージング作品の“全世界に先駆けて”の制限を免除しました。

「新華網」記事ページ

わ~凄いですね!なんて、クロージング作品に選ばれるのがどのくらい凄いのか、実はよく分からないのですが・・・^^;。なんと言っても映画祭の締めですもんね。とてもつもなく名誉なんでしょう!彦も万全の状態で参加出来ると良いなぁ^^

あと、イー・トンシン監督の新作『新宿事件』ですが、主演のジャッキー・チェン以外に、彦もキャスティングされている・・・みたいな記事があったような??(その元記事を今検索出来ないので、もしかしたら勘違いかも・汗)もし実現するなら、ジャッキーと彦が二人して新宿にロケに来るかも!と思った次第です。来て欲しいなぁ^^

以下、トニーさんお誕生日記念の追加!?『サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋』の感想です。

_____________________________________________________________

21 : 20 : 35 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
シクロ
2007 / 06 / 27 ( Wed )
20070627101836.jpg

Cyclo
1995年 フランス・香港・ベトナム
監督/トラン・アン・ユン
キャスト/ レ・ヴァン・ロック 梁朝偉(トニー・レオン)  トラン・ヌー・イェン・ケー グエン・ヌ・キン グエン・ホアン・フック 他

現代のベトナム、ホーチミン市。“シクロ”と呼ばれる輪タクを営業している若者<シクロ>(レ・ヴァン・ロック)は、裏町で祖父や姉妹と暮らしている。彼は<女親方>(グエン・ヌ・キン)からシクロを高額で借りており、あがりの何割かを収めなければならない上、縄張りを巡ってヤクザに絡まれることも多い。ある日、彼は商売道具のシクロをヤクザ達に盗まれる。被害を届けた<シクロ>は、<女親方>の愛人らしい暗い陰のある若いヤクザ<詩人>(トニー・レオン)とその一味によって、荒れ果てたビルの一室に匿われる・・・―「goo 映画」を抜粋―

今日6月27日は、トニー・レオンのお誕生日ですね。トニーさん、おめでとう~vvv
トニーさんは、ジャッキー、ユン・ピョウ、サモ・ハン、ジョイ・ウォン、レスリーに次いで、私が名前を覚えた香港明星です。ただ、ちょっとすれ違いだったのは、『愛人 ラマン』が一時期話題だった時に、その主演男優として覚えていたのです。あれ?『愛人 ラマン』は、レオンはレオンでもレオン・カーフェイの方やん!なんで勘違いしてたんやろ??と、今更ながらに知る真実。カーフェイの英語名も“トニー”なんですね!(驚)名前として覚えてたのは、確かにトニー・レオンだけど、存在としてはカーフェイだったのね・・・。『愛人 ラマン』も実は未見だし(原作は最近読みました。面白かった!)、その内“Wトニー・レオン祭”でもしようかなぁ。

以下、トニーさんお誕生日記念として見た、『シクロ』の感想です。彦との新作も気になる、トラン・アン・ユン監督。本当は、4、5本まとめて見たかったんですが、私の行動範囲内にあるレンタル屋は、旧作のVHSしか置いていないので、この一本だけの寂しい祭となりました。

_____________________________________________________________

21 : 17 : 51 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
狼たちの絆
2007 / 06 / 07 ( Thu )
20070607223626.jpg

Once a Thief
1991年 香港
原題/縦横四海
監督/呉宇森(ジョン・ウー)
キャスト/周潤發(チョウ・ユンファ) 張國榮(レスリー・チャン) 鐘楚紅(チェリー・チェン) 會江(ケネス・ツァン) 朱江(チュウ・コン) 他

パリで名画泥棒を働くジョー(チョウ・ユンファ)とジム(レスリー・チョン)。幼なじみのチェリー(チェリー・チェン)は、彼らに足を洗わせようとするのだが、なかなか旨くいかない。どうにか香港へ帰る決意をし、取り組んだ最後の大仕事。ところが、この裏にはいくつもの罠が仕掛けられていた・・・―VHSのあらすじと「goo 映画」と参考に―

_____________________________________________________________

23 : 49 : 26 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
恋する惑星
2007 / 06 / 04 ( Mon )
20070601185446.jpg

Chungking Express
1994年 香港
原題/重慶森林
監督/王家衛(ウォン・カーウァイ)
キャスト/林青霞(ブリジット・リン) 金城武 王菲(フェイ・ウォン) 梁朝偉(トニー・レオン) 周嘉玲(ヴァレリー・チョウ) 他

刑事223号(金城武)は“重慶マンション”近くの雑踏の中で、金髪にサングラスの女(ブリジット・リン)とすれ違う。「その時、彼女との距離は0.5ミリ。57時間後、僕は彼女に恋をした」。刑事223号は軽食店“ミッドナイト・エクスプレス”で、新入りの娘・フェイ(フェイ・ウォン)とすれ違う。「その時、彼女との距離は0.1ミリ。6時間後、彼女は別の男に恋をした」。刑事633号(トニー・レオン)は店の常連。彼はスチュワーデスの恋人(チャウ・カーリン)との別れを受け入れられずにいた・・・―「goo 映画」より一部抜粋―

_____________________________________________________________

19 : 23 : 26 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
エレクション
2007 / 04 / 21 ( Sat )
20070420221444.jpg

Election
2005年 香港
原題/黒社會
監督/杜[王其]峰(ジョニー・トー)
キャスト/梁家輝(レオン・カーファイ) 任達華(サイモン・ヤム) 古天樂(ルイス・クー) 張家輝(ニック・チョン) 林雪(ラム・シュー) 王天林(ウォン・ティンラム) 他

国内HP 
台湾?HP 

香港黒社会最大の組織で、二年に一度の会長選挙が行われた。新しいリーダーに選ばれたのは、組織に忠実な穏健派のロク(サイモン・ヤム)。賄賂を使いまくり、祝賀会の準備までしていた、もうひとりの候補で傲慢なディー(レオン・カーファイ)は、この結果に憤慨。早速報復に出る。組織の混乱を恐れた現会長は、トップの者だけが手にする事の出来る“竜頭棍(りゅうとうこん)”を中国本土へ運ばせる事のだが・・・―「goo 映画」より一部抜粋―

_____________________________________________________________

18 : 39 : 17 | トラックバック(1) | コメント(16) | page top↑
かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート
2007 / 04 / 17 ( Tue )
20070417151822.jpg

Dragon Tiger Gate
2006年 香港
原題/龍虎門
監督/葉偉信(ウィルソン・イップ)
キャスト/甄子丹(ドニー・イェン) 謝霆鋒(ニコラス・ツェー) 余文樂(ショーン・ユー) 元華(ユン・ワー) 陳観泰(チェン・カンタイ) 董潔(ドン・ジェ) 李小冉(リー・シャオラン) 他

国内HP 
香港HP 
「新浪影音娯楽」関連ページ 

レストランでチンピラを懲らしめた武術道場“龍虎門”の後継者・タイガー・ウォン(ニコラス・ツェー)とその仲間達。しかし、チンピラは秘密結社・江湖の一味で、彼らはあっという間に囲まれてしまう。武術に自信があるタイガーは戦いを挑むが、一味のドラゴン・ウォン(ドニー・イェン)には敵わなかった。後日、再び江湖に襲われるタイガー達。しかし、何故かドラゴンがタイガー達を助けに入り、事なきを得る。その時タイガーは、生き別れた兄が身に着けていたペンダントを発見し・・・―「goo 映画」より一部抜粋―

_____________________________________________________________

23 : 04 : 10 | トラックバック(2) | コメント(10) | page top↑
放・逐
2007 / 04 / 13 ( Fri )
20070412221741.jpg

Exiled
2006年 香港 日本未公開
監督/ 杜[王其]峰(ジョニー・トー)
キャスト/張家輝(ニック・チョン) 呉鎮宇(フランシス・ン) 黄秋生(アンソニー・ウォン) 張耀揚(ロイ・チョン) 林雪(ラム・シュー) 任達華(サイモン・ヤム) 何超儀(ジョシー・ホー) 任賢齊(リッチー・レン) 他

「新浪影音娯楽」関連ページ 
「MOV3.com」関連ページ 

マフィア組織のボス・大飛(サイモン・ヤム)の暗殺に失敗した為、数年間マカオを離れていた阿和(ニック・チョン)。逃亡生活に疲れ果てた彼は、妻(ジョシー・ホー)と生まれたばかりの息子を連れて数年ぶりにマカオへ帰ってくる。そこに現れたのは、阿和の4人の幼なじみ達。しかし、彼らの目的はそれぞれ異なっていた。火(アンソニー・ウォン)と阿肥(ラム・シュー)は大飛の命令により阿和を殺しに、そして泰(フランシス・ン)と猫(ロイ・チョン)は命を狙われている阿和を助けに来たのだ。果たして、5人の男達の運命は・・・―「YesAsia.com」より抜粋―

台湾行きの飛行機の中で見ました。小さい画面でもやっぱり楽しかったので、その感想を。
英文・中文字幕を解読しながらの鑑賞なので、100%理解は出来ていません。間違った解釈もあるかと思います。どうかご容赦ください。

_____________________________________________________________

00 : 05 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワイルド・ブリット
2007 / 04 / 04 ( Wed )
20070403223205.jpg

Bullet in the Head
1990年 香港
原題/喋血街頭
監督/呉宇森(ジョン・ウー)
キャスト/梁朝偉(トニー・レオン) 張學友(ジャッキー・チュン) 李子雄(レイ・チーホン) 任達華(サイモン・ヤム) 他

社会不安から来る暴動の頻発で暗雲たれこめる67年の香港。共にスラム街に生まれ育ち固い絆で結ばれたベン(トニー・レオン)、フランク(ジャッキー・チュン)、ポール(レイ・チーホン)の三人組は、事件を起こし警察に追われる身となり、一路ベトナム戦争末期のサイゴンへ向かう・・・―「goo 映画」より一部抜粋―

今日から(もう昨日ですが)、地元のテレビ局で「流星花園Ⅱ」の放送が始まりました。吹き替えかな?と思ってたら、字幕でした。実は吹き替えで見たかったんですが・・・。でもでも!道明寺とつくしがラブラブで。道明寺が幸せそうで。も~私もメッチャ嬉しいです!!ニヤニヤしながら見てました。そんな私の姿を冷ややかな目で見る家族達・・・。いいんだ、その手の視線にはもう慣れっこだから(笑)。それにしても、F4の男前度ってばまたまた上がっていますよね。みんな格好良い!これからの展開も楽しみ~♪

以下、ネタバレで『ワイルド・ブリット』の感想です。

_____________________________________________________________

01 : 06 : 49 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
金玉満玉/決戦!炎の料理人
2007 / 04 / 02 ( Mon )
THE CHINESE FEAST
1995年 香港
監督・脚本/徐克(ツイ・ハーク)
キャスト/張國榮(レスリー・チャン) 袁詠儀(アニタ・ユン) 鐘鎭濤(ケニー・ビー) 趙文卓(チウ・マンチェク) 羅家英(ロー・ガーイン)  倪淑君(ニー・シューチュン) 熊欣欣(ション・シンシン) 他

北京のあるホテルのレストラン。中国一の料理人であるリウ・キット(ケニー・ビー)は、若き挑戦者のルン・クワンボウ(ジャウ・ウェンジュオ)との料理対決に臨む。しかしその途中、折しも出産を迎えた妻(ニー・シューチュン)の急報を聞き、迷ったあげく彼は勝負を捨て病院に向かうが、妻は置き手紙を残し立ち去っていた。―5年後、香港。チンピラのサン(レスリー・チョン)は料理人志望、素人のくせに勇んで受けたコックの試験は失敗するが、そんな彼を偶然目にとめたボウ(チウ・マンチェク)は、彼に老舗で名門のレストラン・満漢楼を紹介する。しかし彼は主人のオウ(ロー・ガーイン)の怒りをよそにトラブルを連発、相手にしてくれるのは店の跡取りだがひどい不良娘のガーウェイ(アニタ・ユン)だけだった・・・―「goo 映画」より一部抜粋―

以下、『金玉満堂~』の感想と、ちょこっと『さらば、わが愛/覇王別姫』も。

_____________________________________________________________

00 : 41 : 17 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
チン・シウトンvsトン・ワイ
2007 / 02 / 13 ( Tue )
ここ最近、漫画の映画化がメッチャ多いですね。
知らん間に、松本次郎の「フリージア」も映画化!??主演は玉鉄!!?「フリージア」、最初の数巻しか読んでへんけど、どうなってんのかなぁ??映画見て、確かめてみようかしら。

漫画の映画化と言えば、『どろろ』と『墨攻』を見ました~。
やっぱりこの映画達の見所は、香港を代表するアクション監督であるチン・シウトン、トン・ワイによるアクションでしょう!なので、この記事も無理矢理「感想【香港映画】」のカテゴリーにしちゃいます。
見てからちょっと間が空いちゃったんですが、遅ればせながらネタバレしつつ感想を。

_____________________________________________________________

00 : 57 : 02 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。